*

頭痛を伴わない閃輝暗点の特徴と見極め方【症状の継続時間が重要】

最終更新日:2018/06/28

頭痛の前兆としてよく知られている閃輝暗点ですが、頭痛を伴わない閃輝暗点があることをご存知でしょうか?

頭痛をともなわない閃輝暗点は特に日常生活に問題がないものも多いのですが、なかには重大な病気のサインであるケースもあります。そこで今回は、頭痛をともなわない閃輝暗点の特徴と安全か否かの見極め方、そして気をつけるべき重大な病気についてまとめました。閃輝暗点に不安を感じている方は、ぜひ参考にしてください。

閃輝暗点とは?

閃輝暗点は、突然視野に光があらわれたり、部分的に見づらい部分が生じたりする症状です。具体的には、左右どちらかの視野に突然チカチカ・キラキラした光があらわれて広がっていき、ギザギザした光がうずまき状に拡大、と同時に、見ようとしている中心部分が暗くなったり歪んだりして見づらくなります。

ときには、視野の片側が全く見えなくなることすらあります。

去年から出ている症状。 . ●閃輝暗点(せんきあんてん)● 片頭痛の前兆症状。 . ノコギリのようなキラキラしたものが どんどん視界の中で大きくなって、眩しくて 目をつぶっても現象は変わらない。 20〜30分程で消える。 症状が安定したら、頭が割れてしまいそうな 激しい片頭痛が3〜4時間続き 強烈な吐き気・嘔吐などを伴う。 . 今は、視界がおかしくなった時点で 痛み止めを飲んでるけど それでも耐えるのがちょっとキツイ頭痛。 . インスタで、このハッシュタグで調べると 同じ症状で苦しんでる人もいて 私もアップする事にしました。 . 何をしたら治るのか、いつ症状が あらわれるか分からない恐怖。 視界が欠ける恐怖。 痛みの恐怖。 . 治せるのか分からないけど、色々と試してみよう❗️ . #閃輝暗点 #せんきあんてん #偏頭痛 #片頭痛 #頭痛

akiさん(@aki_1132)がシェアした投稿 –

視野にあらわれる光はノコギリの歯のような光として感じることもありますし、ガラスの破片のように感じる場合もあります。その他、水面に光が反射している感じ、と表現されることもあります。光は広がりながら回転しているように感じることもあり、多くは数十分程度症状が続いた後、視界の外へと消えていきます。

そして閃輝暗点で見える光は、眼を閉じても見えることが特徴です。

閃輝暗点の症状

閃輝暗点は片頭痛をともなうことが多いと言われています。片頭痛の症状は個人差が大きく、頭が重い、という程度で済むこともあれば、痛みが激しくて冷や汗やめまい、吐き気・嘔吐といった症状があらわれることもあります。このような片頭痛をともなう閃輝暗点の持続時間は、5分からどんなに長くても1時間程度であることが多いようです。

一方で、頭痛をともなわない閃輝暗点もあります。国際的な頭痛分類でも「典型的前兆のみで頭痛をともなわないもの」として分類されており、典型的前兆(閃輝暗点など)のみで頭痛をまったく経験しない人もいるようです。

このような場合、閃輝暗点は数十分程度で治まります。しかし、頭痛をともなわなくても閃輝暗点が1時間以上続く場合には注意が必要です。長時間続く閃輝暗点は、脳梗塞など重篤な病気が原因で生じている可能性があるからです。

閃輝暗点の原因

閃輝暗点は視覚に異常を感じるために目の病気だと思われがちですが、実は脳内の血流異常で生じる病気です。脳の視覚野(眼から送られて来た情報を処理する部分)の血流が何らかの理由で悪化すると、眼から送られてきた情報を上手に処理できなくなり、見えないはずの光を感じるようになります。これが閃輝暗点です。

その後、悪化した血流を改善するために血管が大きく拡張すると、まわりの神経を刺激して頭痛(片頭痛)が生じます。脳梗塞などで脳内の血流異常が継続すると閃輝暗点も持続することになりますし、頭痛が生じないケースもあります(頭痛が生じることもあります)。

そのため、閃輝暗点が長時間続く場合には、速やかに医療機関を受診する必要があります。

閃輝暗点の治療法

残念ながら、閃輝暗点そのものに対する治療法は確立していません。

しかし、閃輝暗点があらわれている時に医療機関から処方される片頭痛専用の頓服薬を早めに服用すれば、症状が和らぐこともあります。脳内の血流を改善する薬や漢方薬を毎日飲むことで、閃輝暗点を治療することもあります。

