*

【解説】正しい目薬のさし方って知ってる?

最終更新日:2018/06/28

一滴たらすと広がるやみつきになる清涼感や、一日中酷使した目のストレスを和らげるためにも使用される『目薬』。今ではドラッグストアだけでなく、コンビニエンスストアでも購入できる目薬は、日常生活になくてはならないものとなっています。しかし目薬の一般普及に比べ、正しい使い方がしっかりと広まっていないのが現状です。目を清潔に保つために目薬をさしていたのに、逆に目にばい菌を送り続けていた……という人さえいます。

今回は目薬を誤ったさし方で使い続けるとどうなってしまうのか、そして本当に正しい目薬のさし方とはどういう方法なのかを徹底的に解説します。目薬を使っている人は必見ですよ!

誤った目薬のさし方をするとどうなるのか

もっとも多い目薬の誤ったさし方は、容器の先を眼球に直接つけて点眼してしまう方法です。この方法は確実性が高く、まぶたなどの他の部位に間違って目薬を落としてしまうことがないため、多くの人が実践している方法のようです。

しかし、この方法には大きなデメリットがあります。目薬の容器はスポイトのような役割を果たしているので、容器の先を近づけすぎると、涙や目薬が逆流してしまい、容器内の汚染につながってしまうのです。

目にはゴミやほこり、花粉だけではなく、さまざまな細菌がついていることがあります。それらが容器の先のノズルに付着してしまうと、目薬本来の清潔さが保てなくなってしまうでしょう。

眼球に直接付けていない人でも、しっかりと目薬を固定していないことが原因で、まつげやまぶたに容器の先が付着し、目やにやゴミが容器内に入り込んでしまっている人もいます。容器の中にゴミや細菌が入り込んでしまうと、容器内の液体の中ににふわふわと浮遊物が見られるようになります。1度浮遊物が入り込んでしまった目薬は汚染されてしまっているので、使用しないのが基本です。

そうとは知らず使い続けてしまうと、目のかゆみをとるために目薬をつかったのに、「逆に症状が悪化してしまった!」、「ひどい充血になってしまった!」、といった症状が出てしまうことも。絶対に目薬は直接眼球に点眼することはせず、正しいさし方で利用するようにしてください。誤った目薬のさし方の代表として、とあるアナウンサーの目薬のさし方を見てみましょう。

近江友里恵アナのさし方はNG!

NHKで平日の朝放送されている「あさイチ」の公式Instagramで、近江友里恵アナウンサーが投稿した目薬のさし方について、驚きの声が多く寄せられました。なんと、目薬をさす際に顔を一切上にあげず、顔の前面から点眼するという方法を写真とともに紹介したのです。

この状態のまま容器に力を入れても、通常であれば重力によって瞳には目薬はさせず、下に落ちてしまうはずですよね。

実際に、「まねしたけど何度やってもほっぺに落ちる」といったコメントがあるように、近江友里恵アナは目に直接目薬のノズルを付けてしまっている可能性が高いはずなのですが、「目には直接触れていません」との記載があります。

目にノズルを直接つけずに一体どのようにして点眼しているのか気になるところではありますが、多くの反響を受けて、近江友里恵アナは同日に再度Instagramにて目薬のさし方について更新をしています。

先ほど投稿した「近江流・前から目薬を差す方法」ですが、眼科医に確認したところ、やめた方がいいことがわかりました。 正しい目薬の差し方は、 ▼手を清潔にする ▼顔を上に向ける ▼まつ毛やまぶたに触れないように目の中に入れる ▼しばらく目を閉じる です。(「眼科インフォームド・コンセント ダウンロードして渡せる説明シート」より) 近江アナウンサーもさっそく正しい差し方に改めます。 ご指摘いただいた皆様、ありがとうございました。 #再投稿 #nhkなんで #目薬 #近江友里恵 アナ #nhk #あさイチ #8時15分から

NHKあさイチさん(@nhk_asaichi)がシェアした投稿 –

さし方に多くの心配の声があがったため、眼科医に確認をとったところ、やめたほうがいいと促されたとのこと。きちんと正しい内容を確認して報告するところは、ニュースを扱うアナウンサーならではの誠実さを感じますね。眼科医から直接教わったという簡易的な「正しく目薬を差す方法」も一緒にアップされており、さっそく正しい手順に切り替えたとのこと。

たまたま番組中の流れで目薬のさし方をアップすることになったことがきっかけで、正しい目薬のさし方の方法が知れたのは良かったのかもしれません。

普段他人が目薬をさしている場面をまじまじと見られる機会は少ないので、もしかすると近江友里恵アナのほかにも、ユニークな方法で点眼している人が多くいるかもしれません。決してまねをせず、正しい目薬のさし方で点眼をするように心がけましょう。

正しい目薬のさし方

実際に正しい目薬のさし方について、詳しい方法とあわせてみていきましょう。誰でも簡単にできる手順なので、1度覚えてしまえば簡単です!ステップ1からステップ7にわけて手順をわかりやすく記載したので、見てみましょう。

STEP1「しっかりと手を洗う」

まずは箱から目薬を取り出す……前に、しっかりと石鹸(せっけん)を使って両手をきれいに洗いましょう。汚れていない手でも、見えないばい菌にまみれている可能性が高いためです。

スマートフォンなどの携帯電話やキーボードには、便器の何倍もの細菌がついているとされています。それほど、普段何気なく使用しているものには見えないばい菌がたくさん付着しているのです。キレイに見える手も、必ず汚染されていると考えましょう。

手を洗わずに目薬や目元に触ってしまうと、手の指についている菌が目薬の容器内や目に入ってしまう原因となりかねません。きちんと両手を洗浄したあとは、清潔なタオルなどで手を拭いて、目薬をさす下準備は完了です!

