コンタクトのコラム

ご存知ですか?ソフトコンタクトレンズ洗浄液の種類と特徴

ソフトコンタクトレンズを使用する上で欠かせないもの。それは毎日のケアに使う洗浄液です。コンタクトレンズユーザーであれば必ず使うことになるマストアイテムですが、この洗浄液にも洗浄・消毒方法によっていくつか種類があることをご存知でしょうか?

洗浄液にも種類によって特徴がありますので、その知識があれば使用しているコンタクトレンズのタイプやユーザーのライフスタイルなどに合わせて最適なものを選ぶことができます。

コンタクトレンズを購入したときにもらったもの、もしくは店頭に並んでいたものの中で一番安価なものを何となく使っている――。そんな方はこれを機にぜひ、洗浄液の種類とそれぞれの特徴を覚えてください。自分に合った洗浄液に変えてみたらなんと……今まで以上に視界がクリアに!こんなこともあるかもしれませんよ!

ソフトコンタクトレンズ洗浄液の種類と使い方

コンタクトグッズ

店頭にずらりと並ぶコンタクトレンズの洗浄液。一見、どれも同じような形・サイズに見えるため、中身もあまり大差がないと思われがちですが、ソフトコンタクトレンズの洗浄液には過酸化水素タイプ、MPSタイプ、煮沸消毒タイプの大きく三つの種類があります。

それでは次にそれぞれの洗浄方法と使い方を具体的に見てきましょう。

過酸化水素タイプ

過酸化水素タイプ……と聞いてもいまいちピンとこない方も多いかもしれませんが「洗浄液とかごのようなケースがセットになっているもの」と聞けば、コンタクトレンズケア用品売り場で一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。

この過酸化水素タイプの洗浄液は網状のかごのようなケースにコンタクトレンズを収納した後、過酸化水素水に浸すことで汚れを落とし、消毒するものです。過酸化水素が酸素と水に分解するときに発生する酸素を利用してレンズの洗浄・消毒をする仕組みになっています。その洗浄能力は非常に高く、アカントアメーバなど重い眼病の原因となる微生物や菌に高い効果を発揮します。

こすり洗いも不要なのでケア自体はとても簡単ですが、装用する前にレンズについた過酸化水素水を中和しなければなりません。中和のステップをうっかり忘れて装用すると激しくしみて、目にダメージを与えてしまうという欠点があります。

MPS

MPS(マルチパーパスソリューション)は食器洗い洗剤などに配合される界面活性剤を主成分とする洗浄液です。最大の特徴は洗浄から消毒、そして保存まですべて一本で済むこと。この手軽さからでしょうか、使用者は国内外問わず多く、最近ではコンビニエンスストアでも見かけるようになりました。

使い方はとても簡単で、レンズに洗浄液を数滴たらした後、指の腹で20~30回こすり洗いし、同じ洗浄液で十分すすいだ後、また同じ洗浄液にレンズを浸して数時間待つだけです。

ですが、そうしたメリットの一方、洗浄力がそこまで強くないので毎日こすり洗いをしっかり行う必要があり、このステップが面倒だと思う方には向いていない洗浄液だと言えます。

煮沸消毒

「煮沸」という言葉に懐かしさを感じる方もいるかもしれませんね。90年代前半くらいまではコンタクトレンズを専用の洗浄液でこすり洗いした後、保存液に浸したレンズを煮沸器で消毒するケア方法が主流でした。

煮沸するのでレンズやケースを消毒する効果は非常に高い一方、熱でレンズが変形・劣化させてしまう可能性があることがデメリットです。

自分にぴったりの洗浄液チョイスを!

以上三つがソフトコンタクトレンズ用洗浄液の種類ですが、現在皆さんが使用している洗浄液はどのタイプに該当するでしょうか?それぞれの種類に長所・短所がありますから、使っているレンズの性質やライフスタイル、環境などに合わせて、自分にぴったりの洗浄液を見つけてください!

参考にさせていただいたページ

ソフトコンタクトレンズのケア用品の選び方を学ぼう
レンズケア用品の種類と特徴 – レンズケア | アイアカデミー
日本コンタクトレンズ学会
13.MPS(マルチパーパス・ソリューション)-その長所と短所 | 公益社団法人日本眼科医会
PHMBの抗菌活性に与えるイオン性物質や界面活性剤の影響
過酸化水素消毒システム | クーパービジョン
クリアケア トレビア! – K’sコンタクト
コンタクトレンズのケア方法 | SEED