目の病気

悲しくなくても涙が流れる「流涙」の原因と治療法【手術で治ることも】

泣きたくないのに涙がでる。

悲しくないのに涙があふれて止まらない場合、「流涙(りゅうるい)」と呼ばれる病気かもしれません。涙がいつもたまっている状態であるため、視界がにじむ・ぼやけるといった症状を抱えるこの疾患。流涙とは一体どのような病気なのでしょうか?

流涙とは?

涙を流すときはどんなときでしょうか。

悲しいとき、嬉しいとき、感動したとき…。

様々なシーンが思い浮かべられるかと思いますが、涙は目の働きに欠かせない重要な役割を担っています。涙は涙腺から分泌され、目の表面を保護する役割をもっています。また涙の水分によってまばたきを円滑にし、空気中のゴミを消毒する機能もあり、涙は目にとって非常に大切な成分なのです。

流涙とは涙の通り道である涙道が何らかの原因で詰まってしまった状態を指します。涙道が閉塞してしまうと、涙がうまく流れなくなるため、自分の意思とは関係なくいつも涙があふれてしまうようになります。

涙道

涙の流れ

流涙の症状

流涙にみられる主な症状として以下の症状が挙げられます。

  • いつも涙があふれる
  • 涙で視界がぼやける
  • 目やにがたまりやすい
  • 涙によってメガネのレンズがすぐ曇る

目がいつも潤んだような状態になるとモノがにじんだり、曇ってしまったりと生活に支障が生じます。流涙になった場合、適切な処置が必要となるのです。

流涙の原因

涙道閉塞

流涙の原因の主な原因は涙道閉塞によるものです。涙の通り道である涙道が何らかの障害によって閉塞してしまった状態で、涙点・涙小管・涙囊・鼻涙管のいずれかの箇所で障害が起きている場合が考えられます。

このような涙道閉塞は加齢が原因となりますが、他にも感染症や蓄膿症といった病気から生じることがあります。

感染症といった病気にかかっている場合

流涙は涙道が塞がってしまうときだけでなく、感染症など病気から発症する場合があります。結膜症や角膜炎、ドライアイといった目の疾患だけでなく、蓄膿症など目とは関係ない箇所の疾患から発症するケースも。
このような病気にかかると、眼球がちょっとした刺激に過敏になってしまいます。そのため普段であれば何も無いような日常の小さな刺激にも強く反応してしまうのです。

流涙の治療法

流涙の利用方法は手術によって行われます。流涙は赤ちゃんに多く見られることがありますが、1歳未満の乳幼児である場合、時間の経過とともに自然治癒する場合がほとんどであるため、手術といった手段に移ることは少ないです。

しかし、1歳を過ぎても流涙が治らない、赤ちゃんにストレスがかかってしまうため早期に治療がしたい、といった場合には医師とよく相談した後、手術が行われることもあります。

一般的に流涙の手術方法として、以下の3種類があります。

  • 涙道プロービング
  • 涙管チューブ挿入術
  • 涙囊鼻腔吻合術

涙道プロービングとはブジーと呼ばれる針金状の器具を用いて、涙道が詰まってしまっている箇所を開通させる手術方法です。涙管チューブ挿入術とは専用のチューブを用いて、涙道を再建する手術方法です。これまで難しい手術だとされていましたが、涙道に通す内視鏡が出てきたため普及が広まりました。

最後の涙囊鼻腔吻合術は、涙管チューブ挿入術がうまくいかなかった人や流涙を繰り返し発症している人に行われます。この手術方法によって新しい涙道を再建し、再発を改善します。

まとめ

流涙は手術を行うことで治るケースが多いです。しかし涙道閉塞ではなく、感染症や他の疾患が原因で流涙になっている場合は、まずその疾患を治すことが重要です。

流涙にお困りの方は、眼科で医師に正しい治療法の判断をしてもらう必要があります。