*

森林浴、知られざる目への効果とは?【連休のお出かけに】

最終更新日:2018/06/28

健康に良い手軽なアクティビティとして、いま大人気の森林浴。

森林浴はもともと、日本で生まれた慣習です。1982年、当時の林野庁が「森を活用して、もっと健康になろう」と国民に呼びかけたのがきっかけ。

今では、海外でも「Shinrin-yoku」という言葉がそのまま通じるほどメジャーになりました。さて、海水を浴びるのが海水浴、日の光を浴びるのが日光浴なら、私たちは森の中で、何を「浴びて」いるのでしょうか?森林浴がなぜ健康に良いとされるのか、そして眼にどのようなメリットがあるのかをお伝えします。

森林浴がもたらす眼へのメリット

筋肉の緊張をほぐして疲れをとる

会社では長時間のデスクワーク、家に帰ってもテレビやスマホ。現代社会に生きる私たちは、とかく眼の焦点が近くに固定されがちです。

人は、近くのものを見るとき、目の位置を内側へ寄せて、ピントを合わせています。眼の筋肉を常に緊張させていますから、疲れや肩こりを感じるのは当然。

遠くを見るときの眼球はというと、ほぼ平行に前をむいた、ごく自然な状態です。森の散策では、焦点は自然と遠くになりますから、眼の筋肉の緊張がほぐれ、疲れがとれます。

緑のカラーでリラックスする

緑色は、可視光線の中でもっとも感じ取りやすい波長の光。人の網膜に負担をかけないので、長く見ていても疲れにくい色です。

また、カラーセラピーの面から見ても、緑は、バランスと調和・平静・安心の色。森の中にあふれる緑色をながめることで、眼はもちろん、からだ全体をリラックスさせることができます。

フィトンチッドで自律神経の乱れを正す

林野庁は、森林が発する「殺菌力をもつ独特の芳香」が健康に良いと言っています。

この芳香とは、フィトンチッドのこと。植物が傷ついた時に、周りに拡散される揮発成分で、森の中にたくさん漂っています。

人がフィトンチッドを吸入すると、爽快感が得られ、自律神経が安定。過剰なストレスや昼夜逆転の生活、パソコンやスマホのブルーライトなどで乱れがちな、現代人の自律神経を、森林浴でリフレッシュすることができるのです。

おすすめ森林浴スポット

赤沢自然休養林(長野県木曽郡上松町 小川入国有林)

日本三大美林のひとつ。主な植生は、木曽ヒノキなどの針葉樹です。

t.aokiさん(@takayoshi_ao)がシェアした投稿

1982年から、森林浴イベントを定期開催。「森林浴発祥の地」といわれています。脚力に応じて、散策コースを選べるのが嬉しいところ。

車いすも通行可能な「ふれあいの道」(往復2.8キロ)があったり、引退した木曽森林鉄道が園内を走っていたりと、ご家族みんなで楽しめるスポットです。

高尾山(東京都八王子市高尾町)

🗻. . #高尾山

n a n a k o.uさん(@nanako.u0820)がシェアした投稿 –

東京都内で気軽に森林浴を楽しめるスポットといえば高尾山。

ふもとから歩いても1時間半ほどですが、中腹までケーブルカーやリフトを使うこともできます。桜の季節や紅葉の頃など、四季折々の美しい景色が魅力。山頂からは富士山も眺められます。

西沢渓谷(山梨県山梨市三富川浦)

ken2_shimizuさん(@pinokey_8877)がシェアした投稿

初心者でも楽しめるハイキングコース。とはいっても、1周10キロ、約4時間。

濡れた岩場や急な斜面もありますので、じゅうぶんに装備を整えて臨みたいところです。

コバルトブルーの水面が美しい、七ツ釜五段の滝は必見。渓流に沿ったコースなので、マイナスイオンもたっぷり浴びることができます。

函館山(北海道函館市元町)

ai_ai_/さん(@yoda066_ai)がシェアした投稿

北海道の有名な観光スポットである函館山。いろいろなアクセスの手段がありますが、徒歩で頂上を目指すこともできます。

傾斜の緩やかな坂道を、1時間ほど登れば到着。ふもとの繁華な港町から、霧におおわれた深い杉の森、そして頂上からの絶景と、短時間でいろいろな景色が楽しめるのが特徴です。

