目のコラム

これって老眼?老眼のセルフチェック方法をご紹介【テスト】

「なんだか近頃、近くにピントが合わないような気がする…」そう思ったことはありませんか?老眼は、40代に入れば、誰にでも起きても不思議ではない目の症状です。

「加齢」という問題から目を背けたくなりますが、そのままにしておいても、見えにくさからストレスがたまるだけになってしまいます。また、老眼であった場合、症状が早く進行してしまう可能性があるのです。

しっかりとチェックして、老眼であればメガネを用意するなど対応をしましょう。ここでは、老眼のセルフチェック方法についてご紹介します。

老眼の自覚症状

近くのものにピントが合いづらい

老眼の自覚症状として、もっとも分かりやすく、かつ多いものです。

老眼は、年齢とともに、水晶体のピント調整機能の能力が低下することにより起こります。遠くのものは今までどおり見えるのに、近くに視点を移すとぼんやりと見えにくくなってしまいます。遠くから近くへ、そしてその逆に、近くから遠くへと視点を変えた時、ピント機能が追いついてこないのが原因です。

「最近目が疲れて…」「肩こりや首がよく凝るようになった」というときも、老眼を疑っても良いでしょう。眼が、よりピントを合わせようと無理をしていることが多いため、あちこちが疲れてしまうのです。

このようなときも、40歳を過ぎていれば単純に「疲れ目」と思わずに、下記のチェック方法で老眼チェックをしてみましょう。

暗くなるとそのまま見えづらくなる

これも、眼の機能の衰えによるものです。しばらくすれば目が慣れて、暗い所でもある程度は見えてくるようになりますが、その立ち上がりや、速度がゆっくりになります。

加齢は誰にでも訪れます。それを全否定して無理するのではなく、適切に対応することで、より快適な生活が送れますよ。

老眼セルフチェックテスト

老眼の症状によくあるものを挙げました。当てはまる項目が多ければ多いほど、老眼であると判断できます。

チェック項目

  • 暗い場所で目がかすむ
  • 暗くなってくると、だんだん見えづらくなってくる
  • 針に糸をとおしにくい
  • 遠くのものはそのままなのに、近くを見るときに目を細めるようになった
  • 新聞、本、スマホ、列車の時刻表、辞書などの小さい字を見ると目が疲れるようになった
  • 上記のものを見るとき、以前よりも遠く離さないとピントが合いにくくなった
  • 長時間目を使うと、肩こり・腰痛・吐き気などのひどい症状が現れる

40代以上で2つ以上チェックにあてはまれば、老眼をうたがっても良いでしょう。ピントが合わせづらいところに無理にピントを合わせようとしたり、酷使するので、眼が疲れやすくなっているのです。

視点チェックによる判定

目の前に人差し指を立ててかざし、ピントが合うまでゆっくりと遠ざけていきましょう。指紋が見えたところが顔から30センチ以上離れていれば、老眼の疑いがあります。
※近視の無い、近視の弱い人向けの判定です

まとめ

もともと近視があった人や、充分に視力があった人とでは、自覚症状は異なりますが、おおむねこれらのチェック方法で「老眼である」と判断ができます。

老眼は、無理をすると、見えにくさからのストレスや、肩こり・腰痛を引き起こします。セルフチェックで老眼だと思ったら、眼科やメガネ屋で、自分にあった老眼鏡や老眼用のコンタクトレンズを作れるように、早めに相談しましょう。そのまま放置しておくと、疲れ目から、老眼がさらに早く進行してしまう可能性があります。

目にとって不要な負担を減らして、快適な生活が送れるようにしましょう。