*

【最新】正しい目薬の使い方!あなたは間違った使い方をしていませんか?

最終更新日:2018/06/28

パソコンやスマートフォンの画面を長く見ていて、目の痛みやかすみを感じたことはありませんか?電子機器やコンタクトレンズといった便利アイテムの登場とともに、目はどんどん酷使されてしまい、現代人は多くの『目トラブル』に悩まされています。

疲れ目や目の違和感を手っ取り早く解決してくれるお助けグッズといえば、コンビニエンスストアでも気軽に購入できる目薬です。市販されているものは処方薬なども必要ないので、誰でも欲しいときに使えるので便利ですよね。

1,000円を超える高級目薬が飛ぶように売れる昨今、目薬の効能ばかりが重視され、正しい使い方がわかっていない人が増えてきてしまっています。重大な目のトラブルをおこしてしまわないよう、ここで一度目薬の正しい使い方をおさらいしておきましょう。

目の仕組みと目薬のゆくえ

そもそも本来目というのは、涙によって目の表面を保護している状態になっています。目の上部あたりに存在している涙腺から流れてくる涙によって、目の表面に付着したほこりなどの小さいゴミを洗い流し、キレイな状態を保っているのです。

ほこりなどが混じった涙は、まばたきによって目頭のほうにある「涙点(るいてん)」である上涙点と下涙点に集められ、「鼻涙管(びるいかん)」を通って鼻やのどまで排出されていきます。

では、本来存在している涙の上から目薬をさすと、目薬はどこへいくのでしょうか?涙も目薬も、行き着く先は同じ涙点です。目薬が目の表面に流れると、涙と同じようにまばたきで涙点に集められ、鼻やのどまで流れていくのです。人によっては「目薬をさすとのどが苦くなる」という人がいますが、目の構造上起こって当然である自然な現象なので、あまり心配することはありません。

目薬使用直後にまばたきを多くするとポンプのように涙を押しこんでしまい、鼻涙管へ目薬が流れこみやすくなってしまいます。苦味が気になる人はあまりまばたきをしない、仰向けになって点眼するといった工夫をすれば、のどまで目薬が流れにくくなりますよ。

目薬の種類

私たちは目にさす薬を、まとめて「目薬」とよんでしまっていますが、実際には目薬とよばれているものにもさまざまな種類があることを知っていましたか?

有効成分や処方によって異なる目薬の種類の違いを知っておくことで、自身の目症状にぴったり合う目薬を見つけることができるでしょう。まずは、もっとも種類が豊富な「一般用点眼薬」の特徴からチェック!

一般用点眼薬

どこでも気軽に購入できる目薬は、目のかすみや疲れを解消したり、コンタクト使用時の不快感を軽減してくれるものです。目のトラブルがなくても、清涼感を求めて使う人も多くいるほど、一般用点眼薬は日常生活に普及してきています。

充血にも効くと記載があるものは、血管収縮剤が含まれている商品もあります。一時的に充血を改善するにはいいのですが、長期間使い続けると血行が悪くなり、逆に充血がひどくなってしまう場合もあるので、注意が必要です。

「充血が長く続いているな」と感じたら、一般用点眼薬の使用をやめ、眼科での診察を受けましょう。

使うとスーッとした清涼感が味わえるタイプは、「クールタイプ」「爽快タイプ」などと記載があります。目の疲れやかすみの改善、ちょっとしたリフレッシュタイムに使うなら問題ありませんが、角膜の傷や炎症などの諸症状を抱えている人は使用を避けましょう。

ずらりと商品棚に並べられている一般用点眼薬は、各社がこぞって症状や使用シーンにあわせた商品展開をおこなっています。たかが目薬と侮ったりせず、きちんと自分の症状にあわせたタイプを選ぶことが大切です。

次に、もらいものや結膜炎にかかってしまったときに使いたい目薬をチェックしましょう。

抗菌薬

名前のとおり、抗菌物質が含まれている目薬を抗菌薬といいます。「ものもらい」や「結膜炎」の原因となる細菌に効く抗生成分とあわせて、不快なかゆみを鎮める成分が入っているものが一般的です。

