*

目のコラム に関するおすすめ記事

VR酔いはどうして起きる?原因と対処法を解説!

2018/02/25 | 目のコラム

コンシューマーゲームが店頭販売され、誰しもが簡単に体験出来るようになったVR(バーチャルリアルティ)。近年目覚ましい進歩を遂げ、手持ちのスマートフォンでもVR映像を体感できる時代がやってきました。

続きを見る

目の中に入れるコンタクト?ポスト・レーシック『ICL手術』って?

2018/02/25 | 目のコラム

レーシック手術といえば、直接角膜を削り、近視を矯正する画期的な手術で有名です。しかし昨今、ICL(Implantable Collamer Lens)手術がにわかに注目を集めているのはご存知でしょうか

続きを見る

原因は不明?『夜盲症(鳥目)』のチェック方法と治療法とは?

2018/02/25 | 目のコラム

夜盲症とは? 明るい場所から暗い場所に行くと、目が見えにくくなりますが、徐々に慣れてきますよね?これを暗順応といいます。 しかし、夜盲症に罹っている人は、桿体細胞(かんたいさいぼう。視細胞

続きを見る

スキューバダイビングでコンタクトは使える?適したコンタクトも紹介!

2018/02/12 | 目のコラム

夏に長期休暇やバカンスでスキューバダイビングをしてみたい、と思う人も多いですよね。 スキューバダイビングをしてみたいけど、目が悪いのに大丈夫かな?と心配に思う人もいるかと思います。そこで今回は、

続きを見る

あなたも乱視かも?乱視の原因と種類を解説

2018/02/12 | 目のコラム

ふとした時にモノが2重に見えてしまったり、ぼやけてしまうことはありませんか? それは、もしかしたら「乱視」によるものかもしれません。ですが、なぜ乱視になってしまうのか分からない人も多いですよね。

続きを見る

目を良くする方法とは?視力回復方法を徹底解説!

2018/01/03 | 目のコラム

以前と比べて目が見えづらくなっているように感じる。でもできるだけメガネやコンタクトレンズには頼りたくない... このページでは、このように考えている方向けに、目が悪くなる仕組みに加え、目が悪くな

続きを見る

目の大きさが左右で違う原因と治し方について

2018/01/01 | 目のコラム

「人の顔は左右対称」というイメージがあるかもしれませんが、実は多くの人の顔は左右非対称で、程度の違いこそあれ、左右の目の大きさもほとんどの場合異なると言われています。しかしぱっと見て明らかに左右の目の

続きを見る

眼帯について解説!ものもらいには必須!?

2017/12/29 | 目のコラム

ものもらいってどんな病気? まばたきした時に、目に違和感を覚えて、おそるおそる鏡を見ると・・・ ほら、やっぱり。まぶたが腫れていたり、まつげの生え際にポツンとできものがあったりしま

続きを見る

ドライアイと睡魔の関係性について!対処方法もご紹介

2017/12/27 | 目のコラム

ドライアイと睡魔って関係あるの? 昼間に眠気が襲ってきて、ついつい居眠りをしてしまう…、そんな経験はありませんか? その眠気の原因は、もしかしたら「ドライアイ」にあるかもしれません。

続きを見る

要注意!ドライアイの原因と対処方法について

2017/12/25 | 目のコラム

病気でもないのに、なんだか目がショボショボしたり、ゴロゴロしたりと不快感を感じる目の乾き、いわゆるドライアイは、なんと日本全国で約2,200万人もの人が悩みを抱えています。 あまり深刻に考えない

続きを見る

遠視と近視の違いとは?

2017/12/22 | 目のコラム

みなさん、遠視と近視の違い、理解できていますか? 眼科で「あなたは近視です。」「あなたは遠視です。」と言われてもイマイチ遠視や近視が何なのか、また遠視と近視の違いは何なのかよく分からない!という

続きを見る

老眼のサインとは?チェック方法をご紹介!

2017/12/06 | 目のコラム

老眼とは? 老眼とは、加齢が原因で、眼のピントが合わなくなり、近くのものが見えにくくなる症状のことを言います。45歳を超えてくると、老眼になる人が増える傾向にあります。 瞳の中にあ

続きを見る

   
目薬の歴史に迫る!~知られざる意外なルーツ~

目薬にはどんな歴史があるんだろう…?そんな風に思ったことはありませんか

目の健康にご利益のある神社とは?~パワースポットへ足を運ぼう~

あなたは目の健康にご利益のある神社があることを知っていますか?神社には

目に優しいモニターは?モニターの仕組みと光について

デスクワークを行ったり、DVDや動画を見たり、ゲームをしたり…PCやス

白目が濁る?濁りを解消する方法を紹介!

自分ではなかなか気がつきにくい部分ですが、眼球の白目の部分が濁っている

今日からできる、三重まぶたの解消法とは?【老化のサイン】

いつもは二重まぶたなのに、朝起きたら三重まぶたになっていた…な

→もっと見る

PAGE TOP ↑