目と美容

今日からできる、三重まぶたの解消法とは?【老化のサイン】

いつもは二重まぶたなのに、朝起きたら三重まぶたになっていた…なんて経験はありませんか?

三重まぶたになると老けて見られたり、眠そうな印象になったりと、あまり良いイメージがありませんよね。メイクで隠すのが難しいので、三重まぶたになってしまうとなかなか厄介なものです。

そこで今回は、三重まぶたの原因や解消方法を紹介します。三重まぶたの原因を知ってしっかりと対策をし、ぱっちりと若々しい目元を取り戻しましょう。

三重まぶたとは?

二重まぶたは上まぶたに1本線が入っていますが、三重まぶたは2本線が入っている状態のことを言います。また、2本以上線が入っていたり、細かな線が入っていたりする状態も三重まぶたと呼ばれます。

三重まぶたの多くは、くっきりと2本線が入っているタイプではなく、はっきりとしない線が上まぶたに入っているタイプなので、二重まぶたのように目がしっかりと開かず目元の印象が重くなります。そのため、三重まぶたになると疲れているように見えたり、老けて見られたりと、二重まぶたに比べあまり良い印象が持たれません。

三重まぶたの原因

一重まぶたと二重まぶたの人がいるように、生まれつき三重まぶたの方もいますが、体調不良など一時的なケースもありますし、また三重まぶたは老化のサインだと言われることもあります。

生まれつきでない三重まぶたの原因は、主に「老化」「血行不良」「ダイエット」「睡眠不足」「水分不足」だと言われています。若い頃とは肌の調子が変わってきたり、ハードな生活をしていたりと、何か思い当たることはないでしょうか?それぞれの原因を詳しく見てみましょう。

三重まぶたの原因1「老化によるまぶたのたるみ」

調子が悪い日だけ三重まぶたになってしまうという訳ではなく、常に三重まぶたになってしまう場合は、まぶたのたるみが原因として考えられます。年齢とともに三重まぶたが目立ってきた場合は、肌の老化によるたるみだと考えて良いでしょう。

年齢を重ねると、筋肉が衰えたりコラーゲンが減少したりして肌にハリがなくなりますよね。まぶたも例外ではなく、加齢に伴い弾力を失うので、垂れ下がってシワが寄りやすくなります。まぶたにシワが寄った状態が三重まぶたなのです。

若い人も油断してはいけない

若い方でも、アイプチや付けまつ毛などのメイクでまぶたを引っ張ってしまい、上まぶたがたるんでしまうことがあります。目をこする癖がある方も目元の皮膚が伸びてしまうことがあるので要注意です。目元の皮膚はデリケートなので、ちょっとした刺激でもダメージを受けてしまいます。

三重まぶたの原因2「目や身体の疲れによる血行不良」

目元の血管はとても細いので、他の場所よりも血行不良になりやすいという特徴があります。目が疲れていたり身体が疲れているときは、目元が血行不良になり血液の流れが滞るので、三重まぶたになることがあるのです。

最近だとパソコンやスマートフォンなどを長時間使用して目を酷使することがきっかけになることも多いようです。

三重まぶたの原因3「ダイエット」

ダイエットにより急激にまぶたの脂肪が減少すると、目がくぼんだり三重まぶたになることがあります。これは脂肪により伸びていた皮膚の収縮が間に合わず、皮膚がたるんでしまうことによって起こります。

極端なダイエットにより栄養不足になると、肌に弾力がなくなったり乾燥したりとトラブルが起こりやすく、三重まぶたがなかなか治らない原因にもなります。適度な脂肪は若さの象徴でもあるので、過激なダイエットは控えた方が良いでしょう。

三重まぶたの原因4「睡眠不足」

徹夜明けに三重まぶたになってしまうという経験がある方も多いのではないでしょうか?

睡眠不足だと身体に疲れが蓄積し、三重まぶただけではなく、身体や精神にさまざまな不調をきたします。1日の徹夜よりも毎日2時間の睡眠不足が続く方が負担が大きいと言われているので、忙しい生活をしている方は注意が必要です。

睡眠をとっていないと、起きている間ずっと目を見開いていることになるので、目の周りの皮膚や筋肉に疲労が溜まります。眠るときにする「目を閉じる」という動作が目を休めるのに必要ですが、ずっと起きていると目を閉じる機会がないので、目が休まらないのです。

三重まぶたの原因5「水分不足」

大量に汗をかいたり、あまり水分を摂取しなかったりして脱水状態になると、皮膚の弾力が失われて、三重まぶたになることがあります。また、身体の水分が不足していると血液がドロドロの状態になるので、血行不良になり三重まぶたが悪化します。慢性的に水分不足になりやすい方は、三重まぶたが定着してしまいなかなか治りません。

また、加齢により皮膚の水分が失われると、まぶたにシワが寄り三重まぶたになります。成人の水分量は約60%ですが、年齢とともに体の水分量が減少していき、高齢者になると身体の水分量は50%になると言われています。そのため、年齢を重ねると、気をつけて水分を摂取しても肌にうるおいがなくなったり、水分不足になりやすかったりします。

