目のコラム 目の歴史と未来

アラフォー世代は要注意!その疲れ目は老眼のサインかも?

近頃小さな文字がかすんでよく見えない。スマートフォンの画面を長時間見ていられない。こんな症状に悩んでいるアラフォー世代の人は、「疲れ目」だと思って症状を放置していませんか?

今まで見えていたものが見えない、ピントが合わない、目が疲れやすいといった症状は、もしかすると「老眼」のサインかもしれません。思い当たる節がある人もそうでない人も、誰もが加齢と共に起こりうる老眼の仕組みと対策をチェックしておきましょう。

老眼とは?

そもそも老眼とはなにか、具体的に知っていますか?ぼんやりと老眼と聞く機会はあっても、仕組みまで知っている人は実は少ないですよね。目にはカメラのレンズのような働きをしている「水晶体」があり、近くと遠くを見るときには水晶体がピントを調節してくれているため鮮明に物が見えています。

老眼とは、この水晶体の調節機能が衰えてしまうことによって、近くの物や手元の本の文字などが見えづらくなることを言います。老化した眼と書いて老眼と読むので、高齢の人がなるイメージが強いかもしれませんが、早い人であれば30代半ばから症状を感じる人もいます。

老眼の仕組み

老眼の予防法・アンチエイジング法

いつまでも健康で若々しくいたいと誰もが願うのと同じく、目の若さも保ち続けたいもの。老眼にならないよう予防したり、今以上に進行させないようにアンチエイジングをすることで、目の若さをキープできます。ここでは、主な予防法とアンチエイジング法を紹介するので、症状が気になる人はチェックしましょう。

サングラスで老眼を予防

外出時は必ず紫外線カットのサングラスをかけることで、老眼を予防したり、老眼をケアすることができます。サングラスで視界の色が変わるのが気にかかるという場合は、紫外線カット加工されたメガネでも構いません。紫外線は目にダメージを与えて老眼を進行させるだけでなく、白内障や加齢黄斑変性を引き起こしてしまう原因になるとされています。目の健康のために、日焼け止め感覚でサングラスを愛用しましょう。

血行をよくする

ホットタオル

日頃から、目元周りの血行をよくしておくことも老眼ケアの一環になります。ホットタオルや蒸気タイプのホットアイマスクなどを使って血行を促進させると、目の周囲の筋肉のこりがほぐれて水晶体に無駄な力がかからなくなります。

サプリメントを摂る

目にいい成分を含んだ食べ物というもありますが、仕事が忙しくて時間がないという人は、気軽に摂取できるサプリメントで目を労わるのがおすすめです。例えば目の水晶体にも存在する物質である「ルテインサプリ」は、強い抗酸化作用があります。体を錆びさせてしまう悪者である活性酵素の発生を抑えたり、既に受けてしまったダメージの修復をサポートしてくれます。

ルテインサプリの中でも、目の疲れをやわらげてくれるビタミンB1とビタミンCが同時に含まれているタイプを選ぶとより効果的です。

老眼に効くツボ押し

休憩時間や通勤時間など、ちょっとの隙間時間にできる老眼アイチエイジングといえば「ツボ押し」。古くから東洋医学で効果があるとされてきたツボ押しを継続して、目への疲労を和らげてあげましょう。ツボは全身にあるものですが、その中でもどこでも気軽にできる手のひらのツボ押しがおすすめです。

まずは小指の付け根にある老眼点(ろうがんてん)。名前の通り、老眼の症状を改善させるツボとされています。小指の付け根のシワの丁度中央辺りを、気持ち良いと感じる程度の力で押しましょう。

老眼点

次に魚際(ぎょさい)。親指の下にあるふくらみの左下あたり、手のひらと手の甲のギリギリらへんに位置するツボです。老眼点と違い少し範囲が広いので、魚際を押すときは少しずつ位置をずらすようなイメージで押していきましょう。

2018年最新の老眼対策

自分でできる範囲の予防やアンチエイジングも大切ですが、近年では老眼への対策もどんどん進化してきています。知らないと損をする、最新の老眼対策についても詳しくまとめました。

見栄えが良くなっている

老眼の症状を自覚しているにもかかわらず、老眼鏡を作らない人は意外にも多いもの。元々メガネを着けたことがない人は、メガネによって顔の印象が変化することを極端に嫌がる傾向が高いためです。今までの老眼鏡はカーブが強く分厚いイメージがありましたが、最近では見栄えをよくしてくれる「内面非球面タイプ」や、好みのフレームに合わせて自由にカスタマイズできる「カスタムレンズ」などが登場しています。

従来はカーブが強い「球面レンズ」、周辺部のぼやけやゆがみを少なくした「外面非球面」タイプしかなかったが、現在ではフレームカーブに合わせることができ、見栄えを良くする「内面非球面」タイプ、フレームの形状に合わせて設計することで見え方の質を良くする「カスタムレンズ」など選択肢が広がっている。さらにコーティングも昔からある傷防止のコーティングだけでなく、近年人気のPCからのブルーライトをカットする加工を選べるようになっている。

引用:日経トレンディネット

物が見えにくい状態を放置してしまうと、日常生活に支障をきたすだけでなく、眼精疲労によって見えにくさが進行してしまうことも。見栄えがよくなった老眼レンズを活用して、視界も見た目も良好にしましょう。近い将来さらに技術が進めば、老眼鏡のイメージを大きくくつがえすような新しいレンズが開発されるかもしれません。

老眼の治療薬

結膜炎や風邪を治す薬はあっても、老眼を治す薬はない。今まではそれが当たり前でしたが、現在アメリカでは老眼治療薬の開発が進められているとのこと。

薬の効果は、目の水晶体を柔らかくする薬と、毛様体筋の機能をスムーズにすることで目を改善させる薬の2種類。

なんとすでに実際の臨床試験の段階まで進んでいるため、日本で使用できる日も近いかもしれません。

参考:医学博士語る「老眼治療薬」の将来、米国ではすでに臨床試験も | 女性自身

遠近両用コンタクトレンズ

老眼を救う遠近両用コンタクトレンズと題して、老眼症状に悩む人にコンタクトレンズを推奨しているのが、梶田眼科院長である梶田雅義氏です。

老眼用の遠近両用メガネもありますが、コンタクトレンズならフレームが邪魔にならず、視界を広く確保できるという点。また、使い捨てタイプなら気軽に試せるという点を老眼で悩む人におすすめしています。

遠近両用のコンタクトレンズなら力を入れなくても近距離の対象物がよく見えるようになるので、30代で眼精疲労に悩んでいる人にピッタリです。

まとめ

ただの疲れ目だと思って放置しているその症状、老眼のサインではありませんでしたか?今や老眼は、メガネやコンタクトレンズ、そして最新医療で改善できるものです。症状に気が付いたら、我慢せずに眼科や眼鏡屋で検査をうけてください。

さらに日常生活内で食べ物やサプリメントを摂取したり、紫外線を避けることで症状を改善、または遅らせられることもできるでしょう。まさか自分が……と現実から目を逸らさずに、出来るだけ早めに対策や予防策をとることが大切です。