*

快眠できる寝具の選び方!おすすめの枕や布団も紹介

最終更新日:2018/07/27

「最近、何だか睡眠不足だな」
「寝つくのに時間がかかるし、いくら寝ても疲れがとれない」

・・・そんなお悩みに心当たりがありませんか?疲れやストレス、日常生活の疲れなどが原因だと思われがちですが、実は寝具のチョイスを間違っていたために良質な睡眠を得られない、というケースも多いのです。

そこで今回は、快眠のために役立つ枕や布団、シーツなどをご紹介していきます!

目次

要チェック!合わない寝具を使うことによる弊害

ご自分に合わない寝具を使っているということは、体に良くない環境で数時間もの間を過ごすということです。決して良いとは言えない睡眠環境は私たちの体にダメージを与え、思わぬ弊害を引き起こします。

弊害1「首・肩のこり」

例えば合わない枕を使っている方に多い弊害が、首や肩のこりです。特に適切なものよりも高い枕を使っていると、首や肩、頭などに大きな負担がかかります。そこで睡眠時も緊張した状態が続いているため、いつも首まわりがこわばった状態になってしまうのです。

このような原因から首・肩こりが起こると、マッサージなどではなかなかなおりません。また、症状が進むと頭痛に苦しむこともあります。

「特にストレスを抱えるような生活環境にいないけれど、最近首や肩まわりのこりがなかなか治らない」などという場合には、使っている枕が合っていないのかもしれません。

弊害2「腰痛」

「朝起きるとき、いつも腰が痛む」「起き上がることさえ辛く感じる」・・・枕や敷布団が合っていないと、腰痛になることが多いのだとか。

一見枕と腰痛は関係がないように思えますが、人間の背骨は首から腰までつながっています。そこで合わない枕を使って首の位置がおかしくなることで、腰にまで影響が出てしまうのです。また低反発系の体が沈み込む敷布団を使っていると、布団が体を支えきれないために背中の筋肉が緊張し、結果的に腰痛を引き起こしてしまいます。

合わない寝具を使うことで、数時間もの間腰に負担をかけることになります。こうなるといくら治療やマッサージを受けても改善しないため、睡眠環境から見直すことが先決です!

弊害3「いびき」

気持ちよく眠っているはずなのに、いびきが大きかったら残念ですよね。こちらも合わない枕のために顎が引けてしまい、大きないびきが出てしまうのです。自分でいびきに気づくことが難しいからこそ、恥ずかしくないようにちゃんとしておきたいもの。ぜひ、枕選びからこだわっていきましょう!

たかが寝具、されど寝具。毎日長い時間を過ごすからこそ、合わないものを選んでいると思わぬ弊害に悩まされることになります。ぜひともご自分に合った寝具を選び、健康面でもエチケット面でも困らないようにしておきたいものですね!

枕選びのおすすめポイント

睡眠の質に大きく影響する寝具と言えば、やっぱり枕。首や肩を凝らせないためにも、ぜひご自分に合ったものを選びたいですよね。そこで今回は枕選びのおすすめポイントについてお話しします!

ポイント1「高さ」

枕の高さを間違えると、肩こりや腰痛をはじめとする痛みや不調など、思わぬ弊害があらわれます。高さの調節は人によって異なるため、ぜひここでチェックしておきましょう!

  • 標準体型より細めの方なら、2.5㎝~3㎝の枕
  • 標準体型の方なら、3㎝~4㎝の枕
  • 標準体型より太めの方なら、4㎝~5㎝の枕

にすると、寝るときの負担を軽減したうえで快適な眠りを確保できます。体型に合わせて適した枕が変わってくるのですね!

また、例えば痩せたり太ったりして体形が変わったときにも、枕の高さの調節に気を配ってみることをおすすめします!

ポイント2「硬さ」

人間は寝ている間に30回ほど寝返りを打つと言われていますが、ここで枕が硬いとそれができなくなってしまいます。ある程度の柔軟性があり、それでいて頭にフィットする枕を選びましょう!

ポイント3「大きさ」

「寝返りを打ちやすいか」「肩先の保温を維持するための奥行きがあるか」などを考えると、適切な大きさも大事なポイントになります。

性別で考えると、

  • 男性には約23㎝
  • 女性には約21㎝

の枕が適しています。

ポイント4「素材」

ポリエステル、綿、低反発、高反発・・・などなど、最近では実に多くの種類の枕を見かけますよね。これらのなかからご自分に合った素材の枕を見つけることは難しいですが、

  • 熱がこもらないか
  • 汗をよく吸ってくれるか
  • 通気性がいいか

などのポイントで選べば大丈夫です。季節によっても適したものが違うため、そのときで良いものを選ぶのがベスト!

掛け布団選びのおすすめポイント

体に直接触れる掛け布団も、快眠のためには必須ポイント。ここでは好みや季節に応じた選び方についてお話しします!