細菌に感染してしまっている瞳は、抵抗力が落ちている状態になってしまっています。そのまま放っておくと再発の可能性が高まってしまうので、ビタミンEやタウリンなどの新陳代謝に働きかける成分入りタイプを選ぶと、さらなる抗菌効果が期待できるのでおすすめです。

小さな子どもの「ものもらい改善」として使う場合は、1回使いきりタイプを選ぶのがいいでしょう。不意に子どもが動いてしまったり、手ではたいたりして目薬を床に落としてしまっても、新しいスティックを使えば清潔です。

抗菌薬は清涼感を求めている人や、充血、目のかすみといった目トラブルを改善するための目薬ではありません。あくまでも細菌によっておこってしまった症状を改善するために開発されている商品なので、間違えて購入しないように気をつけましょう。

人工涙液

テレビやスマートフォンなどの画面を注視するあまりまばたきの回数が減ってしまってしまうと、涙の分泌が減ってしまったり、成分が変化してしまうことがあります。放置すると、目が乾燥しゴロゴロするといった症状だけでなく、「ドライアイ」となって、目の表面に傷がついてしまうかもしれません。

そういった人の瞳を潤すために役立つのが、人口涙液です。涙に非常に近い成分の人工涙液は、他の目薬とは少し毛並みが異なります。

生活の中で目に違和感を感じたら、早めに人工涙液で瞳にうるおいを与えてあげましょう。一般用点眼薬よりも成分が涙に近いため、含有成分を気にせずに使えることがメリットです。しかし、商品によっては長持ちさせるために防腐剤が使われているものがあります。

防腐剤無添加と記載があるものを選ぶと、より一層安心して使うことができるでしょう。とくに、コンタクトレンズ使用時には防腐剤入りのものは避けてください。

目薬を差す際に注意すること

正しい目薬の差し方とは、上手に目の中心に点眼できること……だけではありません。正しく目薬を利用しないと、目薬の効果が正常に発揮されないどころか、細菌が入り込んで大切な瞳が汚染されてしまう可能性まであります。

以下の手順通りに目薬を使用して、正しく目薬を使いこなしましょう!

目薬を差す前に手を石鹸で洗おう

まずは目薬に触れる前に、両手をしっかりと石鹸で洗います。私たちの手は、想像しているよりも多くのばい菌でいっぱいです。手を洗わずに点眼してしまうと、目薬を差す前よりも目が細菌まみれになってしまうこともありえます。

清潔な手で目薬を差すことが、正しい目薬の差し方の大前提と言っていいでしょう。

目薬の容器は指で触らない

成分が分離するタイプの目薬は、キャップ開封前によく振っておきましょう。キャップを取り外したら、取り外したキャップは清潔な場所に置いてください。汚れた場所にキャップを立てて置いてしまうと、密封後にばい菌が繁殖してしまう原因となってしまいます。

また、容器の先は指で触ってはいけません。万が一ほこりやゴミのようなものがついているのが見えたら、指で除去しようとせず、清潔な布などを使ってふき取るようにしましょう。

目薬の容器がまぶたに触れないように

利き手で目薬の容器をしっかりと掴んだら、もう片方の手で下まぶたの目じり側を軽く引っ張ります。目薬の容器の先をできる限り目に近づけますが、このとき、まつげやまぶた、眼球自体に触れないように注意してください。

目薬を確実に差すために、表面張力をおこした目薬を、どこかの部分にわざとに触れさせることによって差す人が多く見られますが、この方法は細菌感染の原因となってしまうので、絶対にやめましょう。容器の先は必ず離した状態で、目薬を一滴だけゆっくりと落としてください。まばたきによってあふれでた目薬は、清潔な布やティッシュで優しくふき取りましょう。

何滴も差さない

効果を得たいからといって、何滴も差す必要はありません。むしろ、目の正しい「層」のバランスを乱すことにつながってしまうため、避けてください。目は「粘液のムチン層」、「涙の層」、「薄い油層」の3層で覆われているのが正常です。必要以上に目薬で刺激を与えてしまうと、油の層が流れてしまったり、涙の層の抗菌成分が洗浄され、なくなってしまうこともあります。

