目と美容

目元のクマの対処法をタイプ別に紹介【黒クマ・茶クマ・青クマ・赤クマ】

目のクマが気になって出かけられない…そんな悩みを持ったことはありませんか?目のクマは目立ちやすく、男女問わず悩みの種になりがちです。疲れや老化によって生じるイメージのある目のクマですが、その原因が他にもあることはご存知でしたか?実はクマには種類があり、目のクマの原因や解消法は種類によってさまざまなのです。

そこで本記事では、まずは目のクマの種類を解説し、そのあと目のクマができる原因と解消方法をご紹介します!クマに悩みを抱えるあなたは必見です。目のクマについて詳しく知り、根本からクマを改善し、健康的な素顔を取り戻しましょう。

クマの種類

具体的な目のクマの解消法を知る前に、まずは目のクマの種類について知りましょう。目のクマは色によって大きく4種類に分けられます。クマの簡単な判別法も伝授するので、あなたのクマがどのクマなのか確認してみましょう!

黒クマ

クマといえば真っ先に黒色のクマを思い浮かべる人も多いのでは?そんな黒クマは、たるみやシワによって目元に黒い影ができ、色が変わって見える状態のクマのことです。皮膚を引っ張るとクマの色が消えて見えなくなる場合は、下まぶたのたるみが原因の黒クマである可能性が高いです。

茶クマ

茶クマは目の下に小さなシミが連なるようにできている状態のクマのことです。目の下が広範囲にわたって茶色に見える場合は茶クマの疑いがあります。特に、皮膚を引っ張ったり、暖めたりしても解消されない場合は、茶クマだと言えます。

青クマ

目の下が青くなっている状態が青クマです。皮膚を引っ張ってもクマが動かなかったり、マッサージや温タオルで軽減されたりする場合は、青クマである可能性が高いと言えるでしょう。疲れや睡眠不足によって引き起こされる場合が多いので、最も多いクマの種類と言えるかもしれません。

赤クマ

赤クマは目の下が赤くなり、少し腫れているように見えるクマのことです。特に目頭の下あたりが赤く染まるのが特徴です。クマの中では軽度なクマにあたりますが、悪化すると目のたるみにつながり、黒クマを併発することも。早めの対策が吉ですね。ちなみに目の下の皮膚を上下に引っ張ったとき、赤みを増す場合は赤クマの可能性が高いと言えます。

クマができる原因と解消方法

クマの種類の概要を理解したところで、早速それぞれのクマの原因と解消方法を押さえましょう!

黒クマ編

まず、黒クマの原因となるのは、加齢による下まぶたのたるみやシワ、顔のむくみです。加齢に伴い下まぶたの皮膚がさらに薄く弱くなり、たるみが出ることで前に出てくる状態が黒クマなのです。つまり黒クマが生じるのは眼輪筋と呼ばれる目の下の眼窩脂肪を支えている筋肉がゆるむことが原因です。

眼輪筋

したがって黒クマの解消法として最適なのは眼輪筋のトレーニングです。

目をぎゅっと強く閉じて5秒間キープした後、ゆっくりと力を抜き、今度は目を大きく見開きましょう。このエクササイズを繰り返すことで、目の周りの筋肉が鍛えられ、黒クマの解消に繋がります。

また、加齢が原因であることが多い黒クマには、エイジングケア用のアイクリームなどを使用して目元のハリをアップさせるというのも有効です。そのほかムクミにつながりやすい食事や飲み物を控えたり、冷えに気をつけたりといった日頃の意識が黒クマの改善には重要になってきます。

茶クマ編

次に、茶クマの原因と解消法を見ていきましょう。茶クマの場合、皮膚への刺激による色素沈着が原因です。非常に薄く、ダメージを受けやすい目元の皮膚には、他の部位よりもより丁寧に接する必要があるのです。特にクレンジングの際に目元を強く擦ってしまっているあなたは要注意です。アイメイクは専用のリムーバーを使って優しく落とすようにしましょう。

また、茶クマは紫外線によるダメージを原因とすることもあります。目の下は意外にも紫外線が当たりやすいパーツの一つと言われています。日焼け止めや日傘、帽子、サングラスなどで紫外線対策を万全にしましょう。その他、色素沈着を原因とする茶クマの場合、美白ケアも改善につながります。ビタミンCなど美白効果のある成分を多く含むクリームや美容液で目元をケアしましょう。

青クマ編

最も一般的なクマである青クマの原因となるのは、血行不良です。目の周りには無数の毛細血管が張り巡らされています。目の下の皮膚は非常に薄いため、毛細血管の血行が悪くなるとそれが青く透けて見えてしまうのです。血液の滞りを引き起こす根本的な原因には、睡眠不足や疲労、ストレスなどはあります。深夜までパソコンやスマートフォンなどの画面を見続けると、目にはかなりの負担がかかります。

青クマに悩むあなたは、まず日頃の生活習慣の見直しから始めましょう。「日頃忙しくて中々休めないけど、青クマを改善したい」そんなあなたにはホットタオルや目元のマッサージで目元の血行を良くするのがオススメです。

ホットタオル

ホットタオルは特にメイク前に使うと、疲れがとれ、元気な目元を取り戻すことができます。マッサージはクリームなどを用いて指の滑りを良くしてから行いましょう。まぶたを骨に沿って優しく撫でるだけでも効果的です。反対に強く押しすぎると色素沈着を起こし、茶クマの原因となるので注意が必要です。

赤クマ編

最後に赤クマの原因と改善法を学びましょう。赤クマは血行不良と筋力の衰えを原因としています。つまり青クマと黒クマが複合的に生じた結果が赤クマなのですね。ただ、青くまが静脈の血液循環の悪さを原因とするのとは違い、赤クマは動脈と静脈両方の血流の滞りが原因になっているのが特徴です。これに加え赤クマの場合は、眼球を支える筋肉の衰えによって眼輪筋が前に押し出され、目元の薄い皮膚から筋肉の色が透けて見える状態になります。解消法としては、青クマと黒クマの解消法をそれぞれ取り入れる工夫が必要です。ホットタオルや目元のエクササイズで早めの対策を行い、悪化を防ぎましょう!

まとめ

ここまで目のクマの種類とそれぞれの原因、解消法についてご紹介してきました。大人になると特に向き合うことの多いクマですが、放っておくほど悪化する恐れがある油断のならない症状です。自分のクマの種類を知り、日頃からケアすることが、目のクマの改善の近道です。本記事が目のクマに悩むあなたの助けになれば幸いです。