目のコラム

「洗剤が目に入っちゃった…」対処法を紹介!

洗剤が目に入って痛い…でも、どう対処すればいいか分からない…とお困りの方はいませんか?洗剤は日々使用する身近な製品ですが、目に入ると非常に危険です。また、洗剤が目に入ると時間が経てば経つほど症状が悪化してしまうので、迅速な対処が何より重要なのです。そこで本記事では洗剤が目に入ってしまったときどうすればいいか、その対処法をご紹介します。最後に対処法についてよくある質問についてもお答えするので、ぜひ参考にしてみてください。

いざ自分の身に起こる前に対処法を知っておくことは大切です。本記事を参考に、日常に潜む危険を予防しましょう。

洗剤が目に入った時の対処法

早速洗剤が目に入ったときにどう対処すべきかについてみていきましょう。段階ごとにご紹介していきます。

STEP1「まぶたや顔について洗剤を洗い流す」

洗剤が目に入るとき、まぶたや顔など目に近い部分にも洗剤が付着している場合があります。これ以上洗剤が目に入ることを防ぐために、まずはまぶたや顔を水で洗い流し、清潔な状態にしましょう。

STEP2「流水で目をすすぐ」

目の周りに洗剤が付いていないことを確認したら、流水で目をすすぎましょう。水道がシャワータイプの場合はシャワーを上向きにして弱い水流で洗い流します。指で洗剤が入った方の目をなるべく大きく広げ、まんべんなく洗うように気をつけましょう。水道が動かないタイプのものは少しずつ水を流しながら、手のひらに水をためて洗剤が入った目を水につけ、水中でまばたきしましょう。繰り返し行うことが重要です。どちらも10分以上洗顔する必要があります。化学物質が目に触れている時間が長ければ長いほど障害が重くなるので、できるだけ化学物質を洗い流すことが必須となるのです。

STEP3「眼科を受診する」

医者

洗眼を終えたら、ただちに眼科を受診しましょう。受診が遅れると症状が悪化することがあるので、たとえ異常を感じなくても、必ず医療機関は受診するようにしましょう。そのとき目に入って洗剤も持っていくと、目に入ってしまった成分がわかるため、素早い診療に役立ちます。成分によって症状も異なるので、必ず洗剤も持っていくようにしましょう。

対処法についてよくある質問

洗剤が目に入ったときの大まかな対処法は理解できましたね。ただ同時に、対処法について感じる疑問も浮かぶことだと思います。そこで、ここでは対処法について一派的な質問とその回答をご紹介します。

目薬や洗眼液は使わない方がいい?

目の治療やケアによく使われるものとして一般的なのが目薬や洗眼液ですよね。目に良さそうなイメージがあるので、洗剤が目に入ったときも目薬や洗眼液を使えばいいのでは?と感じるかもしれません。しかし、目薬や洗眼液は内容量が少ないため、目に入った化学成分を十分取り除くことができません。大量の水分で化学物資を目から取り除くことが何より重要なので、目薬や洗眼液での対処は不向きだと言えます。

目を洗い流すときは弱い水流の方がいい?

強い水流の方が目の汚れが落ちそうなイメージがありますが、勢いが強すぎると目を開けたままの状態が保ちづらくなります。逆に洗浄不足になってしまうこともあるので、無理のない水流で目を洗い流しましょう。また強い水流は目を傷つけることもあります。目は非常にデリケートな部分なので、目の中に綺麗な水が常に流れ込むように、流水でそっと洗い流しましょう。

まとめ

ここまで目に洗剤が入ったときの対象法をよくある質問とともにお伝えしてきました。目に洗剤が入ってしまうという状況は誰にでも起こりうることです。事前に対処法をよく知り、いざという時に正しい対処をすることがあなたの目の健康を保つことに役立ちます。本記事を参考に、洗剤が目に入ったときには冷静に対処し、あなたや身の回りの人の健康を守りましょう。