コンタクトのコラム

【近視編】自分に合ったコンタクトレンズの選び方

コンタクトレンズを選ぶ時「自分に合っているレンズはどれなんだろう?」と思ったことはありませんか?レンズには種類がいろいろとあるため、どれを選んだら良いかわからなくなってしまいますよね。

実はレンズ選びには、コツとポイントがいくつかあるのです。ここでは、コンタクトレンズの種類と、それぞれの特徴、そして選び方について紹介します。

コンタクトレンズの種類

コンタクトレンズは、大きくは「ソフトレンズ」と「ハードレンズ」に分けられます。そして、ソフトレンズにもいくつかの種類があります。使用期間や目的によって選ぶようにしましょう。

ソフトコンタクト、ハードコンタクト

ソフトレンズ

@na_3.11がシェアした投稿

水分を多く含んだ素材で、やわらかいレンズです。薄く、装用感が良いので、メガネから初めてコンタクトにする人でも安心です。黒目より大きいため、ハードレンズよりもずれにくく、スポーツをする時などに向いています。使用目的・扱い方によって、使用期間がさまざまなタイプのレンズがあります。

おしゃれを目的としたカラーレンズ・サークルレンズも、ソフトレンズに含まれます。

ハードレンズ

akkoさん(@akko0917krt)がシェアした投稿

プラスチックのような硬い素材でできています。硬いため、慣れるのに少し時間はかかりますが、視力矯正能力は高いです。

黒目よりも小さく、酸素透過性が高いものが多いため、角膜に酸素を通しやすく、目に優しいです。長期間の使用が可能ですが、毎日のつけ外しとレンズケアが必要になってきます。

1day、2week、1カ月

ソフトレンズでも、使用目的やライフスタイルに応じて、レンズを選ぶことができます。

ワンデータイプ

Ema Ariizumiさん(@ema_ariizumi)がシェアした投稿

使用期間が1日のみの、使い捨てです。パッケージから取り出して装用するだけなので、衛生的で安心です。そのため、毎日のケアの必要がありません。

ただし、毎日交換することからコストは少し高めです。

2week、マンスリー(1か月)

広小路コンタクトさん(@_hirocon_)がシェアした投稿

使用期間が決められたタイプです。使用期間内であれば、交換をせずに使用が可能です。毎日のレンズケアが必要ですが「少しコストは抑えたい」「手入れはできる」という人におすすめです。

この他、もう少し長い期間使用できるタイプもあります。

コンタクトを選ぶ際のポイント

コンタクトを選ぶ時は、自分の目の状態、使用目的、ライフスタイルによって選ぶと、だいぶ対象を絞ることができます。「手入れに自信がない」「旅行で失くさないか心配」「普段はメガネだけどスポーツ中だけ使いたい」など、大きな選択基準を挙げながら選んでみましょう。
 

使いやすさで選ぶならワンデー

ワンデータイプの魅力は何と言っても、手軽さです。ケアの必要がなく、パッケージから取り出して装用するだけなので、持ち運びにも便利です。汚れたら新しい物に交換できるので、常に衛生的に使えます。

「毎日の手入れに自信が無い」「いつも新しい物を使いたい」「失くさないか心配」という人におすすめです。使い捨てなのでその分コストは上がってしまいますが「まずは試してみたい」という人にも良いでしょう。

コストパフォーマンスなら2weekか1month

「衛生面は気になるけど、毎日使い捨ては…」という人には、使用期間が限定されているものがおすすめです。

毎日のケアは必要ですが、ソフトレンズの装用感とコストパフォーマンスの、良い所取りができます。決められた期間で交換するので、衛生面でも比較的安心です。

雰囲気重視ならカラーコンタクト

カラーコンタクトでも、度入りのものがあります。近視がある人でも「黒目を少し大きく見せたい」「色を変えてみたい」という時には、カラーコンタクトを選んでも良いでしょう。

カラーコンタクトには、全体的に色や模様がついているものから、フチの部分にだけ色がついているものまで、さまざまな種類があります。通常のコンタクトレンズに比べて、酸素透過率が低いものが多いので、目の負担や使用頻度などを考えて、眼科で相談をするのが安心です。

一つの良いものを長く使いたいならハード

ハードコンタクトレンズは、破損しなければ2~3年は使えます。コストパフォーマンスに優れているので、1つのものを大事に長く使いたい人におすすめです。

また、酸素透過性が高い物が多いので、目への負担がソフトレンズに比べて低いのも魅力的です。装用感はソフトレンズに劣りますが、逆に、ほんの少しの違和感でもすぐに気づくために、疾患やトラブルに気づきやすいメリットもあります。

まとめ

コンタクトレンズを選ぶには、扱い方やコストなど、ライフスタイルをよく見直して「何を重要視するか」を考えることが必要です。

自分に合ったレンズを選ぶことで、快適なコンタクトレンズ生活を送ることができます。ソフトコンタクトレンズ、ハードコンタクトレンズ、それぞれの特性を知り、ベストなコンタクトレンズを選んでくださいね。