目の病気

【網膜円孔とは】網膜に穴が開く?

近視が強い人や中高年の人に多く見受けられる「網膜円孔」という病気をご存知でしょうか?網膜円孔は網膜に穴が開いてしまう病気なのですが、放っておくと網膜剥離へと進み、最悪の場合には失明してしまうこともあります。今回は、網膜円孔の原因や症状のほか、検査や治療についてわかりやすく解説します。

網膜とは?

まず、網膜について解説します。

網膜とは、眼底(眼の奥)一面に広がっている厚さ0.2mm程度の薄い透明な膜で、眼球をカメラに例えるとフィルムの役割を果たす部分です。網膜には、光や色などを感じ取る神経細胞があります。神経細胞が受け取った光などの情報は電気信号に変換され、視神経を通じて脳へと伝達されます。

このようにして初めて私たちは「モノを見る」ことができるのです。

網膜円孔とは

網膜円孔とは、網膜に丸い穴が開く病気です。

網膜円孔

網膜に穴が開いてしまう原因はいくつかありますが、一度開いた穴が自然にふさがることはありません。網膜に穴が開くと、眼球内の水分が穴を通って網膜の下に入りこんでしまいます。すると、網膜が眼球の壁からはがれてしまい、網膜剥離となることがあります。

網膜剥離を放置すると剥離範囲が徐々に拡大していきますが、穴が大きいと剥離が急激に進み、すべての網膜がはがれてしまうこともあります。はがれた網膜は光などの情報を脳に伝えることができなくなりますし、栄養状態も悪くなります。そのため網膜剥離の状態が長く続くと、手術を行っても「なかなか見えるようにならない」などといった後遺症が生じる可能性があります。

これらのことから、網膜剥離の原因となる網膜円孔などに気がついたら、早急に眼科を受診して治療を受けることが大切です。

網膜円孔の原因

網膜円孔は、網膜に弱い部分がある場合や加齢などさまざまな原因で生じます。これから網膜円孔の原因をいくつか挙げていきますが、原因がいずれであっても網膜円孔は網膜剥離の原因となります。また、網膜円孔が発見された時には、穴のまわりの網膜に剥離が生じ始めている場合がほとんどです。

原因1.加齢に伴う網膜円孔

眼球の内部は硝子体というゼリー状の物質で満たされているのですが、年齢とともに硝子体の性状が液体に変化し、硝子体の容積が減ってきます。硝子体の容積が減少すると、硝子体と網膜の後方部分が離れる「後部硝子体剥離」と呼ばれる症状が起こります。後部硝子体剥離は、加齢にともない誰にでも生じる生理的な現象です。

しかし硝子体と網膜が離れる時に、網膜の弱くなっている部分や硝子体と網膜の癒着が強い部分が、キズついてさけてしまったり、穴(網膜円孔)が開いてしまったりすることがあります。硝子体の容積が減って後部硝子体剥離が生じるのは40~50歳以降なので、中高年以降は網膜円孔に注意が必要です。

強い近視の人は後部硝子体剥離が早期に起こることが知られているので、特に注意が必要です。

原因2.強い近視が原因で生じる網膜円孔

一般的に近視といわれているのは、「軸性近視」のことです。軸性近視とは、眼の奥行きが伸びて長くなってしまった近視のことです。眼の奥行きが長くなると、眼球が引き伸ばされて視神経や網膜に負担がかかります。

特に網膜は、眼が長くなり引っ張られると、薄く弱い部分ができてしまうことがあります。この網膜の薄く弱い部分に、網膜円孔が生じることがあります。このタイプの網膜円孔は、比較的若い年齢で多くみられることが知られています。

原因3.網膜に弱い部分があるために生じる網膜円孔

「網膜格子状変性」という網膜の周辺部に網膜の薄い部分ができる病気が原因で、網膜に穴が開くこともあります。

ここでは、わかりやすいように網膜を布に例えます。布は弱くなってくるとその部分が薄くなり、繊維がだんだん見えてきます。網膜も同じように、弱くなった部分は薄くなり、格子戸によく似た形の繊維のようなものが見えてきます。これを網膜格子状変性と呼びます。

網膜格子状変性は生まれつきあるものではなく、小児期~青年期にかけて徐々につくられていきます。網膜格子状変性は全人口の5~6%の人にあり、約半数が両眼に発生するといわれています。

そして近視の人では10%、強い近視の人では20%の頻度で網膜格子状変性が発生するといわれています。

原因4.生まれつきの網膜円孔

その他、先天的に小さい範囲で網膜に弱い部分があると、網膜円孔が生じることがあります。

網膜円孔の症状

網膜円孔の症状としては、「飛蚊症」や「光視症」がよくみられます。飛蚊症や光視症は、加齢や近視が原因で生じる硝子体混濁(本来透明である硝子体に濁りが生じる症状)でも生じるので判別しづらいのですが、眼の見え方や見える範囲、視力が急激に変化した場合には注意が必要です。

