*

再発性角膜上皮びらんとは?

最終更新日:2018/06/28

みなさん、『再発性角膜上皮びらん』という病気を知っていますか?

再発性角膜上皮びらんとは、目の表層である角膜上皮が何らかの原因によってめくれあがってしまう疾患のことで、何度も繰り返し再発すると「再発性角膜上皮びらん」と呼ばれるようになります。

あまり聞きなれない病気ですが、日常生活の思わぬところに発症の原因が潜んでいます。今回はそんな目の疾患である「再発性角膜上皮びらん」について、原因や治療法など詳しく解説していきます。

角膜びらんとは

角膜びらんとは、黒目の表面部分である角膜上皮が突然剥離してしまう病気を指します。「誤って葉で目を切ってしまった」、「人の爪が目に入ってしまった」といった外傷によって発症することが多い病気ですが、なかには原因が分からない場合もあります。

角膜びらんは傷が治ったあとでも、接着不良によって再び角膜上皮剥離をおこす可能性があり、その治療は長期間に渡ります。再発性角膜びらんとは、角膜びらんを繰り返し発症する場合に名付けられます。

また角膜びらんは角膜がすりむいたような状態であるため、目の損傷自体は軽度です。そのため視力に影響を与えることなく治療することが出来ます。

角膜びらんの症状

角膜びらんの主な症状は、目の痛みや違和感です。また同時に充血や涙、羞明 (しゅうめい)を感じることもあります。

角膜びらんは朝の起床時に痛みの発作を伴う場合があります。これは就寝中に涙の量が少なくなっていることから、傷ついた角膜上皮が剥離しやすくなっているためだと考えられます。また起床時のまばたきによって上皮がめくれやすくなっていることも痛みの原因だとされています。

角膜びらんは草木で目を傷つけるような外傷性のものから、その怪我による感染性のものなど大きく3つに分けることが出来ます。

外傷性

  • 草木で目を切る
  • 異物が目の中に入る
  • コンタクトレンズが目の中で破れる

感染性

  • コンタクトレンズの不適切な使用
  • 動物の毛が目に入る
  • 外傷による感染

非感染性

  • ドライアイ
  • アレルギー反応
  • 自己免疫疾患によるもの

角膜びらんの治療法

感染性の角膜びらんの治療には主に角膜上皮を再生させる軟膏や点眼が用いられます。非感染性の場合は抗炎症薬の投与や軟膏によって治療が進められます。

角膜びらんの治療中は、眼帯を着用するようにして目を保護します。完治するまで時間がかかること、また強い痛みが伴うことから精神的な苦痛が生じることは少なくありません。

また再び発症する恐れがあるため、治癒後も数ヶ月間は軟膏や点眼を続けていく必要があります。

他にも治療方法の一つとして治療用のコンタクレンズを装用することがあります。はがれてしまった角膜上皮を除去した場合、痛みや角膜による刺激から保護するために連続装用タイプのコンタクトレンズを使用します。

こうすることで目を守ることができるため、はがれてしまった角膜上皮の再生が安全に行えます。

まとめ

角膜びらんは異物が入ることで目が傷ついてしまった外傷によるものから感染性のものまで様々です。コンタクトレンズの洗浄ケアを怠る、長時間の装用する、といった不適切な使用によっても発症します。

またエアコンによる乾燥や、長時間のパソコンの利用によって目が乾燥している場合も角膜に傷がつきやすい要因となります。

角膜びらんにならないためには、目が乾燥しないように注意することが大切です。定期的に目薬を指したり、エアコンの風量を調節したり、普段から心がけるのが良いですね。

コンタクトレンズを装用している人は、毎日の洗浄をしっかりと守り、長時間の使用を控えるようにしてください。

角膜びらんに関する記事

【怖すぎる】コンタクトレンズのトラブル集まとめ

コンタクトレンズの正しい使用期限とは?きちんと守って使ってる?

目に突然の痛みが出た時に考えられる原因と、注意が必要な病気とは?

眼球打撲の症状・原因・対処法について

真冬でも紫外線には注意!スキー場特有の目の病気「雪目」とは

ライタープロフィール

ふみと申します。難しいことを丁寧に説明することを心がけます。
   

この記事もよく読まれています

光視症とは?原因や対処法、飛蚊症・閃輝暗点との違いを解説

日の光もでていないのに、突然目の前にちかちかと光が走ったり、目を閉じているのに光が見えたことはありま

記事を読む

【眼心身症】目の視力低下はうつ病のサインかも?

目に悪い生活はしていないつもりなのに、視力が低下してしまったという経験をしたことはありませんか?

記事を読む

もしかしてあれが原因かも?目のピクピク(けいれん)の治し方

疲れがたまると目がピクピクする…そんな経験をしたことはありませんか? まぶたがピクピクする原因

記事を読む

no image

【涙嚢炎とは?】涙嚢炎の症状・原因・治療法について

常に涙が溜まっていたり、悲しくもないのに涙がこぼれてきたり、常に眼ヤニが出ていしまっていたりすること

記事を読む

目が真っ赤に?結膜炎とその予防方法について

目が真っ赤になって視界がかすみ、見た目にも良くない目の充血。かゆみが出て、え?なんだか白目がとろけて

記事を読む

まぶたにできもの!マイボーム腺梗塞に注意

まつげの生えぎわに何かプツプツとした白いできものができる、「マイボーム腺梗塞」という症状。これはいわ

記事を読む

ブドウ膜

目の膜にできる病気「ぶどう膜炎」に注意

ぶどう膜炎という病気をご存知ですか?普段あまり耳にすることのない単語ですが、実は誰にでも起こりうる、

記事を読む

白く写ったら要注意!?写真で見つける目のガンとは…?

目にもガンができることがあることをご存知でしょうか?目のガンはその発生確率が低いため、あまり一般に知

記事を読む

強度近視

【強度近視とは?】強度近視の対処法、一般的な近視との違いについて

現代では日本人の約6割が、遠くのものが見えづらくなる「近視」だと言われています。そして、その近視の中

記事を読む

【涙点プラグとは?】涙の流出を栓でふさぐドライアイの治療法について

目が乾くドライアイ、本当につらいものです。ドライアイの治療には目薬が処方されることが多いのですが、涙

記事を読む

   
目薬の歴史に迫る!~知られざる意外なルーツ~

目薬にはどんな歴史があるんだろう…?そんな風に思ったことはありませんか

目の健康にご利益のある神社とは?~パワースポットへ足を運ぼう~

あなたは目の健康にご利益のある神社があることを知っていますか?神社には

目に優しいモニターは?モニターの仕組みと光について

デスクワークを行ったり、DVDや動画を見たり、ゲームをしたり…PCやス

白目が濁る?濁りを解消する方法を紹介!

自分ではなかなか気がつきにくい部分ですが、眼球の白目の部分が濁っている

今日からできる、三重まぶたの解消法とは?【老化のサイン】

いつもは二重まぶたなのに、朝起きたら三重まぶたになっていた…な

→もっと見る

PAGE TOP ↑