ポイント1「万能さで選ぶなら羽毛布団」

保湿性、快適さ、軽さなど、快眠を支えるすべての条件がそろっている羽毛布団。耐久年数もほかの布団に比べて長く、お財布にも優しいところがすぐれものですね!「迷ったら羽毛布団を選べばいい」と言われるくらい、おすすめできるアイテムです。

ただし、質が悪いものに手を出すとかえって睡眠の質を下げかねないことから、注意が必要です!

ポイント2「清潔感を重視するならポリエステルの布団」

軽くて心地よい羽毛布団は確かに便利ですが、アレルギー体質の方にはあまり良くないとのこと。そこで代わりになるものがポリエステルの布団です!軽さも保湿性も十分で、さらに洗える素材でできています。汚れが気になるときはさっと洗濯できるのが嬉しいところですね。

ポイント3「涼しさを求めるならシルクの真綿布団」

しっとりと体になじむシルクの真綿布団。湿気の多い時期に使うと、暑苦しさが軽減されるために自然に良質な睡眠を確保できます。ワンランク上の睡眠をサポートしてくれる、蒸し暑い時期におすすめの素材です。

ポイント4「暑い夏にぴったり!麻わたの布団」

天然素材の麻わたを使った掛布団は、夏にぴったり。放熱性や吸湿性に優れているため、暑苦しい夏の夜も一気に涼しくなります。季節に合わせて布団を使い分けていくのも、快眠のためには必要なポイントですよ!

ポイント5「昔ながらの感触が心地いい綿わた布団」

昔の家や旅館にありそうな、ずっしりと重い綿わた布団。ほかの素材に比べて通気性も保湿性も劣りますが、昔ながらの感触が何とも心地よく感じるときもありますよね。「あの重さがいい!」という方には、ぜひおすすめの布団です。

掛布団の選び方は、軽さや重さ、通気性などがポイント。季節に合わせた選び方にも注目したいですね!

こちらも注目!シーツ選びのおすすめポイント

枕や掛布団と同じように、シーツ選びも大事なポイントです。こちらも素材によって寒色や寝心地が変わってくるため、違いをチェックしておきましょう!

ポイント1「涼しさを重視するなら麻!」

耐久性や吸放出性に優れた朝のシーツは、熱い時期の眠りをさりげなくサポートしてくれます。ちょっとごわごわした手触りが気になるものの、慣れてしまえば気になりません。また洗濯もできるため、いつでも清潔な状態で使えます!

ポイント2「寝汗が気になるなら綿!」

睡眠時、私たちは想像以上に汗をかきます。寝苦しい思いをしないためにも、汗をしっかり吸収したうえで心地よい眠りをキープしてくれるシーツが不可欠です。そんななか、綿のシーツなら汗を素早く吸収し、ふんわりとした質感を保ってくれますよ!

ポイント3「ワンランク上の眠りを支えるシルク」

シルクならではのつややかな感触が、疲れた体をしっとりと受け止めてくれます。シルクは人間の肌と同じ素材でできているため、実際に使用してみるとその心地よさに驚いてしまうほど。ただし耐久性に強いタイプではないことから、こまめなメンテナンスや買い替えが必要です!

ポイント4「ダニ予防!高密度生地」

敷布団やシーツに潜むダニは、私たちが思う以上に厄介なもの。「肌がかゆくて眠れない!」などという悲劇を避けるためには、高密度生地(綿)でできたシーツを選ぶのがGOOD!ダニが入り込むすきがないくらいの品質が高く評価されています。

ポイント5「とにかく涼しい竹シーツ」

最近になって人気上昇中の竹シーツは、竹素材ならではの硬さと涼しさが特徴的。人によって好みが分かれるものの、布素材のシーツへの好敵手となりそうです!シーツの選び方一つでも、睡眠の質は大きく変わります。だからこそ、シーツ選びにもこだわっていきましょう!

快眠の決め手!おすすめの枕をご紹介

これまで枕や掛布団、シーツの選び方についてお
話しましたが、ここからは実際におすすめの商品をそれぞれご紹介していきます!

めりーさんの高反発枕

あのNASAが開発した「ウレタンフォーム素材」を使用した、反発力の強い枕です。使い心地が良いことはもちろん、高さの調節も可能。一度使ったら手放せないほどの快適さと心地よさで、根強いファンが増えているのだとか!

「めりーさんの高反発枕」公式サイトはこちら

六角脳枕

脳科学の研究から登場した新感覚の枕です。睡眠時の頭・首への負担を大幅に減らし、快適で自然な眠りをサポート。冷却材を入れるポケットもついていて、暑い夏には特におすすめ!

「六角脳枕」公式サイトはこちら

ASIKA 快眠枕

自然なフィット感で頭や首を心地よく支えてくれます。不眠に悩む方から幅広く愛されている、快眠のためのスペシャル枕です。

じっくり快眠!おすすめ掛け布団のご紹介

疲れた体をしっとりと包む掛け布団の感触は、いつだって良いもの。ここで眠りをさらに上質なものにする掛け布団をご紹介します!