市販の点眼薬は、一滴でしっかりと効果を得られるように設計されています。失敗してまぶたに点眼してしまった場合などを除いて、むやみやたらと何滴も差す必要はないでしょう。

複数の目薬を差す際は5分以上間隔を

目薬は何滴も差す必要がないと言ったばかりですが、種類の異なる目薬を複数差すことがあります。病院で複数の点眼薬を処方されることもあるので、複数の目薬を差す手順を知っておきましょう。複数の目薬を差す場合は、一つ目の目薬と二つ目の目薬の使用間隔を5分以上あけるのが正しい使い方です。その際に気をつけてほしい点は、「大事な目薬は後から差すこと」です。

例えば目の洗浄目的で差す人工涙液と、結膜炎改善の抗菌薬の二種類を差すのであれば、人工涙液を差したあとに抗菌薬を差す、といった具合です。

もしも1回目の点眼から5分以上過ぎてしまっても、複数使うことになんの問題もありません。1時間後でも思い出したときに差すことが大事なので、必ず二つ目の目薬を差すのをやめないでください。携帯電話のタイマー機能などを利用すると、忘れることがなくなるのでおすすめです。

「かゆい・痛い・腫れる・赤くなる」場合は使用を中止

まれに目薬による副作用がおこることがあります。副作用の症状は、目のかゆみ、痛み、目の周囲の腫れ、目の充血などです。市販の目薬の使用によってこれらの症状がみられたら、目薬の使用を中止して様子をみてください。ほとんどが眼局所に関する副作用がほとんどですが、人によっては、頭痛や不整脈といった症状が出ることもあります。もしも症状が改善されない場合は、使用した目薬をもって眼科へいきましょう。

医師から処方された点眼薬で症状が出た場合は、電話などで使用を中止していいか問い合わせてから使用を中止してください。目症状の度合いによっては、副作用よりも使用継続の優先をうながされる場合もあるためです。

目薬の貸し借りはしない

どれだけ手順通りに目薬を使用していたとしても、目薬の貸し借りはしてはいけません。気づかぬうちに目の雑菌や目やになどを目薬が吸い込んでしまっている可能性がありますので、貸し借りによって他人からの菌をもらう、または自分の菌を他人に与えてしまうことに繋がりかねません。

「目薬を貸してほしい」と言われても、決して貸さないようにしましょう。1回使い切りタイプの開封していない目薬をあげるのであれば、問題ありません。

参考:社会医療法人 秀眸会 大塚眼科病院|目薬のお話

目薬の保存の仕方

一度使った目薬は普段、どのように保存していますか?誤った保存方法をしてしまうと、目薬の寿命を縮めるだけでなく、正しい効能が発揮できない原因となってしまいます。

一般的に目薬は、直射日光の当たらない涼しい場所で保管するのが正しいとされています。よく冷蔵庫で保管するのがいいと聞きますが、間違いではありません。しかし、冷凍庫に入れたり、微凍結機能のある場所への保存は避けてください。

目薬を持ち歩く際も、できるだけ高温多湿の場所は避けましょう。夏場の車内に置きっぱなしにすると、高温で目薬の成分が変化してしまうことがあります。保存場所だけでなく、開封後は使用期限にも注意してください。

使用期限は開封後からカウントする

一般用点眼薬は、開封後2~3カ月が使用期限とされています。説明書に明記がありますので、使用前にチェックしておきましょう。使用期限は購入してからではなくて、開封してからカウントするということを覚えておいてください。目薬の外箱や容器に記載されているのは、あくまでも「目薬を開封していない状態」での使用期限です。一度開封した目薬は、油性のマジックペンなどで開封日を容器に書いておくと、正しい使用期限がわかりやすくなりますよ。

使用期限内であっても、容器の中にゴミのようなものが浮遊しているのが見られたら、使用するのをやめてください。目やにやほこりが容器に入ってしまっているため、ばい菌が繁殖している可能性が高いです。

