コンタクトのコラム

【遠近両用コンタクトレンズ】老眼になる前に知っておこう

40代に入ると徐々に進行してくる老眼。40代半ばにもなると手元が見えにくくなり、老眼鏡が必要となる人も多いかと思います。

老眼は、加齢によって目のピント調節機能が低下することによって発現します。今まで視力が良かったのに…、と思う人いると思いますが、視力低下とは関係ありません。いわゆる老化現象なので、老眼を回避することはむずかしいものです。

そんな老眼を矯正する一つの方法として知られているのが『遠近両用コンタクトレンズ』です。遠近両用コンタクトレンズは一体どういうものなのか?通常のコンタクトや老眼鏡との違いを解説していきます。

遠近両用コンタクトレンズとは?

遠近両用コンタクトレンズとは、一枚のコンタクトレンズの中に遠くが見える遠視用レンズと近くが見える近視用レンズが入っているレンズのことを指します。老眼によって近くが見えにくくなった、文字が見えにくいと感じる人に効果的があります。

遠近両用レンズはソフトレンズ・ハードレンズから1日使い捨てタイプ、2週間タイプと様々な種類で販売されており、自分の好みに合わせて購入することができます。

通常のコンタクトと遠近両用の違い

遠近両用コンタクトは通常のコンタクトとは異なり、近くを見るためのレンズと遠くを見るためのレンズがそれぞれ入っています。

遠近両用コンタクトレンズ

一枚のレンズに遠視用、近視用の度数が同心円状に変化していくタイプ(累進屈折)や、上下で遠視用と近視用にレンズ(二重焦点)が分かれているタイプがあります。

また通常のコンタクトに入っている度数は一つですが、遠近両用コンタクトレンズの場合は「加入度数」という2種類の度数が含まれています。遠近両用レンズは、目線を切り替えることで老眼に対応しているのです。

ただ、実際に着用してみると、あまり違いが判らないという人も多いようです。

遠近両用メガネと遠近両用コンタクトの違い

遠近両用のメガネといえば「老眼鏡」ですが、老眼鏡は近くを見るときに適しており、老眼鏡によって老眼を矯正します。新聞を読むとき、スマートフォンに表示される小さい文字を見るときなどに使用します。

遠近両用メガネ

遠近両用メガネはレンズ上方に遠視の度数、レンズ下方に近視の度数が入っています。近くが見えにくいと感じたら、目線を下に落とすことでメガネを通して近くが見えやすくなります。

このように見る方向を上下で切り替えることで、老眼を矯正しているのです。

まとめ

老眼対策として有効な遠近両用コンタクトレンズ。今老眼でない人も事前に知っておくことで、老眼になったときに一つの選択肢として考えることができますね。