目のコラム

ナイトモードとは?スマホから目を守ろう!

夜寝る前、ベッドに入ってからもついついスマートフォンをいじってしまう…。

このような習慣がついている人は多いのではないでしょうか?スマートフォンのディスプレイから発せられるブルーライトは目に悪いだけでなく、睡眠の妨げにもつながります。そんな悪影響を軽減するために生まれたのがiPhoneやAndroidに備わっているナイトモード機能です。

ナイトモードとは一体どんな機能なのか?これから詳しくお伝えしていきます!自分が使用しているスマートフォンにナイトモード機能があるならば、ぜひ活用してみてください。

ナイトモードとは?

ナイトモードとはディスプレイの色を暖色系に切り替える機能のことをいいます。ディスプレイを暖色にすることで、目に悪影響を与えるブルーライトを軽減する効果が得られます。

ブルーライトを浴びると、入眠を促す効果をもつメラトニンの生成が妨げられます。メラトニンがうまく生成できなくなると私たちの体内時計は狂いはじめます。体内時計が崩れると、夜の時間になっても眠くならず不眠を引き起こしてしまいます。

ある研究によると、ブルーライトを浴びることはコーヒーを飲むことよりも睡眠を妨げる効果があることが報告されています。

スマートフォンが拡大に普及したことによって、以前よりもブルーライトを問題視する声は大きく、その影響もあってか近年ではAppleの『Night shift』やAndroidの『ナイトモード』など、ナイトモードを備えたスマートフォンが多く発売されています。

ナイトモードにするメリット

前項でお伝えしたように、ナイトモードに設定することでディスプレイから発せられるブルーライトを軽減することが出来ます。

ナイトモードに設定することでディスプレイの色が暖色に変わりますが、この少しオレンジがかった色に変わることでメラトニンの分泌を妨げる効果が期待されています。ブルーライト軽減に効果があるとされるブルーライトカットメガネを装用した場合、装用していないときと比べて睡眠の質が向上したという研究例が報告されています。

iPhoneやAndroidに備わっているナイトモードに睡眠の質を改善するのにどれほど効果があるのかまだ明確には明らかになっていませんが、ナイトモードにしないままスマートフォンを操作するよりは目にとって良いのではないのでしょうか。

実際に筆者も就寝時にスマートフォンを見るときはナイトモードにしていますが、非ナイトモード時の寒色のディスプレイよりも画面が見やすく目に優しい感じを体感しています。将来的にiPhoneやAndroidのナイトモードの効果が立証されると良いですね。

ナイトモードの設定の仕方

ここでは実際にナイトモードに設定する方法について紹介していきます。

STEP1「ホームから【設定】を開く」

ホーム画面を開いたら、青い枠で囲ってある【設定】のアイコンをタップして開いてください。

STEP2「【設定】から【画面表示と明るさ】を選択する」

設定画面を開いたら画面中央に表示されている【画面表示と明るさ】を選択してください。

STEP3「『Night shift』をオンに設定する」

【画面表示と明るさ】を選択したら画像の画面が表示されます。①でディスプレイの明るさを自由に調節できます。②を選択してNight Shiftモードをオンに切り替えます。

STEP4「Night Shiftの設定を決める」

【Night shift】画面が表示されたら、それぞれ次のように指定ができます。

①時間指定:Night Shiftの開始時刻と終了時刻を自由に設定できます。

②手動で明日まで有効にする:選択すると、自分のタイミングでNight Shiftのオンオフを切り替えることが出来ます。一度オンにした場合、自分でオフにしない限り、昼夜問わずNight Shiftになったままになります。

③色温度:色温度はディスプレイの暖色度合いを調節する機能です。

コントロールバーを【冷たく】の方へと移動させるとNight Shiftをオフにしたような寒色の色味に変わり、反対の【暖かく】側へ移動させると、ディスプレイの色が暖色になっていきます。せっかくNight Shiftをオンにしているなら、ディスプレイを寒色にしてはあまり意味がないので、できるだけ【暖かく】よりに設定しておくと良いでしょう。

STEP5「Night Shiftの時間を決める」

STEP4で①の【時間指定】を選択すると画像の画面が表示されます。

①日の入りから日の出まで:こちらを設定しておくとiPhoneが日の入りと日の出の時間帯に合わせて自動的にNight Shiftへと切り替えてくれます。

②カスタムスケジュール:自分で何時から何時までNight Shiftに切り替えるか設定できる機能です。③の時刻設定で詳細な時間を設定します。

③時刻設定:②のカスタムスケジュールを選択した後、Night Shiftをオンにする時刻とオフにする時刻をそれぞれ設定することができます。

まとめ

ブルーライトの光が目に入ることで脳が覚醒し、朝だと思い込んでしまいます。また暗闇の中で強い光を見続けることで目は疲労を引き起こしやすくなります。

お手持ちのスマートフォンにナイトモードがあれば、ぜひ試してみてください。