三重まぶたの解消方法

三重まぶたが定着してしまうとなかなか元に戻すのが難しいので、まずは三重まぶたにならないように予防しましょう

三重まぶた解消のポイントは「日々のケア」

まず疲れやストレスを溜めないようにし、適度な運動をすることで血行不良を防ぎましょう。三重まぶたの原因の根本である老化を避けるのは難しいですが、しっかりと保湿をしたり、栄養のあるものを摂取した身体のバランスを保つことで、老化を防ぐと三重まぶたになりにくくなります。

それでは、三重まぶたを解消する具体的な方法をいくつか紹介します。たまに三重まぶたになってしまう方はすぐに効果を感じられるはずです。常に三重まぶたになってしまう方も、根気よく続けることで、改善が見られるでしょう。

三重まぶたの解消法1「ホットタオル」

ホットタオル

目の疲れや血行不良により三重まぶたになっているケースでは、目元を温めることが効果的です。お風呂に入り全身を温めるのも良いですが、ホットタオルで目元を温めることでも目元の疲れや血行不良が改善されます。

ホットタオルを作るには、家庭にあるタオルを濡らし、水滴が垂れない程度にしぼり、電子レンジで1分ほど加熱します。タオルのしぼり具合や電子レンジのワット数により適切な時間が異なるので、初めのうちは少しずつ様子を見ながら加熱すると良いでしょう。これだけで簡単にホットタオルを作ることができます。そして、作ったホットタオルをまぶたの上にのせるだけです。

ホットタオルはすぐに冷めてしまうので、長時間使用したいときは再度温める必要がありますが、簡単に作れ、そして目の疲れや血行不良に即効的な効果があるので便利です。リラックス効果もあるので、ホットタオルを使う方法は気分転換したいときにも最適です。

ホットタオルを作るのが面倒…という人は、アイマスクを使うという方法もありますので、気になる方は下記記事をチェックしてみてください。

ぐっすり熟睡!アイマスクの安眠効果と選び方のポイントとは?

三重まぶたの解消法2「目元のマッサージやトレーニング」

目元をマッサージしている女性

目元を温める方法と同じように、まぶたをマッサージをすることで血行が良くなるので、三重まぶたを解消することができます。目元に乳液やオイルをつけ、くるくると優しくマッサージしましょう。肌が乾燥した状態でマッサージをすると皮膚を引っ張ってしまい逆効果になるので注意してください。

まぶただけではなく、目元全体をマッサージすると、血行不良に効果的です。目元のマッサージは目のクマが目立つときや、まぶたがむくんでいるときに特に効果が得られます。

また、筋肉の衰えにより皮膚が垂れ下がっていることもあるので、目のトレーニングをして目の周りの筋肉を鍛えることも有効です。ぱちぱちと大きく瞬きをしたり、普段から目を見開くように心がけたりすると、目の筋肉を意識的に使うことができるので、自然に目元を鍛えることができます。筋肉が鍛えられると血行不良を防ぐことができるので、目が疲れにくくなります。

ぐるぐると目を動かす目のトレーニングも行って、目の周りの血のめぐりを良くしましょう。

三重まぶたの解消法3「アイクリームを使用する」

アイクリームは目元専用の美容クリームのことです。通常のクリームとは異なり、保湿できるだけではなく美容成分をたっぷりと配合していることが特徴です。三重まぶただけではなく、目元のシワやくすみ、たるみに効果のあるものが多いので、目元の老化に悩んでいるときはアイクリームを使用しましょう。

目元の皮膚は薄くデリケートなので化粧品によるトラブルが起こりやすいですが、アイクリームはそういったことも考慮して作られているので、安心して使用することができます。

年齢を重ねると、必然的に肌にハリがなくなってしまいますが、アイクリームで外からコラーゲンや保湿成分を補給してハリや弾力が戻ると、シワや三重まぶたが解消します。

三重まぶたの解消法3「ヒアルロン酸を注入する」

三重まぶたと並行してくぼみやシワが目立つ場合は、ヒアルロン酸を注入する方法が効果的です。注射器で目元にヒアルロン酸を注入する、いわゆるプチ整形になりますが、メスを入れる整形に比べ安全で格安なので人気があります。

即効的な効果があります。施術は約10分程度で済み、痛みや腫れがほとんどないので休みをとる必要がなく、次の日から通常通りの生活ができます。

2~3年で効果がなくなる

約1年ほどでヒアルロン酸が身体に吸収されはじめ、2~3年後には完全に効果がなくなるので、再注入が必要になります。

ヒアルロン酸を分解する成分を注入すれば元に戻すことができるので、思い通りにならなかった場合でも安心です。どうやっても老化には抗えないものなので、三重まぶたやくぼみが深刻な場合は、ヒアルロン酸注入を考慮してみても良いでしょう。

まとめ

目元は顔の印象を決める重要なパーツですが、皮膚が薄くデリケートで毛細血管も多いので、トラブルが起こりやすいところでもあります。若いときはぱっちりと大きい二重まぶたの方でも、年齢を重ねると三重まぶたになりやすいので悩んでいる方も多いことでしょう。

疲れやストレスを溜めない、栄養バランスの良い食事を取る、などの日々の生活習慣も大切ですが、老化に逆らうのは難しいので、アイクリームなどを使用して、足りなくなってしまう美容成分を補うことも効果的です。しっかりとケアをして、ぱっちりと若々しい目元を維持しましょう。