目のコラム

【肌を守ろう】UVカットガラスとは?

日焼けなど、日差しの強さとともに気になるのが「紫外線」ですよね。紫外線を避けるには、頭には帽子、目にはサングラス、肌には日やめ止めと長そでの服、などさまざまな方法があります。

しかし、外を出歩く時だけではなく、家の中や車の中などでも紫外線をカットしたい、とは思いませんか?家ではカーテンを閉め切る、などの方法がありますが、それでは日差しを取り入れられません。

そこでおすすめしたいのが「UVカットガラス」です。

UVカットガラスとは?

UVカットガラスとは、その名のとおり「UVカット機能のあるガラス」です。紫外線を遮断するために、複数の層でできていることが多く、カットされることで肌や目を守り、建物であれば床の劣化などを防ぐことができます。

UVカットガラスはどんなところで利用されているのか

主に、オフィスや一般家庭などの建物や、車の窓ガラスとして使われています。また、紫外線により変色、成分の劣化が心配される薬品・飲み物などの容器類にも使われています。

まとめ

紫外線を、外だけではなく屋内であってもカットできるのであれば安心です。日差しが強くなってくる季節に向けて、気になる場所に「紫外線カットガラス」の導入を検討してみてはいかがでしょうか?

UVが気になるあなたは、こちらの記事もおすすめです

目にもUV対策は必要?UVカット付コンタクトも紹介!

紫外線から目を守ろう!サングラスのおすすめの選び方をご紹介!