STEP2「目薬のノズルは触らない」

目薬のキャップを取り外したら、キャップは清潔な場所に置いておきましょう。不衛生な場所に置くとキャップに菌がついて、栓を閉めた後に容器内全体に菌が蔓延(まんえん)してしまうことになってしまいます。キャップをはずしたあと、容器の先のノズルに触れる行為も厳禁です。容器の真ん中らへんを利き手でもつように心がけてください。利き手の親指で片面を、人差し指で反対側をもつようにしましょう。

万が一目薬のノズルにゴミなどが付着しているのが見られたら、決して手で触れず、ティッシュなどを用いてゴミを除去してください。指先でゴミを触れると、ゴミを介して細菌がノズルに付着してしまう可能性があります。

STEP3「顔を上方向へ向ける」

顔をやや上方向に向けます。テレビのCMではほぼ真上を向いていることが多いですが、極端に上方向に向けなくても大丈夫です。まつげが長い人や、目が小さい人は目薬が上手に入りにくい傾向があるため、そういった人はできるだけ上方向を向いたほうが点眼しやすいでしょう。

自宅などの安全な場所であれば、仰向けに自然と真上を向ける寝転がった状態で点眼するのもおすすめです。どうしても上手にさせないという人は、試してみてください。

また、目薬をさしたあとにどうしても喉まで薬が流れてしまい苦いといった人にも、仰向けでさす方法をおすすめします。大人が子どもの代わりに点眼する場合も、子どもに仰向けになってもらい、子どもの頭をひざにのせる形でおこないましょう。

STEP4「片手で下まぶたをおさえる」

利き手ではないほうの手で、下まぶたを引っ張るようにしておさえます。自分でもっとも入りやすい角度が作れる方向へ向かって、大きく引っ張ってください。斜めに引っ張る人もいれば、下に引っ張る人もいます。いつも無意識に目を閉じてしまい、うまく点眼できないという人は、下に向かってすこし強めに下まぶたを押し下げてみてください。目の中心より少し下の目ポケットへ向かって点眼するようにすれば、うまくいきやすいです。

STEP5「黒目の真上から1滴落とす」

ちょうど目の黒目の部分の真上に落とせるように位置を調節し、1滴のみ点眼してください。高さは3センチ前後から落としますが、2センチ程度までであれば近づけてもかまいません。2センチ以上近づけてしまうと、まつげやまぶたとノズルが接触してしまうことがあるのでやめましょう。

この際、薬の効果を高めるために何滴もさしてしまう人がいます。本来目薬は1滴で効果を発揮できるように開発されているので、何滴もさすのは避けてください。目からあふれて無駄になるばかりか、目のバリア層のバランスを崩して新たな目トラブルを引き起こす原因となりかねません。説明書に点眼量の記載がある場合は、それに従ってください。

STEP6「まぶたを閉じる」

目の中に目薬をさせたら、次は目薬が涙点(るいてん)から流れ出ていってしまわないよう、しばらくの間まぶたを閉じてください。1分程度の間閉じればOKです。まぶたを閉じていないと、目の表面にたまった目薬を無意識の内にまばたきで追い出そうとしてしまいます。まばたきによって涙のように目の外に目薬が流れてしまうと、薬の効果がしっかりと発揮されません。

不用意なまばたきをしてしまわないためにも、目薬をさしたあとは1分間しっかりとまぶたを閉じるようにしましょう。目頭にある涙点をおさえるという方法もありますが、目頭をおさえているだけではまばたきを防ぐことはできません。目を閉じていても問題ない状況なのであれば、目を閉じて1分間待つのがもっとも最適な方法です。

STEP7「溢れた薬をふき取る」

目薬がまばたきなどによって外側に溢れてしまった場合は、清潔な布やティッシュなどでしっかりとふき取ります。そのまま放置してしまうと、薬の成分によっては皮膚のかぶれやかゆみにつながってしまうことも。とくに、肌が弱い方は要注意です。

目元周りの皮膚はとても薄くデリケートなので、ゴシゴシとこするのは避け、優しく押し当てるようにして薬をふき取ってください。肌荒れが気になる人は、水に湿らせたガーゼなどで丁寧にふき取るとより安心です。点眼後はキャップを最後までしっかりと閉め、内容液が漏れないようにしてください。きっちりと閉めておかないと中にばい菌が入る原因にもなってしまいます。

