*

目やにってどうして出るの?原因と予防、対処法について

最終更新日:2018/06/28

朝起きると出現している目やに。目やにってどうして出るんだろう?と疑問に思ったことはありませんか?

普段は特に気にもとめない目やにですが、実は重要な役割を担っていたり、疾患を含んでいたりと知らないことがたくさんあるのです。そこで、本記事では、目やにがどうして出るのか、その原因を解明します。基本的な要因かた目やにを伴う疾患まで様々な原因について調査していきます。最後に目やにの予防や治療法もご紹介するので、目やにが気になるあなたはぜひ参考にしてみてください。

目やにが出る原因

まずはどうして目やにが出るのかその原因を知りましょう。目やにが出る原因は大きく分けて2つあります。1つには目の代謝活動があります。目も体の他の部分と同じように代謝機能があり、古くなった細胞を入れ替えています。朝起きたときに目頭や目尻に少量見られる目やには正常な代謝活動によってできた老廃物だと言えます。ちなみに起きているときに目やにが気にならないのは、通常はまばたきによって涙とともに老廃物が押し流されているためです。睡眠中はまばたきが減るため、涙の分泌も少なくなり、老廃物が目やにとなって排出されるのですね。

目やにが出る2つ目の原因は目の炎症反応です。細菌やウイルスなどの異物が目に侵入したときに、免疫機能の一つとして目やにが出ます。この場合の目やには、体内の白血球によって、取り込まれたり分解されたりする異物が体外に排出されたものです。したがって、この目やにの中には細菌やウイルス、細菌と戦った白血球などが含まれています。

一口に目の炎症反応で作られる目やにといっても、その要因によって目やにの状態は様々です。細菌による感染が原因の場合は、黄緑色でどろっとした膿状の目やにが、花粉症などのアレルギーが原因の場合は涙のようにサラサラした水のような目やにが出ます。

またウイルス感染が原因の目やには白くネバネバと糸をひくような目やにが出ると言われています。

目やにを伴う疾患

通常目やには代謝機能や免疫機能の結果出るものなので特に心配する必要はありませんが、大量に目やにが出る場合など特に、疾患が裏に潜む目やにもあります。ここではそんな目やにを伴う疾患をご紹介します。目やにに異常を感じた場合は次のような疾患を検討して見ましょう。

目やにを伴う疾患として代表的なのが結膜炎です。結膜炎は細菌性、ウイルス性、アレレルギー性の3つに大別されます。

細菌性結膜炎の症状として一般的なのが、目やにのほか、充血、かゆみ、涙目、ゴロゴロする異物感などです。原因となる細菌にはインフルエンザ菌や肺炎球菌、黄色ブドウ球菌などがあります。

ウイルス性結膜炎は、細菌性結膜炎で見られる症状に加え、まぶたの腫れやリンパ節のしこり、発熱、のどの痛みを引き起こすことがあります。これらの症状は免疫機能が正常に働いている証拠で、ウイルス性結膜炎の大きな特徴となっています。

またアレルギー性結膜炎は過剰な免疫機能によって異物以外のものまで排除しようとすることによって起こる結膜炎です。原因としては花粉症のほか、ダニの死骸やフン、ペットの毛、フケ、カビなどのハウスダストが挙げられます。

そして、コンタクトレンズの汚れもアレルギー反応を引き起こします。日常生活に原因が潜んでいるのがアレルギー性結膜炎だといえますね。アレルギー性結膜炎の場合、細菌性結膜炎で見られる症状以外に結膜がむくんで白目がブヨブヨになったり、まぶたの裏にぶつぶつができたりと様々な症状が見られます。

ここまで三種類の結膜炎を見て、一口に結膜炎といっても、黄色ブドウ球菌からアデノウイルス、ハウスダストまで様々な要因があることがわかりましたね。したがって結膜炎の改善には目やにの状態を元にした原因の究明が必要になります。結膜炎は視力の低下や合併症を引き起こす可能性があり注意が必要な疾患でもあるので、異常を感じたら医療機関を診療しましょう。

目やにの予防/治療法

目やにが出る原因について見てきたところで、次は目やにの予防方法、あるいは治療法について学びましょう。

まず一つ目やにの予防として有効なのは、部屋をこまめに清掃し、清潔に保つことです。先ほど触れたようなアレルギー性結膜炎の原因となる花粉やハウスダストを防ぐには部屋のこまめな掃除が欠かせません。掃除をするときは通気をよくすることが大切ですが、花粉が原因の場合は外から室内に花粉を持ち込まない工夫をする、ダニが原因の場合は繁殖場所となるようなカーペットの使用をやめるなど原因に合わせた予防が必要です。また、もう一つの目やに対策として、細菌やウイルスから目を守るために、手で目をこすらないようにすることや手を清潔に保つ習慣を身につけるというものもあります。目を清潔に保ち、傷つけないようにする工夫が普段から重要になってくるということですね。

