目と子ども

赤ちゃんの目やにの取り方を解説します

「赤ちゃんの目やにってどうやってとればいいんだろう?」「どうしてこんなに目やにが出てしまうんだろう?」と悩んだことはありませんか?

赤ちゃんの目やにや目の状態を毎日チェックすることは非常に重要で、実は「赤ちゃんの健康管理」にも役立ちます。赤ちゃんの目やにが気になったら、「いつもと比べて様子がおかしいところがないか?」を確認するようにしましょう。

そして、赤ちゃんの目を守るためにも、正しい目やにの取り方をマスターしておくことが大切です。今回は、赤ちゃんの目やにが出る理由と、目やにの取り方を詳しく解説していきます。

赤ちゃんの目やにはどうして出るの?

朝起きたら赤ちゃんの目に、たくさん目やにがついていたら心配になりますよね。赤ちゃんは大人と違い、一般的には免疫力がまだ弱いため、病原菌などを体の外に出そうとする機能が働きます。赤ちゃんが風邪を引いたときなどに、目やにがたくさん出てしまうのもこれが理由です。

目やに

異物と判断されるものは病原菌だけでなく、花粉やほこり、ゴミなども異物の対象であり、これも「目やに」の原因となります。たくさん目やにが出てしまったからといって、必ずしも病気というわけではないのです。花粉やほこりなどが理由で起こる目やにのような、通常の「カサカサ」とした目やにならば基本的には問題はありません。

しかし、病気の場合の「目やに」には注意が必要です。注意するべき目やには「粘り気のある目やに」や「とまらない目やに」です。1日に何度も拭いているのに、とまらないことが何日も続く場合は注意が必要です。

病気の場合の目やにの特徴については、後半で詳しく解説していきます。

赤ちゃんの目やにの取り方

赤ちゃんの目やにを取るときは、必ず手を洗い清潔な状態で行いましょう。赤ちゃんの目を傷つけないために、爪も必ず短く切っておくようにします。洗浄綿やガーゼで目やにをとるときはずっと同じ面で拭かずに、1度拭いたら新しい面を使って拭くようにしましょう。

準備するもの

  • 清潔なガーゼを濡らしたもの、または洗浄綿(何枚か用意しておくと安心です)

目やにをとる流れ

STEP1

用意した洗浄綿を手に取り、反対の手で赤ちゃんの上まぶたと下まぶたを上下に広げます。この時、赤ちゃんの頭を一緒にうまく固定できると、安全に目やにを取ることができます。

また、清潔なガーゼを使用する場合はガーゼをぬるま湯で濡らした後に軽く絞り、親指にくるむように巻き付けて目やにとると、綺麗に取りやすくなります。

STEP2

目頭に近い目やには、目頭の方向へ洗浄綿で優しく拭き取り、 目尻の近くにある目やには、目尻の方向へ洗浄綿で優しく拭き取ります。ポイントは目の外側へ向かって取るようにすることです。逆の方向へ指を動かしてしまうと、指が目に入ってしまいますので気をつけましょう。

ポイント

赤ちゃんが動いてしまい、安全に行えない等の心配があるときは、大判のバスタオルやおくるみなどを使う方法がおすすめです。おくるみに包む時のように、赤ちゃんを腕ごとくるりと包んで固定してあげましょう。目やにを取るときは、ゴシゴシこするのはやめましょう。特に目の周りはデリケートな部分になりますので、優しく丁寧に行うようにしてください。どうしても取りにくい場合も無理にこすらずに、取れる範囲で行いましょう。

また赤ちゃんの目に指が入らないように、まぶたはしっかり押さえ丁寧に行いましょう。同じ面ばかり目やにを拭くと、炎症などが起きていた目から、健康な他の目に移ってしまう可能性があります。洗浄綿やガーゼは何枚か用意しておき、常に新しい面を使えるようにしておきましょう。

こんな時は要注意

赤ちゃんの目やにの中にも「注意しなければならない目やに」が存在します。

注意しなくてはいけない目やに

  • 目やにが数日続いている
  • 目やにの色が「緑・黄色」であり乾いた感じではなく「粘り気」がある

上記のような目やには、赤ちゃんがウイルスや細菌に感染している恐れがある目やにです。特に白目が充血している場合は、「細菌性結膜炎」や「流行性角結膜炎」の可能性もありますので、この場合は悪化してしまう前に早めに病院を受診する必要があります。

そして他にも、赤ちゃんの目やにの症状で注意するべき点があります。

注意するべき目やにの症状

  • 目やにがとまらない
  • 生まれてからずっと涙目で、いつも目がうるんでいる
  • 片方の目だけ症状が出ている

上記の場合は、涙の通り道である「涙管」が塞がれているために起こる「鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)」という症状が考えられます。

鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)

生まれてから目やにと涙が止まらない場合、生後6か月あたりにはかなり分泌量が増え悪化してくる可能性があります。この場合、眼科の受診が必要になります。鼻涙管閉塞になると、「涙管を開いた状態に導くマッサージや点眼、涙嚢(るいのう)を綺麗に洗浄する」などの治療で様子をみるとが多いといわれています。

マッサージや点眼等での治療で効果が得られなかった場合は、「ブジーという針金を通す治療」が行われます。この治療法は、涙管を塞いでいるところを針金で取り除くという治療法であり、他の治療方法で1歳頃になっても鼻涙管閉塞が治らなかった場合、医師から「ブジーでの治療」を勧められることがあるようです。

もう一つ、目やにの原因としてよく挙げられるものがあります。それは「さかさまつげ」です。

さかさまつげ

さかさまつげの場合も目やにが頻繁にでるようになり、他にも「まぶしがる、目をよくこする」といった症状もあらわれると言われています。さかさまつげは、成長とともに治るケースがほとんどですが、症状が悪化してしまった場合は点眼薬での治療、さかさまつげの手術が必要となることもあります。

まとめ

赤ちゃんは自分の目の症状を言葉で訴えることができないので、周りの大人が小さな異変にも気がついてあげなくてはいけません。そのためにも、赤ちゃんの日頃の様子を知っておくことが大切です。少しでも目やにの異常に気がついた時は、早めに眼科を受診することをおすすめします。

赤ちゃんの目やには、赤ちゃんの目の健康を守るためにも毎日チェックするようにしましょう。以下は赤ちゃんの目やにについてまとめた動画になります。目やにの取り方もわかりやくす説明してありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。