残った目薬は捨てる

あまり目薬を使わなかったり、症状が早くに改善した場合、目薬が使いきれずに残ってしまうことがあります。使用期限内であれば保管しておいても問題ありませんが、期限が切れてしまった目薬は捨ててしまいましょう。もったいないからという理由で開封後から何年も使い続けている人がいますが、絶対にやめてください。高級目薬を何年も使い続けるよりも、安くてもしっかり買い替えするほうが圧倒的に効果的です。

まとめ

ちょっとしたリフレッシュにも効果的な目薬。目を酷使しすぎている現代人にとって、もはや欠かせないグッズになってきている目薬だからこそ、正しく、そして効果的に使いたいものですね。誤った使い方をしていた人は、今回記述した手順通りに目薬を差す方法に切り替えてください。種類や効能が細分化されすぎてわかりにくい目薬も、基本的な使い方はどれも同じなので一度覚えてしまえば簡単です。

自身の子どもや友人たちに間違った使い方をしてしまっている人がいたら、ぜひ正しい目薬の使い方を教えてあげてくださいね!

ライタープロフィール

askと申します。昨年まで、2年半ほどコンタクトレンズメーカーの営業・事務をしていました。代理店としての役割も果たしていたので、他社のレンズに関する知識もあります。
   

この記事もよく読まれています

コンタクトレンズ用の目薬と普通の目薬、違いは?

コンタクト装着時はもちろん、目の不調を感じる時に目薬は必需品ですよね。 目薬にはコンタクトレン

記事を読む

防腐剤フリーが安全とは限らない!目薬の防腐剤のメリット・デメリットとは?

みなさんが普段、何気に使っている”目薬”。その成分について、じっくりと表示を読んだことはありますか?

記事を読む

【しみない目薬7選】目薬でつらい思いはしたくない方におすすめ

パソコンやスマートフォンを一人一台持つこの時代。スクリーンで大量の文字を見続ける私たちの目は酷使され

記事を読む

【保存版】嫌がる子供に上手く目薬を差すコツ

子どもがはやり目やものもらいにかかったとき、病院でもらった点眼薬をお母さんが代わりに差してあげる必要

記事を読む

目薬の歴史に迫る!~知られざる意外なルーツ~

目薬にはどんな歴史があるんだろう…?そんな風に思ったことはありませんか?目薬には疲れ目の解消やドライ

記事を読む

【目薬の正しいさし方】2滴以上は逆効果?

疲れた目をスッキリとさせてくれる目薬は、デスクワークなどで目を酷使する人には欠かせないアイテムですよ

記事を読む

【解説】正しい目薬のさし方って知ってる?

一滴たらすと広がるやみつきになる清涼感や、一日中酷使した目のストレスを和らげるためにも使用される『目

記事を読む

複数の目薬を使う際に注意しなければならないポイントとは?

あなたには長い期間使用している馴染みの目薬はありますか?目のリフレッシュに欠かせない目薬ですが、使用

記事を読む

目薬の正しい使用方法【よくある12個の疑問】

あなたは目薬を、正しく使用できていますか?なかなか目薬についている説明書を、隅々までキチンと読んでい

記事を読む

   
目薬の歴史に迫る!~知られざる意外なルーツ~

目薬にはどんな歴史があるんだろう…?そんな風に思ったことはありませんか

目の健康にご利益のある神社とは?~パワースポットへ足を運ぼう~

あなたは目の健康にご利益のある神社があることを知っていますか?神社には

目に優しいモニターは?モニターの仕組みと光について

デスクワークを行ったり、DVDや動画を見たり、ゲームをしたり…PCやス

白目が濁る?濁りを解消する方法を紹介!

自分ではなかなか気がつきにくい部分ですが、眼球の白目の部分が濁っている

今日からできる、三重まぶたの解消法とは?【老化のサイン】

いつもは二重まぶたなのに、朝起きたら三重まぶたになっていた…な

→もっと見る

PAGE TOP ↑