目の病気

【飛蚊症とは】虫が飛んでいるように見える?

「目の中にゴミが浮いているような感じがする」「もやっとしたものが視界をよぎる」といった症状を経験したことがある人は少なくないでしょう。これは「飛蚊症」と呼ばれる症状です。

その名の通り、「実際には何もないのに、視界を虫が飛んでいるように見える」症状が特徴です。「痛みや腫れなどの分かりやすく支障のあるような症状ではないけれど、何となく気になる」症状である飛蚊症ですが、その裏に重大な疾患が隠れていたりはしないのでしょうか?

飛蚊症の原因や治療について、順を追って詳しく見ていきましょう。

飛蚊症とは

飛蚊症

明るいところや白い壁、晴れた空などをじっと見つめたときに、目の前を虫や糸くずのような浮遊物が飛んでいる様に見えることがあります。視線を左右に動かしてもそれと一緒についてくるように感じられ、瞬きをしたり目をこすったりしても消えないことも。

このような症状を「飛蚊症」と呼びます。目の前を飛ぶ浮遊物の形はその人や状況によって様々で、ゴマ粒状だったり、糸くず状、タバコを吹かしたときの輪っか状の煙のような形の場合もあります。

飛蚊症の症状

飛蚊症の症状は、単に浮遊物が目の前を飛んでいるように感じるというだけであるケースがほとんどです。治ったと思うと、また浮遊物が見えたり、と症状には波があります。ただし、痛みや視界が欠けるなどの症状が見られる場合は、早めに眼科を尋ねるようにしましょう。

飛蚊症の原因

眼球はその中にゼリー状の物質(硝子体)が詰まっています。若い間はこのゼリー状の物質の粘性が高く、濃い状態になっていますが、歳を取ることで粘性が低くなっていきサラサラとした液体状へと変化していきます。これを「離水」といいます。離水し始めると、眼球の中身、つまり硝子体が少しずつ縮んでいき、一部が眼球内部の膜(この膜を「網膜」といいます)から剥がれてしまいます。この剥がれた硝子体の影が視野に入ることで、糸くずや虫、黒い粒状の模様として見えるのです。つまり、飛蚊症の原因は、「膜から剥がれた硝子体」というわけです。

飛蚊症

「眼球の中身が剥がれたものが見えるの?」と思う人もいるかもしれません。私たちは外からの光を眼球表面で屈折させて、網膜へ映像を映し出すことで「見る」ということをしています。正常であれば網膜にくっついている硝子体が剥がれることで、その影が網膜へ映し出されて、外に見えているものの上にさらに硝子体の一部が映し出されるというわけです。

飛蚊症は完治することはない

飛蚊症は老化による硝子体の剥離が原因であるため、誰にでも起こる症状であるといえるでしょう。特に、近視が強い人の場合、若いうちであっても飛蚊症が起こることがあります。

飛蚊症は一度発症すると、完治することはありません。剥がれた硝子体は少しずつ移動していくため、発症してすぐは気になるかもしれませんが、時間が経つにつれて気にならなくなることがほとんどです。

「どうしても鬱陶しい!」という場合は、薬の服用や手術などを行うこともできますが、効果の程には非常に個人差があるため、まずはよく医師と相談しましょう。

気を付けておきたいこと

飛蚊症そのものだけでは、あまり心配する必要がない症状ですが、飛蚊症に連なって起こる可能性のある気をつけておきたい症状があります。

1つ目は、「網膜裂孔」です。硝子体の剥がれの程度は部分によって異なります。そのため、硝子体が接着している網膜が不均等な力で引っ張られてしまい、これによって網膜に小さな穴ができたり裂けたりすることがあります。これが網膜裂孔です。程度にもよりますが、硝子体が裂け目から出て行くと、網膜はく離が生じることがあります。

網膜はく離が生じると、視力が非常に低下することになります。一度、網膜が剥がれてしまうと、後の視力回復も困難です。手術による治療を行うことになりますが、完全な回復は難しいでしょう。

もう1つが「硝子体出血」です。これは、網膜と繋がっている血管が破れて硝子体の内部に出血する症状です。少量の出血の場合は、飛蚊症と同じような症状が出ます。時間の経過とともに飛蚊症のような症状は治まりますが、一度破れた血管は弱くなっているため、再発する可能性があります。大量に出血すると視力が急速に低下してしまいます。血糖値・血圧が高い人は特に出血を起こしやすいため、注意をしましょう。

まとめ

日常生活に支障が出ることは少ない飛蚊症ですが、重大な症状の初期段階である可能性もあります。特に、視野の一部が欠けて見えたり、歪んでいる様に見えたりした場合は、すぐに眼科専門医を受診しましょう。網膜はく離を起こしている可能性が高いと考えられます。

一度、飛蚊症であることを自覚したら、定期的に検査を受けて、網膜裂孔がないか、網膜剥離はないか、などを調べると良いでしょう。