また、カルシウムや亜鉛などのサプリメントが効果的であるという報告もあります。その他、規則正しい生活をして疲れをためないことや、栄養バランスの良い食事をとることも大切です。

閃輝暗転が引き起こす重大な病気

閃輝暗点やそれにともなう頭痛はつらいものですが、命の危険に関わるものではありません。

しかし、前述のように閃輝暗点が長時間続く場合には脳の病気-脳血栓・脳梗塞・脳腫瘍など-が隠れている可能性があります。

特に、40歳を過ぎて初めて閃輝暗点を経験し、持続時間が1時間以上と長い場合などには専門医を受診して詳しい検査をしてもらうことをおすすめします。

まとめ

目がチカチカしたり視野が暗くなったりする閃輝暗点は不快なものですが、脳の状態を私たちに教えてくれる貴重なサインともいえます。長時間続く閃輝暗点は、脳の病気を知らせるサインかもしれません。

「どうせいつもの頭痛の前兆だから…」と軽視せず、持続時間が長い場合には早めに専門医を受診しましょう。

ライタープロフィール

JZKと申します。調剤薬局薬剤師として10年以上の経験があります。これまで病気に関する記事や薬剤師の転職の記事を執筆してきました。
   

この記事もよく読まれています

眼底出血は病気を知らせる重要なサイン?もととなる病気を解説

皆さんは、「眼底出血」という病名を聞いたことはありますか?この「眼底出血」は、治療が遅れると、失明す

記事を読む

【中心性漿液性脈絡網膜症】視力が悪くなったり、視界が歪む?

日々の生活で視力が悪くなったと感じたり、視界が歪んだりすることはありませんか?これらの症状になった際

記事を読む

謎の病、宇宙病とは?

宇宙に行くこと。それは夢のあることですよね。 これまで多くの宇宙飛行士が、宇宙へと飛び立ちまし

記事を読む

【黄斑上膜とは?】物がゆがんで見えたら注意!黄斑上膜について

なんだか視界が歪んで見える… 文字や物体がゆがんで見えるのは、黄斑上膜とよばれる病気のせいかも

記事を読む

黒目の病気と症状【翼状片・結膜弛緩症・結膜下出血】

人はモノを見るときに、黒目、いわゆる角膜から入った光を屈折させて網膜に焦点を結ぶことではっきりとモノ

記事を読む

白目がゼリーに?『結膜浮腫』とは?

白目がぶよぶよとゼリー状に腫れて水ぶくれのようになる「結膜浮腫」、子どもに多い症状ですが、大人にも見

記事を読む

強度近視

【強度近視とは?】強度近視の対処法、一般的な近視との違いについて

現代では日本人の約6割が、遠くのものが見えづらくなる「近視」だと言われています。そして、その近視の中

記事を読む

目が真っ赤に?結膜炎とその予防方法について

目が真っ赤になって視界がかすみ、見た目にも良くない目の充血。かゆみが出て、え?なんだか白目がとろけて

記事を読む

no image

バセドウ病と目の病気

バセドウ病とは、甲状腺のホルモンが過剰に作られてしまう、甲状腺機能亢進症の病気です。このページでは、

記事を読む

【まとめ】遺伝でなりやすい目の病気とは?

目の病気はさまざまありますが、その中でも遺伝によってなりやすいものがあります。特に遺伝でなりやすい目

記事を読む

   
目薬の歴史に迫る!~知られざる意外なルーツ~

目薬にはどんな歴史があるんだろう…?そんな風に思ったことはありませんか

目の健康にご利益のある神社とは?~パワースポットへ足を運ぼう~

あなたは目の健康にご利益のある神社があることを知っていますか?神社には

目に優しいモニターは?モニターの仕組みと光について

デスクワークを行ったり、DVDや動画を見たり、ゲームをしたり…PCやス

白目が濁る?濁りを解消する方法を紹介!

自分ではなかなか気がつきにくい部分ですが、眼球の白目の部分が濁っている

今日からできる、三重まぶたの解消法とは?【老化のサイン】

いつもは二重まぶたなのに、朝起きたら三重まぶたになっていた…な

→もっと見る

PAGE TOP ↑