コンタクトのコラム

コンタクト曇ってない?解消方法を紹介します

「なんだかコンタクトがぼやけて見えづらい…。」

ハードレンズを使用する人もソフトレンズを使用する人も、コンタクトレンズの曇りを一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

視界がぼやけて悪くなってしまうため、不快な状態だと言えます。メガネであればレンズを拭けば解決できますが、コンタクトレンズはそうはいきません。コンタクトはどうして曇ってしまうのでしょうか?今回はコンタクトレンズの曇りの原因とその解消法についてお伝えいたします!

コンタクトが曇る原因

コンタクトレンズが曇ってしまって周りがぼやける!

そんな体験をしたことがある人は多いのではないでしょうか?

ソフトコンタクトでもハードコンタクトでも、曇ってしまうことがあります。どうしてコンタクトは曇ってしまうのか、それにはいくつかの原因が考えられます。

原因1.「目が乾燥している」

目が乾燥している状態だと、コンタクトは曇りやすくなります。目が乾燥してしまうとコンタクト表面に付着した汚れが落ちにくく、そのまま蓄積してしまいます。こうした汚れがコンタクトを曇らせ、視界を悪くさせる要因となるのです。また目の乾燥はハードレンズよりもソフトレンズのほうが起こりやすいのも特徴です。

原因2.「油分の汚れが付着している」

コンタクトの曇りを訴える女性の多くが油分の汚れが原因だと言われています。化粧品や、ハンドクリーム、化粧落としなどが誤って目の中に入ってしまい、それがコンタクトの曇りを引き起こしているのです。

原因3.「レンズの汚れが蓄積している」

1day以上の連続使用タイプのコンタクトに見られる原因です。毎日の洗浄を疎かにしたり、洗いが不十分であったりする場合もレンズは曇ってしまいます。

このようにコンタクトレンズが曇ってしまう原因は様々です。

コンタクトが曇らないための対策

それではどのようにすればコンタクトの曇りを防ぐことは出来るのでしょうか?ここではコンタクトが曇らないための対策をご紹介します。

対策1.「目の乾燥を防ぐ」

目が乾燥している状態は、コンタクトを曇らせてしまうだけでなく、目のゴロゴロや違和感、はりつき感、充血など多くの症状を引き起こします。もちろんコンタクトの曇りの原因でもあるため、ハード・ソフトレンズ関わらずコンタクトをつけているときは目が乾燥しないように心がけたいものです。

定期的に目薬を差したり、冷房や暖房など目に直接空気があたらないように注意してください。それでも目の感想が防ぐことがむずかしい場合は、コンタクトレンズの装用時間を短くしたり、乾燥に強い高性能のコンタクトに変えるようにすることも大切です。

対策2.「レンズの装用はメイクの前にする」

女性の場合、スキンケアやメイクで油分のついた指先で目の周りを触ってしまったことで油分がレンズに付着してしまうケースが多いです。油分の汚れは非常に落としにくく、レンズを洗浄してもしっかりと落としきることが出来ずに汚れが溜まっていってしまう傾向があります。

コンタクトの装用はスキンケアやメイクをする前に行うのが良いでしょう。

またこれは女性に限らないのですが、コンタクトをつけるときに手が汚れてしまっている場合もあります。コンタクトを目に入れるときに指を使うので、汚れやすいポイントです。コンタクト装用時、手は清潔にしておくようにしてください。

対策3.「正しいレンズケアをする」

連続装用タイプのコンタクトを使用している人は、毎日しっかり洗浄できていますか?

忙しかったり、時間がなかったりするとついつい疎かになってしまいがちなコンタクトケアですが、連続して装用するコンタクトは毎日の洗浄を前提に設計されています。そのため日々のケアを怠ってしまうとレンズの汚れが溜まり、曇りの一因となってしまいます。

ドライアイの症状を招くこともあるため、正しいレンズのケアは非常に重要です。

はずしたレンズは表裏しっかりと指でこすり洗いしてください。回数は20回程度が目安ですが、あまり力を入れすぎるとレンズが破れてしまうので優しく丁寧に行ってください。

またレンズケア用品の定期的な点検もチェックしておきたいですね。コンタクトを保存しておくレンズケースの保存液は毎日交換し、レンズケースそのものも出来れば1ヶ月で新しいケースと交換すると良いでしょう。

まとめ

意外とやっかいなコンタクトの曇りですが、その原因の多くは汚れによるものです。

汚れを防ぐには、毎日のケアや気遣いが重要です。面倒臭いと怠りがちな部分ですが、快適なつけ心地を得るためにはきちんと心がけたいですね。

また稀にレンズが目に合ってないことでレンズが曇る場合はあります。目に違和感を感じたら、すぐに眼科を受診するようにしましょう。特に何も問題が無い場合でも、定期的な検診は受けておきたいものです。

適切な方法で、快適なコンタクト生活を送りましょう!