コンタクトのコラム

カラコンで目指せイメチェン!自分に合うのはどれ?

顔の印象を一気に変えてくれるカラコン。おしゃれのためにぜひとも活用していきたいものですが、「どんなものがご自分に合っているのかわからない!」という悩みもありますよね。合わないものを使ってかえって不自然に見えてしまうこともあるので、選び方には慎重でありたいものです。

そこで今回は、カラコンについての基礎知識や種類、選び方についてお話ししていきます!イメチェンの成功率を上げるためにも、ぜひこの記事をお役立てくださいね!

DIA値と着色直径についてまず知っておこう!

カラコンを始める前にまず知っておきたいポイントと言えば、DIA値と着色直径です。

DIA値とは、レンズの直径を意味する

DIA

レンズの直径を表すものがDIA値は、使い捨てのソフトコンタクトレンズを買うとき、商品の箱に必ず記載されています。

ソフトレンズでは縦14.0mm~横14.2mmと瞳より大きく作られていることが多く、ハードレンズは実際の黒目より小さく、縦8.8mm~横9.0mmのサイズが多いです。日本人の黒目の平均直径は縦11.0mm~横12.0mmなので、それより大きいものを選べば黒目が大きく見える・・・ということになります。

DIAの値が大きいほど黒目が大きく見えるので、目元の印象を強くしたいのなら大きめを選ぶのがGOOD。ただしあまりに大きすぎるものを選ぶとオーバーに見えてしまうことも!後で詳しく説明しますが、ご自分の瞳の黄金比率をチェックしてから大きさを選びましょう!

着色直径で印象が変わる!

DIAと同じように着色直径も、レンズ選びには大事なポイントです。「レンズに色がつく部分」の着色直径は人によって合うものが違いますし、目の印象を大きく変えてしまうので、ここで種類を確認しておきましょう。

ちなみに商品の箱に記載されている直径とカラコンの着色を意味する着色直径は微妙に違い、着色直径は直径よりも小さくなります。

13.5~14.0

直径にすると14.5~15.0ほど。実際につけると、黒目がかなり大きい印象になります。目が大きい方にはおすすめです。

13.3~13.5

直径では14.0~14.5ほどになり、こちらも黒目を大きく見せます。ちょうどよいくらいにアイメイクを強調したいときにGOOD。

13.0~13.3

大きすぎず小さすぎず、ちょうどいいくらいのサイズです。「コンタクトレンズをつけたいけれど、まわりにばれたくない」という場合には、このサイズがいいでしょう。

13.0以下

眼科などで販売されているコンタクトレンズに多い着色直径です。ほとんど裸眼と変わらない仕上がりの、自然なイメージが特徴的。

目が大きい方は大きめを、小さい方は小さめを選ぶのがベスト。それに加えてTPOも意識しながら、合っているものを選んでいきたいですね!

黄金比率について

これまでDIA値や着色直径についてお話ししてきましたが、「実際にどのサイズを選んだらいいのかわからない・・・」という感じがありますよね。適切なサイズを知るためには、まずはご自分の目の黄金比率を知っておくことが大事。これさえわかればどのレンズを選ぶべきかがわかります!

瞳の黄金比率で印象アップ!

やり過ぎない感じを出しつつ目ヂカラをアップさせるコツは、瞳の黄金比率を知ってからカラコンを選ぶこと。一般的に、瞳の黄金比率は「白目:黒目:白目」の割合が「1:2:1」だとされていて、日本人の多くは「1:1.5:1」であるパターンが多いです。

瞳の黄金比率

つまり、ご自分の瞳のサイズを調べて0.5プラスすると、ちょうどいいカラコンを選べるようになります!

黄金比率を知ってからカラコンを選ぼう!

黄金比率をはかるポイントとしては、「目頭から目尻までの長さを測って黄金比率で割る」という方法があります。鏡と定規を使ってはかる方法ですね。

例えば、目頭から目尻まで32㎜なら、黄金比率は「8:16:8」。真ん中の数値「16」が、この場合に最適な着色直径になります。

ご自分ではかるのが難しい場合は、アプリを使ってみることをおすすめします。例えば写真を撮ってアプリに送ると実物サイズを教えてくれる「scale post」が便利なので、ぜひ試してみてくださいね!

