おすすめコンタクト コンタクトのコラム

メガネとコンタクトの度数の違いは?度数の調べ方を紹介します

「もともと視力が悪い」「視力が落ちてきた」などの悩みはありませんか?そんな悩みを解決するにはメガネやコンタクトレンズなどが便利!ですが、実際にどちらを選ぶかで迷ってしまう方も多いはず。

そこで今回は、メガネとコンタクトレンズの違いやそれぞれのメリット・デメリット、コンタクトレンズを使用する際の費用などについて紹介していきます。ぜひ、メガネを使うかコンタクトを使うか決める際の参考にしてみてくださいね。

メガネとコンタクトレンズの違い

まず、ここではメガネとコンタクトレンズの違いについてご紹介します。

メガネ

言わずも知れた一般的な視力の補強方法は、メガネをかけること。コンタクト利用者でも家ではメガネを利用する人も少なくありません。

視力が悪い場合には最低でも1本は持っておくべきですね。メガネを作る場合には、眼科で事前に視力の検査をして自分に合うメガネを作るのが◎

以下では、メガネを利用するメリット・デメリットを見ていきましょう。

メガネのメリット

メガネならではのメリットは、やはり「目への負担が少ない」こと。コンタクトレンズは目そのものにつけるため、どうしても乾燥などの不快感が残ってしまうものですよね。その分、メガネはかけるだけなので、そのような心配がほとんどありません。

また、付け外しが非常に簡単なことも大きな強みです。コンタクトレンズを付け外すには直接目に触れなければならず、時には目を傷つけてしまうことも!その点、メガネなら楽に取り外しできます。

さらに、最近ではおしゃれなメガネも増えてきているため、ファッションアイテムとしても楽しめそうですね。

メガネのデメリット

こうして見ていくと色々なメリットがあるメガネ。その一方で、「視界がゆがむ」「頭痛や肩こりが起きやすくなる」などのデメリットがあります。

目に直接つけるコンタクトレンズと違って、メガネは眼球から12㎜ほどの距離があります。この距離は視界のゆがみを引き起こしてしまい、ものを見えづらくしてしまうのです。

また、メガネにはある程度の重さがあります。長時間使用していると頭や顔に負担がかかり、それによって頭痛や吐き気、肩こりなどの不調を訴える方も少なくありません。メガネを使用する場合、適度に目を休ませながら使っていきましょう!

コンタクトレンズ

コンタクトレンズは目に専用のレンズをつけて視力を補う方法。コンタクトの利用も一般的になり、視力の悪い方の多くがコンタクトを日常的に利用しています。

運動などをする場合には、特にメガネよりもコンタクトの方が動きやすいですよね。コンタクトもメガネ同様、購入前にはしっかり眼科で視力検査等の検査をしましょう。

次にコンタクトを利用するメリット・デメリットを紹介していきます。

コンタクトレンズのメリット

コンタクトレンズのメリットは、裸眼とほぼ同じ形でものが見えること!メガネではどうしても視界がゆがんでしまいがちですが、コンタクトレンズは非常に薄いので目との距離も近くゆがみの心配がありません。

また、サッカーや野球など激しいスポーツで体を動かすときにも安心。メガネの場合、プレー中の接触や転倒によりメガネを壊してしまい怪我をする心配も。コンタクトの場合、そのような心配もしなくていいので、よくスポーツをする方はコンタクトの利用がオススメです。

コンタクトレンズのデメリット

コンタクトのデメリットは「コストがかかる」「目を傷つけるリスクがある」こと。

メガネなら視力が落ちない限り買い替える必要がありませんが、コンタクトレンズは基本的に消耗品なので、いつも買い揃えておかなければなりません。初期費用はメガネよりも安く済みますが、買い揃えやケア用品のコストを考えると、トータルコストではメガネよりもかかってしまいます。

また、直接眼につけるために、目を傷つけやすいというリスクも!ドライアイなど、コンタクトならではのリスクがあるため、それを知ったうえで使っていきましょう。

場面に合わせて使い分けるのが理想

このように、メガネとコンタクトレンズは、それぞれメリットとデメリットがあります。目を守りながら安全に視力を補いたいなら、場面に合わせて両方を適切に使い分けるのがベスト!

例えばデスクワークをする場合はまばたきの数が減少しやすいので、ここではコンタクトレンズは向きません。デスクワークをするときにはメガネを、それ以外のときにはコンタクトレンズを使用するなどで分けると、目への負担を減らせるので便利。自分にとって負担の少ない使い分けを見つけて快適に過ごしたいですね。

メガネとコンタクトレンズの度数とは?