次に目やにの治療法について見ていきましょう。目やにが気になったら、まずは綿棒やティッシュ、ガーゼなど清潔なもので目やにを取り除きましょう。目やにを触った手から感染が広がることもありますし、手についた細菌で悪化してしまうこともあります。また、無理に目やにを取ろうとして目を傷つけてしまうこともあるので、水やお湯で湿らせて取りやすくするなどして、そっと取り除くことを意識しましょう。細菌性結膜炎には抗菌作用のある目薬の使用も効果的です。目やにには最近が含まれている可能性があるので、目薬をさすときはまぶたに直接触れるがないようにしましょう。目やにが大量に出たり、粘度が高かったりと異常に感じる場合は、眼科で診療を受けるようにしましょう。

まとめ

ここまで目やにが出る仕組みから目やにを伴う疾患、目やにの対処法や治療法まで、目やにについて幅広くお伝えしてきました。普段特に気にとめることもない目やにですが、実は目の健康を保つのに重要な役割をになっていること、目の疾患のサインとなっていることがよくわかりましたね。目やにの異常を放置しておくと重要な疾患を併発することもあります。目やにに適切な対処をし、目の健康を維持しましょう。本記事があなたの目を清潔に保つ手助けができれば幸いです。

ライタープロフィール

hatakeです。難しいことを丁寧に説明することを心がけます。
   

この記事もよく読まれています

台風の目ってどういう意味?中はどうなってる?

低気圧によって発生する台風は、夏から秋にかけて次々とやってきます。テレビニュース番組で行われる台風の

記事を読む

【眼圧検査とは?】眼圧検査でわかる病気と検査時のコツ

眼科に行くと、目にひゅっと風のあたる検査をしたことはありませんか?思わず目をつぶってしまうと、「もう

記事を読む

クマリとは?ネパールの生ける神様(女神)について

ネパールで今なお脈々と受け継がれる生き神信仰「クマリ」と呼ばれる小さな少女を、ネパールの人達は心の底

記事を読む

おすすめ視力回復アプリ5選!いまはアプリで目を鍛える時代

遠くの山を見続けると視力が回復すると昔はよく言われたものですが、最近ではその説は科学的根拠がなく、効

記事を読む

見る、観る、視る、診る、看る…「みる」の漢字の使い分けできてますか?

日本語には同音異義語、つまり同じ音なのに意味が異なる言葉がたくさんあります。「みる」という言葉もその

記事を読む

コーヒーは?目薬は?晩酌は?目にいい習慣、悪い習慣について

私たちは普段、スマホやパソコンなどを使うことで長時間、目を酷使しています。また、知らず知らずのうちに

記事を読む

no image

『ブルーライト』にご注意を!LEDってなぜ目に悪いの?

「ブルーライトってよく聞くけど、結局何なの?」と疑問に思ってはいませんか?近頃よく耳にするようになっ

記事を読む

アラフォー世代は要注意!その疲れ目は老眼のサインかも?

近頃小さな文字がかすんでよく見えない。スマートフォンの画面を長時間見ていられない。こんな症状に悩んで

記事を読む

まぶたの厚みの原因は脂肪だけじゃない!脂肪吸引で効果ある人、ない人の違いとは?

まぶたの厚みには個人差がありますが、厚いまぶたは薄いまぶたと比べると重たい印象を与えるというのが一般

記事を読む

目を良くする方法とは?視力回復方法を徹底解説!

以前と比べて目が見えづらくなっているように感じる。でもできるだけメガネやコンタクトレンズには頼りたく

記事を読む

   
目薬の歴史に迫る!~知られざる意外なルーツ~

目薬にはどんな歴史があるんだろう…?そんな風に思ったことはありませんか

目の健康にご利益のある神社とは?~パワースポットへ足を運ぼう~

あなたは目の健康にご利益のある神社があることを知っていますか?神社には

目に優しいモニターは?モニターの仕組みと光について

デスクワークを行ったり、DVDや動画を見たり、ゲームをしたり…PCやス

白目が濁る?濁りを解消する方法を紹介!

自分ではなかなか気がつきにくい部分ですが、眼球の白目の部分が濁っている

今日からできる、三重まぶたの解消法とは?【老化のサイン】

いつもは二重まぶたなのに、朝起きたら三重まぶたになっていた…な

→もっと見る

PAGE TOP ↑