目のコラム

【老眼のメカニズム】老眼の進行を遅らせるためにできること

「最近、近くのものが見えづらい」「遠くを見るときには変わらないのに…」と感じることはありませんか?もしあなたが40代以上の方であれば「老眼」を疑ってみましょう。「老眼」と聞くと、老いという文字からも、自分の老いを感じて「そんなはずはない」「まだ大丈夫だ」否定的になってしまいがちです。また、目に何が起きているのか不安になってしまいますよね。

老眼は、加齢により誰にでも起こり得る症状なのです。そして、早期に対策をすることで、進行を遅らせることもできます。自分の眼の状態、そしてなぜ、どのように老眼になるのかをよく知れば、老眼だと分かっても、怖れたり否定することもなくなるでしょう。

このページでは、老眼に関して、なぜなるのか、そして老眼の進行を遅らせるにはどうしたらいいかについてご紹介します。

老眼とは?

老眼とは、大きく言うと「水晶体のピント調節機能の衰え」です。眼は、遠くのものを見るときと近くのものを見るときで、水晶体の厚みを調節してピントを合わせています。

しかし、加齢とともにその調節機能は衰えてきます。そのため、遠くから近く、そして近くから遠くにと視点を映した場合に、ピントが合わなくなってしまうのです。暗いところでは、光を取り入れる力も弱くなるため、より目に負担がかかります。

これらが「老眼」の症状です。そして、この症状が「見えづらい」「かすむ」「疲れる」といった自覚症状に繋がります。

老眼の仕組み

ピントを合わせるために目に負担をかけることで、知らず知らずのうちに「疲れ目」「肩こり」「首痛」「頭痛」といった弊害が出てきます。そのまま放っておけば、老眼が早く進行してしまいます。初期症状・自覚症状が現れたら、早めに適切な対応を取ることが大切です。

老眼はだれしもが経験すること

体を鍛えて筋力や体力をつけ、若い頃と同じようにスタイルを維持することなどは、努力により、ある程度は可能です。しかし、眼の中のこととなれば話は別です。

ある程度のトレーニングはできますが、それも「進行をゆるめる」程度です。老眼は病気ではないために、特効薬も無く、完全な予防ができないのです。「老化は認めたくない」と無理をせず、適切にメガネやコンタクトレンズを使用したりして、目に負担をかけないようにしましょう。

スマホ老眼について

「スマホ老眼」という言葉があります。これは、スマホの見すぎ・使いすぎによる老眼のような現象のことです。厳密に言えば「老眼」ではなく、近くの一箇所にピントを合わせた状態を長く続けるために、毛様体筋が凝り固まった状態になることで起こります。

このスマホ老眼は、年齢に関係なく起こります。そして、筋肉の凝りが原因であることから、目を休ませたり、筋肉の凝りをほぐすことで改善されます。その点でも、加齢性の老眼とは異なるものです。

夕方老眼・週末老眼について

昼間はなんともないのに、夕方になると目がかすむ、見えづらくなることを「夕方老眼」そして、週末になると同じような症状が出ることを「週末老眼」と呼んでいます。

これは、単純に疲れ目によるものなのですが、不調は体のサインです。おかしいと思い眼科にかかってみたところ、老眼の初期時症状であった、という可能性もあります。いずれも、何かおかしいと思ったり、不調だと感じたら、眼科で検査をすることをおすすめします。

定期的に眼科で検診を受けることで、普段との違いに気づくことができ、何らかの疾患の早期発見に繋がることもあります。

老眼になる理由

老眼は、平均では40才を迎えるころから自覚症状を持つ人が多いようです。どのような仕組みで老眼になるのか、詳しく見てみましょう。

水晶体が硬くなる

水晶体は、カメラでいうところの「ピント」にあたります。遠くを見るときには薄く、近くを見るときには厚くなることで、網膜でピントを合わせられるようになっているのです。

しかし加齢にしたがって、水晶体も元気を失っていきます。厚くなる機能が衰えるので、近くを見るときのピントがぼやけてしまうのです。水晶体は、コラーゲンにより弾力を持つ部分です。つまり、コラーゲンが失われていくことで、弾力もなくなっていき、老眼となる、と言われています。