快適にメガネ・コンタクトレンズを利用するには、自分に適した度数を知っておくのは大切なこと。メガネ・コンタクトレンズを買う前に、自身に適した度数を知っておきましょう。ここでは、度数やメガネとコンタクトレンズの度数の違いについて紹介していきます。

度数とは?

「視力と度数の違いがわからない」と思ったことはありませんか?実は視力と度数はまったく違うもの。

視力とは例えば動体視力や新視力など、いわゆる私たちの「見える力」を数値化するものです。細かな規定や基準による検査を受け、私たちの視力が判定されます。

一方、度数はメガネやコンタクトレンズをつけるうえで必要な基準値のことです。それぞれが持つ矯正力をあらわす数値であり、プラスやマイナスなどで表記します。

例えばプラスであれば遠視用のコンタクトレンズが必要になり、マイナスであれば近視用のコンタクトレンズが必要になります。このように、度数や表記に応じてどのメガネやコンタクトレンズを使うかがわかってきます。

「sph」と「pwr」について

実際に、コンタクトレンズの表記にはsphとpwrという2つの表記があります。「spr」とは「sphere」の略で、「眼球」や「球面度数」などのことです。また、「pwr」は「power」の略で、文字通り「力」を意味します。どちらも度数についての表記です。

メーカーや購入場所によってどちらを使うかが違ってきますので、実際にコンタクレンズを購入する場合にはチェックしてみてください。

メガネとコンタクトレンズの度数の違い

「メガネも欲しいけれどコンタクトレンズも欲しい。けど、何度も処方箋をもらうのは面倒だから同じ処方箋で済ませたい!」と思っている方は要注意!メガネとコンタクトレンズの度数には、それぞれしっかりとした違いがあります。

度数の単位は変わりませんが、例えば「メガネでは眼球からある程度の距離があるため、コンタクトレンズを作るよりも度数を強くする必要がある」など、細かい違いが多いもの。メガネのレンズの形や厚さについても確認しなければなりません。

そのため、「メガネとコンタクトレンズを同じ処方箋で作る」ということはできません。実際にそのように考えてメガネとコンタクトレンズを購入する方が少なくありませんが、合わないものを買うことになっってしまいます。合わないメガネやコンタクトレンズを使用すると余計に視力が悪化したり、使用の疲労感が強くなるなど等の影響が出てしまいます。

メガネとコンタクトどちらを利用するにしても、それぞれの度数を把握してからの購入がベスト。また、使う場面を考えたうえでどちらを購入するかの確認も忘れないようにしましょう。

コンタクトレンズの度数の計算方法

ここでは、ここでコンタクトレンズの度数の計算方法についてご紹介します。

コンタクトレンズにおける度数の計算式は、

「コンタクトの度数=0.4÷視力」 「視力=0.4÷コンタクトの度数」

となります。

その結果、

  • 近くにあるものが見えにくい場合はプラス、遠視の度数
  • 遠くにあるものが見えにくい場合はマイナス、近視の度数

などがわかり、それに合わせたコンタクトレンズがわかってきます。度数は0.25単位で表記され、数字が大きければ大きいほど遠視と近視の程度がわかります。

ただし、こちらの計算式はあくまでも一般論。医学的な信憑性はそれほどないため、正確な視力や度数が必要になる場合には、眼科で検査を受けましょう。実際にメガネでもコンタクトレンズでも、購入するときには眼科からの処方箋が必要になるので、必ず受診しましょう。

維持費用はどれくらいかかる?

コンタクトレンズを使用するなかで、気になるものはその維持費用ですよね。ここではやコンタクトレンズの本体代金や初心者におすすめの商品、ケア用品にかかる料金についてお話しします。

コンタクトレンズの本体代金

コンタクトレンズにはソフトレンズとハードレンズの2種類があります。ソフトレンズは初心者向けで、1日や2週間、1か月単位で使い捨てていくタイプ。ハードレンズは購入から数年間ほど使うタイプです。

ソフトレンズでは1日タイプで4,000円が相場(両眼・1ヶ月分)、2週間タイプで4,000円程度(両眼、1カ月弱分)、1ヶ月タイプで6,000円ほど(両眼・3ヶ月)となります。ハードレンズでは8,000円程度が一般的な相場です。

