コンタクトのコラム

【怖すぎる】コンタクトレンズのトラブル集まとめ

簡単に視力矯正ができるコンタクトレンズは、年々使用者が増えているのですが正しい使用方法が守られていないことも多くあり、怖いトラブルが発生してしまうこともあります。

コンタクトレンズを誤って使用してしまうと、目にとって負担が大きくなり視力低下、眼精疲労など目の病気を抱えてしまうことになります。今回はコンタクトレンズのトラブルをまとめてみましたので紹介していきます。

誤ったコンタクトレンズの使用で起こるトラブル・病気

コンタクトレンズの誤った使用というのは、決められた利用方法を守らないことを指しますが主には、長時間の利用、レンズの洗浄不足、異物感をかかえたままの利用などが挙げられます。特に、コンタクトレンズ使用時に、「異物感を感じる」、「ぼやける感じがする」、「かゆみを感じる」という方は注意が必要です。

少しでも違和感がある場合には、すぐに使用を中止することがトラブル回避につながります。実際にどのようなトラブルがあるのか、誤ったコンタクトレンズの使用で発症してしまうものを4つ挙げていきます。

事例1「角膜びらん」

角膜びらんは、ウィルスや細菌感染により角膜の組織が欠けている症状です。

角膜に孔が開くことがあり、最悪の場合は視力低下や失明につながる怖いものですので、目に痛みや異物感を感じた場合には、放置すると危険です。日常生活で目をぶつけてしまう外傷性、コンタクトレンズの長時間利用での感染性で発症してしまうものとなっていて、治療法は点眼や軟膏が用いられます。

事例2「角膜新生血管」

角膜新生血管は、目の酸素不足で発症します。

コンタクトレンズを使用すると口にマスクをしていると同じように、目も酸素を取りこみにくくなり、目が酸欠状態になってしまいます。視力低下の危険がある角膜新生血管を回避するために、長時間のコンタクトレンズの利用を避け、できるだけ使用時間を短くしていくことが治療法です。

事例3「角膜潰瘍」

角膜潰瘍は、外傷によるものやウィルス感染で発症します。

特にコンタクトレンズを使用したまま眠ってしまったり、洗浄不足で雑菌が残ったまま使用すると発生しやすいと言われます。治療には、内服薬や抗菌効果のある点眼が処方されますので、目が充血したり、痛みが長引く場合には、すぐに眼科の先生へ相談することをお勧めします。

事例4「巨大乳頭結膜炎」

巨大乳頭結膜炎は、まぶたの裏側に乳頭と呼ばれる1mm以上のぶつぶつが発生する状態です。コンタクトレンズの汚れによりアレルギーが出ることで発症します。

目の異物感や充血、目やにが多く出る症状が続く場合には巨大乳頭結膜炎が疑われ、主な治療法は抗アレルギーの点眼と言われています。

コンタクトレンズの正しい使い方

トラブルや病気を避けるために、一番大切なことは「コンタクトを正しく使用する」ということです。ここでは、コンタクトレンズの正しい使い方をまとめましたので紹介していきます。

「眼科を受診する」

コンタクトレンズを安全に使用するためには眼科医の診療のものでの処方が必須と言われています。ただ最近ではインターネット上で容易にコンタクトレンズの購入ができることから、医師の診療外で使用されているケースが多いです。
インターネット上からコンタクトレンズを購入されている方は別途、定期的に眼科医の診療を受けましょう。

「使用期間を守る」

ソフトコンタクトレンズには、1日タイプ、2週間タイプなど異なる期間のものが販売されていますが、必ず使用期間は守りましょう。
期間を過ぎてからの利用は細菌が発生しやすく、ウィルス感染が多くなるということを覚えておきましょう。

「レンズケアを怠らない」

繰り返し利用できるコンタクトレンズでは、レンズケアは必須です。
レンズ専用の洗浄液で、入念に汚れを落として翌日以降の使用にも負担が無いようにお手入れを怠らないことが大切です。
洗浄中にレンズが破損してしまった場合には、そのまま使用せずに必ず破棄し、新しいレンズに交換しましょう。

まとめ

コンタクトレンズのトラブルについて紹介してきました。

レンズ使用時に「異物感を感じる」、「ぼやける感じがする」、「かゆみを感じる」というように、少しでも違和感を感じた場合は、病気やトラブルになっている可能性がありますので注意しましょう。症状が長引く場合には、すぐに眼科医へ相談することも大切です。