*

【黄視症とは?】画家ゴッホも発症していた?

最終更新日:2018/06/28

「黄視症(おうししょう)」とは、目の前の色が正確に判断できない症状です。名前の通り視界が黄色がかって見えるため、色視症のひとつだと言われていますが病気ではありません。最新の研究では、世界的画家のゴッホも黄視症だった可能性が高かったと言われています。

このように、ゴッホもかかっていたと言われる黄視症の原因は一体なんなのでしょうか?また、黄視症の症状が表れた場合はどのような対処法があるのでしょう?

今回は黄視症についての紹介とその原因、対処方法についてまとめました。ぜひ黄視症についての理解を深める参考にして下さい。

ゴッホも発症?黄視症とは

先に述べたように、黄視症は視界が黄色がかって見える症状です。

「黄色がかって見える」と言ってもいまいちピンと来ませんが、「視界が黄色のフィルターをかけた状態」と考えるとイメージがわきやすくなると思います。

黄視症は黄色のフィルター越しにものを見るような状態のため、目の前の景色も本来の色に黄色が重なって見えるのです。例えば、本来は真っ白な壁でも、黄視症の人がそれを見ると黄色い壁に見えます。

ちなみに、黄視症は色視症という症状の一種です。色視症とは何らかの原因で視界に特定の色味がかかった症状のこと。黄視症の他にも視界が赤みがかって見える状態を赤視症、青みがかっている場合は青視症、緑がかっている状態は緑視症と言います。

また、最新の研究結果によりますと、印象派の画家として世界的に有名なゴッホも、黄視症の症状があったのではないかと言われています。

その理由のひとつはゴッホの作品にあります。「ひまわり」に代表されるように、ゴッホは黄色を好んでいる画家でしたので、彼の描いた絵は黄色が鮮やかに使われているものがほとんど。

これらのことから、ゴッホはジギタリスという薬を服用して中毒になり、その副作用から黄視症を発症していた、しかしそれに気がつかず、黄色が強調される視界のため黄色をを好んで使用していたのではないかと指摘されています。

黄視症の原因

先に述べたように、黄視症は病気ではなく症状の一種で回復するために手術は不要です。それでは、黄視症を含む色視症になってしまうのはどのような原因が考えられるのでしょうか?

考えられる原因としては、眼球自体の問題・精神的なストレス・薬の副作用・貧血などがあります。眼球の問題としては、水晶体が濁って視界が見えなくなる白内障が原因になっています。水晶体が濁ることで視界が黄色くなってしまうのです。この場合は水晶体を除去する白内障の手術が必要になります。

薬の場合は、心臓の薬であるジギタリスや寄生虫を駆除するサントニンなどの影響が考えられます。

ここまでお読みになって気がつかれた方もいると思いますが、黄視症は先天的な色覚異常ではありません。白内障による眼球の問題や薬・ストレスなど後天的な要素で表れるものです。そのため、視界が黄色だけでなく赤・青・緑のフィルターをかけたように見える場合は、眼球そのもの、または色を判断するための脳の情報処理能力になんらかの問題が発生したと判断されます。

黄視症の対処法

黄視症は病気ではないので、白内障のような病気の症状ではなく、黄視症の症状ノミの場合は失明をするような危険性はありません。しかし病気ではなくても、黄色のフィルターをかけたような視界というのは落ち着かないものです。それでは、黄視症になったらどのように対処すればいいのでしょうか?