こうして見ていくとハードレンズの方がコスト面で節約できるように思えますが、初心者の方にはおすすめできません。まずレンズの付け心地に慣れる必要があるため、ソフトレンズから始めるのがオススメ。

初心者におすすめのコンタクトレンズ

ここでは、コンタクトを初めて使う方にオススメのコンタクトレンズを紹介。初心者の方はまずは1日タイプから徐々に慣れていくのがベスト。ソフトレンズには1日タイプ、2週間タイプ、1ヶ月タイプがあるので、購入の際にはどのタイプなのかしっかり確認してから購入するようにしましょう。

ワンデー アキュビュー トゥルーアイ

アキュビューによる「ワンデー アキュビュー トゥルーアイ」は、初めてコンタクトを利用する方には特におすすめ!付け心地の良さにとことんこだわっているので、ドライアイなどの不快感を避けられます。水分含有率が高く、長時間の使用にも耐えられます。

ワンデーアキュビュー トゥルーアイの価格・値段や口コミを比較

プロクリア ワンデー

クーパービジョン発「プロクリア ワンデー」も初心者にはぴったりのコンタクトレンズ。水分含有率、保湿性、衛生管理などがしっかりと配慮され、毎日の付け心地は快適そのもの。次世代の技術を最大限活用した、とっておきのコンタクトレンズです。

プロクリア ワンデーの価格・値段や口コミを比較

メニコン1DAY

メニコンの「メニコン1DAY」は、「瞳にやさしい付け心地」がコンセプト。柔らかな素材とたっぷりの水分で、視力と目の健康をとことんサポートしてくれます。持ち運びも便利で、「ユーザーの気持ちにしっかりと配慮してくれる」と好評!

メニコン1DAYの価格・値段や口コミを比較

アキュビューオアシス

1日タイプに慣れてきたら、2週間タイプのコンタクトレンズにも挑戦してみましょう。ここではアキュビューによる「アキュビューオアシス」がおすすめ!

長時間の使用に耐えられるように、水分が豊富に配合されています。また、瞬きによる摩擦への対策もばっちりで目のケアが気になる方でも安心して使えます。

アキュビューオアシスの価格・値段や口コミを比較

エアオプティクスEXアクア

1ヶ月タイプのコンタクトレンズは、交換時期がわかりやすいところが便利!2週間タイプに慣れてきたら使用してみるといいでしょう。

アルコンの「エアオプティクスEXアクア」は、1ヶ月の使用期間に十分耐えられるよう、酸素も水分もたっぷりです。乾燥や目への影響を気にすることなく、日中の長時間装着でも安心できます。

エアオプティクスEXアクアの価格・値段や口コミを比較

ケア用品にかかる費用

1日タイプ以外のコンタクトレンズを使うにはケア用品として「レンズケース」「消毒液」「コンタクトレンズの目薬」が必要です。そんなケア用品にかかる費用を一つずつ確認していきましょう。

レンズケース

レンズを保管するためのケースは必須!数百円程度で購入できますが、数か月単位での買い替えが必要になります。

消毒液

レンズを清潔に使うため消毒液も忘れてはいけません。1本1,000円前後で買えますが、月単位で買い替えることになります。

コンタクトレンズ用の目薬

コンタクトレンズを装着すると目の充血や乾燥が気になってきます。そんな場合にはコンタクトレンズ専用の目薬も用意しておきましょう!こちらは数百円程度で購入できます。

ここまで紹介してきた通り、トータルで考えるとコンタクトレンズのケア用品には年間1万円前後の費用がかかります。

メガネでもコンタクトでも自分に合ったコンタクトを選ぼう

以上、メガネとコンタクトの違いや度数の意味、必要となる費用についてご紹介しました。コンタクトレンズを始める前に今回ご紹介したポイントをチェックして、しっかりと自分に合ったコンタクトを利用して快適な生活を楽しんでくださいね。

参照URL

中央コンタクト フラワーコンタクト、”コンタクトレンズとメガネを比較しよう!”
Refear、”視力と度数は異なります”
Measis、”「sph」と「pwr」って何のこと?意味は同じなの?”
OmgPress、”コンタクトレンズとメガネは同じ処方箋で作れないって本当?| メガネスタイルマガジンOMG PRESS”
アイスペース、”あなたは知ってる?自分のコンタクトレンズの度数と、その測り方”
Measis、”コンタクトレンズにかかる費用ってどれくらい?”