カラコンの見た目は色によって変わります

ご自分にぴったりのサイズのレンズがはっきりしたら、次は色選びです。そこでカラコンの色の特徴についてそれぞれまとめました。

日本人に似合いやすいブラック

カラコンにはとても多くの種類がありますが、そのなかでも日本人に似合うものはやっぱりブラック。目の色をはっきりと見せてくれるので、「目ヂカラをアップしたい」「童顔に見せたい」などというときにぜひおすすめです。

優しい印象が魅力的なブラウン

瞳にしっとりとなじんでくれるブラウンは、明るく柔らかな印象になります。「ブラックもいいけれど、もう少しカラコンのイメージを抑えたい」というときには、優しげなブランが◎。とても自然に見えるので、初めてカラコンをつける方にもおすすめです!

クールなイメージのグレー

日本人離れした印象に仕上げてくれるグレーは、イメチェンしたいときにぴったり。クールでスタイリッシュ、都会派のイメージになります。それでいて派手過ぎないので、洗練されたファッションによく合うと評判です。

目元涼し気!ブルー

クールな見た目が印象的なブルー。つけるだけで外国人風になり、一気にがらりとイメチェンできます!ただし比較的目立つカラーなので、コスプレやパーティーなどのシーン向き。学校や職場では避けたほうがいいですね。

意外になじみやすいグリーン

ブルーと同じようにグリーンはインパクトが強そうな感じもしますが、オリーブやカーキなどを選べば意外に日本人の瞳になじんでくれます。瞳に深さを与えてくれるので、落ち着いた印象になるとも言われています。

色味があるカラコンを試したいけれどまだ迷っている方にぴったりの色です。

濃さによってイメージが変わるピンク

ピンクもカラコンのなかでは特に印象が強い色ですが、濃さに注意すれば違和感なく使えます。薄めのピンクではさりげなくキュートなイメージなるので、こちらなら普段使いもできそうですね。反対に濃いピンクはインパクトが強く、コスプレなどに向いています。

最初はブラックやブラウンから、慣れてきたらカラフルなレンズで冒険してみるのもいいですね!

目の特徴別!おすすめのカラコン

カラコン選びの最後のポイントとして、目の特徴に合わせた選び方があります。目の形やまぶたによっても似合うレンズが変わるので、ここで予備知識をつけておきましょう!

一重なら目を大きく見せるカラコンを

日本人に多い一重まぶたタイプの方には、目を大きく見せるカラコンが似合います。フチありのコンタクトレンズをつければ瞳を大きく見せられるのでぜひおすすめ。さらにブラックを選べば目ヂカラアップにも!

二重にはラインを目立たせるカラコンがおすすめ

くっきりとした二重まぶたの方には基本的にどんなカラコンでも似合いますが、そのなかでもラインを目立たせてくれる、ブラウンやオレンジが◎。外国人風になってイメチェンを存分に楽しめます。

つり目にはグレー系がGOOD

つり目の方は時々きつめな印象になってしまうので、柔らかいイメージにしたければグレー系がおすすめ。洗練された雰囲気にもなり、女子力アップにもつながります!

たれ目ならナチュラルなブラウン!

メイクを濃くするとどうしてもやり過ぎ感が出てしまうたれ目の方は、ナチュラルなカラコンがベスト。優しく見せるならブラウン、クールなイメージにするならブラックやブルーを選ぶと、さりげなくイメチェンを楽しめます。

おわりに

つけるだけでいつものイメージをがらりと変えてくれるカラコン。似合わないものを選んで失敗することも少なくありませんが、ご自分の目の形や顔の雰囲気などを知っていれば、早いうちからカラコン上級者になれます!まずは黄金比率のチェックから始めて、ぴったりなカラコンを選んでいきましょう!