毛様体筋が衰える

毛様体筋は、目の中の水晶体を支える筋肉です。そして、この毛様体筋が収縮することで水晶体の厚みが変化し、ピント調整を行っています。つまり、毛様体筋が衰えれば水晶体の厚みも変化しにくくなるので、ピントが合わせづらくなってしまうのです。

虹彩の動きが鈍くなる

虹彩の役割は、瞳孔の大きさを調整することです。光が多く、まぶしいところでは虹彩を広げ、瞳孔を小さくして光を取り入れる量を絞ります。また逆に、薄暗いところでは、瞳に光を取り入れるために瞳孔を大きくさせます。

しかし、加齢により虹彩の動きが鈍くなれば、暗いところでもなかなか光を取り入れることができません。そのため、暗いところで物が見えにくくなるのです。

老眼を遅らせるためにできること

老眼は、主に加齢による症状です。そのため、完全に防いだり完治させたりすることはできません。しかし、日常の心がけや食生活への配慮などで、進行を遅らせたり、症状を軽くできるといわれています。

メガネ・コンタクトレンズを適切に選ぶ

「老眼鏡」というとお年寄りのイメージを持つ人も多いのではないでしょうか?しかし、老眼鏡を使わずにそのまま放置し、目に負担をかけ続けることで、老眼の進行を早めている、としたらどうでしょうか。

見えにくい状況のままいると、目はピントを合わせようとして無理をします。また「よく見えない」と、気持ちの面でもストレスになります。

そうなると「老眼鏡か」と市販で安価なものを手にとってしまいがちです。しかし、市販の老眼鏡はほとんどが「拡大鏡」のようなものです。近くのものをよりよく見るために、拡大しているだけにすぎないメガネが多くあります。

そのようなメガネをつけていると、目に負担をかけ、体全体に不調となって疲れなどが現れてしまいます。

自分に合った老眼鏡は、ストレスなく手元や遠くが見えるようにサポートしてくれます。そうなれば、目の負担が減り、疲れもたまらなくなります。老眼鏡は、市販の既製品をそのまま買うのではなく、メガネを新しく作るつもりで、眼科やメガネ屋でよく相談の上、選ぶようにしましょう。

ライフスタイルに合わせて、遠近両用や室内用など、用途別に老眼鏡をそろえるのもおすすめです。

日常生活に気をつける

体を動かして血行を良くする

意識して定期的に体を動かすことは、体のためだけではなく目にも良いです。目にも血管があり、血液が回っています。血行を良くすることで、老眼の進行を遅らせることが期待できます。

目の体操をする

水晶体を支える毛様体筋を鍛えることで、老眼の進行を遅らせることができます。

  1. 目をぎゅっと閉じる
  2. 大きくぱっと見開く
  3. 目玉をぐるりと一周させる

といった運動が有効です。目の健康を保つためにもおすすめします。

紫外線に気をつける

紫外線には、体のさまざまな部分を酸化させる作用があります。紫外線にあたることで、活性酸素が発生します。この活性酸素が、水晶体のたんぱく質に働きかけ、変化していってしまうのです。

目の紫外線対策には、サングラスが有効です。サングラスの選び方は、前から見て目が見える程度の「色が薄いもの」を選ぶのがコツです。色が濃いほうが良いだろうと思ってしまいますが、濃い色のサングラスをかけると、瞳は、より光を取り入れようと瞳孔が開きます。すると、紫外線のダメージを受けやすくなってしまうのです。

薄めの色で、紫外線カット能力の強いレンズを使用しているサングラスを選ぶことをおすすめします。

野菜を多く食べる

活性酸素に抵抗できる、抗酸化作用のあるものを食べることで、目の老化の進行スピードを抑えることが期待できます。ビタミンB郡、βカロテンを多く含む食材として有名なのは、緑黄色野菜です。水晶体にとって大切なルテインも一緒に摂取できるので、緑黄色野菜を意識して食べるようにしましょう。

野菜を多くとるのは難しい、という場合には、サプリメントを併用することをおすすめします。

まとめ

老眼は、その字面からも「老い」を突きつけられているような気持ちになってしまいます。そのため、初期の自覚症状があっても「自分はまだまだ」と放置し、結果、進行を早めてしまうこともあります。

日々の生活に気をつけて、進行をゆっくりにさせながら、適切にメガネやコンタクトレンズなどを使用して、ストレスの無いように「よく見える」生活を送りましょう。