飛蚊症

白い壁や晴れた日の空など明るいものを見た時に、黒い点や虫のようなものが飛んでいるように見えたり、雲のようなものが浮いて見えたりする症状です。黒い点や雲のようなものは視線を動かすと一緒に移動し、まばたきをしたり目をこすったりしても消えることはありません。しかし、暗いところではあまり見えません。

飛蚊症

飛蚊症は、主に硝子体の濁りが網膜にうつることが原因で生じます。加齢など生理的な理由で生じることもありますが、黒い点のようなものが急激に増えたり、視野が欠けたり視力が急激に低下したりする場合には、網膜剥離の可能性もあります。

飛蚊症について詳しく知りたい方はこちら

光視症

光視症とは、光があたっていないのに視野の中心や隅に光が見えたり、光の点滅を感じたり、暗い部屋で稲妻のような光が突然見える症状です。

光視症

光視症は、硝子体の動きによって網膜が刺激を受けることで発生します。例えば、後部硝子体剥離によって硝子体と癒着している網膜が引っ張られると、生じることがあります。

一方で、硝子体と網膜の癒着が解消されると、この光は見えなくなります。光視症もまた網膜円孔でみられることのある症状のひとつですが、網膜剥離の前兆である可能性もあります。

ちなみに、光視症は過労や睡眠不足で生じることもあります。そして脳血管障害がある場合にも生じることがあります。

そのため、光視症があらわれた場合には医療機関を受診する必要があります。

光視症について詳しく知りたい方はこちら

網膜円孔の検査方法

網膜円孔の検査では、まず視力検査を行い、その後くわしい眼底(眼の奥)の検査をします。

眼底検査

眼の奥にある網膜の状態を、眼底鏡という器具を使って調べる検査です。眼底検査の前には、瞳を大きく開く働きのある目薬をさします。この目薬を使うと眼の中により多くの光が入るので、眼の奥の端まで検査することができます。

ただし、まぶしさを感じたりピント調節がうまくいかなくなるので、車の運転などはしばらくの間できなくなります。一般的に3~6時間程度、まぶしい状態が続きます。眼底検査では、網膜の裂け目や穴の様子、網膜剥離の有無、網膜剥離がある場合はその範囲や程度、硝子体の状態などがわかります。

OCT検査

OCT検査(Optical Coherence Tomography:光干渉断層計)は、眼の奥に近赤外線を当てて網膜の断面を調べることのできる検査です。従来の眼底検査では網膜を平面的にしかとらえることができなかったのですが、OCT検査では網膜のむくみ具合や出血の範囲・深さ、視神経の状態まで知ることができます。

検査にかかる時間は5~10分程度です。検査は、機械のあご台にあごをのせ、表示された機械の点をじっと見つめて眼を動かさないでいるだけです。

OCT検査は、網膜の病気のほか緑内障などの診断にも有用です。しかし非常に新しい検査方法なので、OCT検査を導入している施設はいまだ限られています。

網膜円孔の治療方法

網膜円孔はただちに網膜剥離に進展しないことも多いため、場合によっては経過観察となることもあります。一方で、症状によっては早急に治療が必要と判断される場合もあります。網膜円孔の治療方法はいくつかありますが、網膜円孔があっても網膜が剥離していなければ、穴のまわりを固めて病気の進行をおさえる治療を行います。

治療方法としては、レーザーを使う方法や冷凍凝固(眼球の外側から治療する部分をピンポイントでマイナス60度に冷やす方法)がありますが、ここでは比較的よく行われるレーザー治療の方法について解説します。

レーザー治療の方法

治療の前に、まず麻酔成分の入っている目薬をさします。その後、レーザー治療用のコンタクトレンズをつけて症状に応じてレーザーを照射します。網膜円孔の場合、レーザーは穴のまわりに数十~数百カ所当てます。そして、網膜をいわば「溶接」して病気の進行をおさえます。レーザーを当てる時間は1発につき0.5秒くらいです。

このように穴のまわりを固めることで穴の範囲が広がったりしないようにすることができますし、穴から水分が網膜の下に入り込んでしまわないようにすることができるので、網膜剥離への進行をおさえることができます。レーザー治療時にチクチクとした痛みを感じることもありますが、1回の治療は10分程度で終わることが多いです。多くの場合、入院は必要ありません。コンタクトレンズは、次の日くらいから装着できます。

なお、症状に応じて後日レーザー治療を追加で行うこともあります。治療後は眼の症状が落ち着くまで、眼を強くこすったり、おさえたり、運動したりすることは避けなければなりません。運動再開の時期は、経過観察時に医師から指示があることが多いです。

網膜円孔に対するレーザー治療により、9割以上は網膜剥離の発生を防ぐことができます。しかし、レーザー治療を行っても網膜剥離が発生することがあり、場合によっては手術が必要となるケースもあります。