タンスのゲン 二枚合わせ羽毛布団

こちらの掛け布団は2枚合わせになっているため、例えば夏なら1枚で、秋や冬なら留め具を使って2枚で・・・など、季節に合わせた使い方ができるのがポイント。ふわふわの肌触りも抜群です!

アイリスオーヤマ 帝人アクフィット(R) 掛け布団

中綿でできた掛け布団ではあるものの、羽毛布団に負けずとも劣らない軽さが魅力。優しい感触が快眠をサポートしてくれます!ダニなどの虫よけにも強いとのこと!

日本寝具通信販売 洗える羽毛肌布団

しっかりとした感触で、安定感ある睡眠を確保できます。一年中使えるうえに洗濯もできる、睡眠にもお財布にも優しい掛け布団です。

快眠をサポート

私たちの体を受け止めてくれるシーツも、快眠にとっては大きな決め手。ここでおすすめ商品を3つご紹介します!

アイリッシュリネン ベッドシーツ

上質なリネンの肌触りにうっとり。汗や蒸し暑さも気にしなくて済むため、朝まで快適に過ごせます。

綿100%5重ガーゼシーツ

コットンガーゼならではの安定感で、汗を素早く吸収して熱気をシャットアウト。寝苦しい夜が良質な睡眠時間に変わります!

シルク100%フラットシーツ

シルク100%の贅沢なシーツです。いつもの睡眠時間がゴージャスな時間になると、ユーザーからも好評とのこと!

さいごに

いかがでしたか?なかなか改善されない体の痛みや不調は、実は寝具による寝苦しさから来ている可能性が高いもの。ぜひこの際に睡眠環境を見直して、健康的で楽しいライフスタイルに役立てていってくださいね!

ライタープロフィール

itohです。度入りカラコン、ワンデイ・2weekカラコンをはじめ洗浄液やカラコン保管容器にもこだわりがあります。難しい言葉を、誰にでもわかるように言い換える「わかりやすい記事」を作るよう心がけます。
   

この記事もよく読まれています

【眼筋トレーニング】眼筋を鍛える方法について解説

パソコンやスマートフォンを使う機会が多い現代は、目の疲れがたまりやすいもの。目の疲れは視力低下の進行

記事を読む

no image

だてマスクって知ってる?効果的な付け方、ポイントとは?【目力アップ】

「だてマスク」をしている人が近年急増していることを知っていますか? 風邪でもないのにマスク??

記事を読む

VFXって何?CGとはどう違うの?

VFXという言葉を耳にしたことがありますか?まだまだ耳馴染みのない言葉ですが、VFXは私たちが見る映

記事を読む

no image

視力矯正ができない!「ロービジョン」とは?

日常生活の中で、目の不自由さを感じている人が焼く164万人いると考えられています。その中の145万人

記事を読む

デスクワーカー必見!目に優しいディスプレイの明るさ設定とは?

仕事上パソコンを使うことが多くて、なかなか目の疲れが取れない…そんな悩みを抱えてはいませんか?しかし

記事を読む

一重と二重の違いとは?それぞれの魅力を比較【写真あり】

クールで爽やかな印象の一重。”アジアンビューティ”とも言われ、なにより自然な美しさを演出できる目の形

記事を読む

理由なく涙が出る原因は?【流涙症】

私たちは悲しい時や嬉しい時、自然に涙が出てきますよね。その一方で悲しくも嬉しくもないのに、勝手に涙が

記事を読む

冬の星がきれいに明るく見えるのはなぜ?【徹底解説】

吐く息も白くなってしまうほどに寒い冬の夜。ふと空を見上げると、目を疑うほど美しい星空が広がっていた経

記事を読む

泣きたくない時に涙を止める方法【保存版】

家族とドラマを見ているとき、 映画館で感動のシーンが流れたとき、 仕事中に悲しい出来事を思い出し

記事を読む

ブラックライト

日常生活でも大活躍!ブラックライトの仕組みと肌への影響とは?

主に科学捜査などの産業用として開発されたブラックライトですが、最近は低価格の商品が増えてきたこともあ

記事を読む

   
目薬の歴史に迫る!~知られざる意外なルーツ~

目薬にはどんな歴史があるんだろう…?そんな風に思ったことはありませんか

目の健康にご利益のある神社とは?~パワースポットへ足を運ぼう~

あなたは目の健康にご利益のある神社があることを知っていますか?神社には

目に優しいモニターは?モニターの仕組みと光について

デスクワークを行ったり、DVDや動画を見たり、ゲームをしたり…PCやス

白目が濁る?濁りを解消する方法を紹介!

自分ではなかなか気がつきにくい部分ですが、眼球の白目の部分が濁っている

今日からできる、三重まぶたの解消法とは?【老化のサイン】

いつもは二重まぶたなのに、朝起きたら三重まぶたになっていた…な

→もっと見る

PAGE TOP ↑