屋久島自然休養林(鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦)

樹齢1000年以上の屋久杉や、「もののけ姫」の舞台となった原始林が見られます。雨の多い屋久島、大杉も照葉樹もすべてが苔に覆われてしっとりとした森の空気。

他のスポットとは一線を画す、ディープな森林浴ができそうですね。

まとめ

近所の公園散策から孤島の秘境探検まで、いろいろな環境で楽しめるのが、森林浴の良いところ。あなたなりの方法で、森の優しさと力強さに触れてみてください。10月11月だと、紅葉スポットは非常に混み合いますから、9月のシルバーウィークが狙い目かもしれませんね。

ライタープロフィール

forと申します。月1で眼科のスタッフとしても勤務していたため、現場での検査やCLの度数決定の経験も積んでいます。
   

この記事もよく読まれています

目にご利益があるお寺・神社【首都圏編】仕事帰りや週末におすすめ!

なんだか目の調子が悪い いつまで建っても眼病が治らない 診察に行ったり、治療を行なっ

記事を読む

天体観測に適した季節って?観測できる星座や流星群、おすすめスポットも

天体観測の醍醐味は、夜空に浮かぶ星をゆったりと眺める非日常の経験をできるという点です。綺麗な星を見る

記事を読む

トルコ土産の定番!『ナザール・ボンジュウ』って?

「ナザール・ボンジュウ」という言葉を聞いたことがありますか? ナザール・ボンジュウはあまり日本

記事を読む

【栄養満点】魚の目玉は栄養の豊富!好き嫌いせず残さず食べよう

みなさんは魚をいただくとき、目玉はどうしていますか? 「気持ち悪いからと残している」という人も

記事を読む

目の健康にご利益のある神社とは?~パワースポットへ足を運ぼう~

あなたは目の健康にご利益のある神社があることを知っていますか?神社には初詣や合格祈願などでお世話にな

記事を読む

目の健康祈願!目にまつわる神様まとめ【中国地方編】

みなさんは目の健康に気を使っていますか? スマホ、PC、テレビと、どんどん便利になっていく一方

記事を読む

猪目とは?猪目の意味から猪目窓、猪目が見られる神社をご紹介【写真あり】

愛情や好意のシンボルでもあるハートマーク。トランプのマークやメールなどで使う絵文字でもよく見かけるマ

記事を読む

晴れた夜には夜空を見よう!天体観測のススメ

夜空に広がる満面の星は、その美しさから見る人を惹きつけてやみません。ひとつひとつの星が輝く様は、まさ

記事を読む

点描画の魅力とは?美しい点描画の世界に触れてみよう【画像あり】

ジョルジュ・スーラという19世紀のフランスの画家を知っていますか?名前は思い浮かばなくても、点だけで

記事を読む

【おすすめ8選】目の疲れや病気に効くおすすめの温泉

この記事を開いてくださった読者の皆さんは、きっと温泉好きなことでしょう。筆者も、”全市町村に必ず温泉

記事を読む

   
目薬の歴史に迫る!~知られざる意外なルーツ~

目薬にはどんな歴史があるんだろう…?そんな風に思ったことはありませんか

目の健康にご利益のある神社とは?~パワースポットへ足を運ぼう~

あなたは目の健康にご利益のある神社があることを知っていますか?神社には

目に優しいモニターは?モニターの仕組みと光について

デスクワークを行ったり、DVDや動画を見たり、ゲームをしたり…PCやス

白目が濁る?濁りを解消する方法を紹介!

自分ではなかなか気がつきにくい部分ですが、眼球の白目の部分が濁っている

今日からできる、三重まぶたの解消法とは?【老化のサイン】

いつもは二重まぶたなのに、朝起きたら三重まぶたになっていた…な

→もっと見る

PAGE TOP ↑