黄視症の症状は薬や精神的ストレスが考えられますので、眼科・内科・心療内科のいずれかを受診しましょう。また、視界の異常は黄疸が原因の場合もありますが、黄疸は眼球の白目の部分が黄色っぽくなるのが特徴です。

眼球の白目の部分が黄色くならずに白いまま、黄色のフィルター越しにものが見えるような状態は、黄視症の可能性が高いです。まずは家族や身近な方に眼球の白目が黄色っぽくなっているかどうかを確認してもらい、白いままの状態なら黄視症になっている可能性が高くなります。

黄視症の対処としては、まずは視力や眼底の検査で黄視症かどうか症状を判断し、薬の副作用であれば容量調整をする、ストレスによるものであれば心療内科と提携しながら治療をしていく、などがあげられます。

まとめ

いかがでしたか?黄視症に代表される色視症は、視力検査と違って第三者からの判断が難しい症状です。しかし、薬の容量やストレス環境の改善によって緩和されることも期待できます。

まずは眼科で自分の視界について詳しく相談し、自分が白内障など眼球に病気がないか、または眼病以外で何か服用している薬があればその詳細を、精神的にストレスを抱えている場合は現在の環境について相談しましょう。適切な治療が改善の近道です。気になる場合は早めに眼科や内科・心療内科などへ受診しましょう。

ライタープロフィール

SALと申します。難しいことを丁寧に説明することを心がけます。
   

この記事もよく読まれています

角膜移植について

角膜移植とは、何らかの外的な刺激による傷害やウイルスによる感染症、遺伝的疾患などにより、角膜が混濁・

記事を読む

no image

網膜剥離とは?網膜剥離の症状・検査方法・治療法について

「ボクシング選手が網膜剥離のために手術を受けた」というようなニュースを見聞きしたことがある人は多いと

記事を読む

【黄斑上膜とは?】物がゆがんで見えたら注意!黄斑上膜について

なんだか視界が歪んで見える… 文字や物体がゆがんで見えるのは、黄斑上膜とよばれる病気のせいかも

記事を読む

網膜円孔

【網膜円孔とは】網膜に穴が開く?

近視が強い人や中高年の人に多く見受けられる「網膜円孔」という病気をご存知でしょうか?網膜円孔は網膜に

記事を読む

【結膜下出血】いきなり白目が真っ赤に!結膜下出血の原因と対策、治療法

白目が真っ赤に染まってしまった…そんな経験をしたことがありませんか? 見れば驚いてしまうような

記事を読む

片頭痛ってどんな病気?目のチカチカはそのサイン?

ズキズキと頭が痛くなることが続く、いわゆる頭痛もちだと、仕事や勉強、家事などに支障が出るので本当に憂

記事を読む

目が真っ赤に?結膜炎とその予防方法について

目が真っ赤になって視界がかすみ、見た目にも良くない目の充血。かゆみが出て、え?なんだか白目がとろけて

記事を読む

目の見え方と病気について(急な視力低下、ゴミのようなものが見える、など)

突然ですが、ある日いきなり視力が低下したり欠けたりしたらどう感じますか?おそらく多くの方が不安や恐怖

記事を読む

どうしても周りが気になる!脇見恐怖症とは?

「視界に入る人がどうしても気になってしまう。」あるいは「自分の視線が他の人に不快感を与えているのでは

記事を読む

no image

【涙嚢炎とは?】涙嚢炎の症状・原因・治療法について

常に涙が溜まっていたり、悲しくもないのに涙がこぼれてきたり、常に眼ヤニが出ていしまっていたりすること

記事を読む

   
目薬の歴史に迫る!~知られざる意外なルーツ~

目薬にはどんな歴史があるんだろう…?そんな風に思ったことはありませんか

目の健康にご利益のある神社とは?~パワースポットへ足を運ぼう~

あなたは目の健康にご利益のある神社があることを知っていますか?神社には

目に優しいモニターは?モニターの仕組みと光について

デスクワークを行ったり、DVDや動画を見たり、ゲームをしたり…PCやス

白目が濁る?濁りを解消する方法を紹介!

自分ではなかなか気がつきにくい部分ですが、眼球の白目の部分が濁っている

今日からできる、三重まぶたの解消法とは?【老化のサイン】

いつもは二重まぶたなのに、朝起きたら三重まぶたになっていた…な

→もっと見る

PAGE TOP ↑