目薬の保管方法に不安が残る人は、1回使いきりタイプを使用するのも手です。一度使えばそのまま捨ててしまうので、次回使うときは新しいものが使えて清潔です。

あまり多く目薬を使わず、いつも余らせてしまうといった人は、使いきりタイプへの切り替えも検討してみてください。

コンタクト着用時にコンタクトNGの目薬を差すのはダメ

コンタクトを着用していると、ゴロゴロとした不快感を感じたり、乾燥してきたりと、目薬の力を借りたくなる場面がたくさんでてきますよね。

さまざまな種類が販売されている目薬ですが、コンタクトレンズ着用時はとくに選び方に注意する必要があります。柔らかな素材でできているソフトコンタクトレンズの場合、目薬の成分をレンズが吸収しやすくなるためです。本来であれば目に良い影響を与えてくれるはずの成分も、コンタクトレンズを通して長時間目に付着しつづけると、悪影響に切り替わってしまうことも。さらに、薬液の成分によってはコンタクト自体が収縮、変形を起こしてしまう可能性もあります。

とくに、『防腐剤』が含まれている目薬は、絶対にコンタクトレンズ着用時には使用してはいけません。通常販売されている一般用点眼薬や人工涙液などは、品質を長持ちさせるために防腐剤が含まれていることがあります。通常の使い方であれば短時間で流れ出るため問題ないのですが、コンタクトレンズが防腐剤を吸収した状態が長く続くと、防腐剤の成分に目の角膜がさらされ、角膜障害をおこしてしまいます。

必ず、「コンタクト着用時でも利用可能」と記載のある目薬をさすようにするか、一度コンタクトレンズをはずしてから点眼するようにしましょう。コンタクトレンズをはずして目薬をさす場合は、点眼後15分ほど時間をおいてから再度コンタクトを着用してください。

ハードコンタクトレンズの場合は、目薬をさしても問題ないと考えられていますが、レンズの種類によっては注意が必要です。

現在の主流である「酸素透過性型」のハードコンタクトレンズの場合は、ソフトコンタクトレンズと同じく防腐剤を吸収してしまう働きをもっているため、防腐剤入りの目薬はさしてはいけません。

まとめ

思いの外知られていない正しい目薬のさし方に焦点をあてて紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。人それぞれ異なる目薬のさし方ですが、さし方によっては思わぬ目トラブルを引き起こしてしまう原因となってしまうこともあり、大変危険です。

正しい目薬のさし方や種類をマスターしておけば、目の不快感を覚えたときでも安心ですよね。いつどんなときでも正しく目薬を使って、瞳も目薬も清潔に保ちましょう。

ライタープロフィール

askと申します。昨年まで、2年半ほどコンタクトレンズメーカーの営業・事務をしていました。代理店としての役割も果たしていたので、他社のレンズに関する知識もあります。
   

この記事もよく読まれています

【しみない目薬7選】目薬でつらい思いはしたくない方におすすめ

パソコンやスマートフォンを一人一台持つこの時代。スクリーンで大量の文字を見続ける私たちの目は酷使され

記事を読む

目薬の正しい使用方法【よくある12個の疑問】

あなたは目薬を、正しく使用できていますか?なかなか目薬についている説明書を、隅々までキチンと読んでい

記事を読む

防腐剤フリーが安全とは限らない!目薬の防腐剤のメリット・デメリットとは?

みなさんが普段、何気に使っている”目薬”。その成分について、じっくりと表示を読んだことはありますか?

記事を読む

コンタクトレンズ用の目薬と普通の目薬、違いは?

コンタクト装着時はもちろん、目の不調を感じる時に目薬は必需品ですよね。 目薬にはコンタクトレン

記事を読む

【最新】正しい目薬の使い方!あなたは間違った使い方をしていませんか?

パソコンやスマートフォンの画面を長く見ていて、目の痛みやかすみを感じたことはありませんか?電子機器や

記事を読む

複数の目薬を使う際に注意しなければならないポイントとは?

あなたには長い期間使用している馴染みの目薬はありますか?目のリフレッシュに欠かせない目薬ですが、使用

記事を読む

目薬の歴史に迫る!~知られざる意外なルーツ~

目薬にはどんな歴史があるんだろう…?そんな風に思ったことはありませんか?目薬には疲れ目の解消やドライ

記事を読む

【保存版】嫌がる子供に上手く目薬を差すコツ

子どもがはやり目やものもらいにかかったとき、病院でもらった点眼薬をお母さんが代わりに差してあげる必要

記事を読む

【目薬の正しいさし方】2滴以上は逆効果?

疲れた目をスッキリとさせてくれる目薬は、デスクワークなどで目を酷使する人には欠かせないアイテムですよ

記事を読む

   
目薬の歴史に迫る!~知られざる意外なルーツ~

目薬にはどんな歴史があるんだろう…?そんな風に思ったことはありませんか

目の健康にご利益のある神社とは?~パワースポットへ足を運ぼう~

あなたは目の健康にご利益のある神社があることを知っていますか?神社には

目に優しいモニターは?モニターの仕組みと光について

デスクワークを行ったり、DVDや動画を見たり、ゲームをしたり…PCやス

白目が濁る?濁りを解消する方法を紹介!

自分ではなかなか気がつきにくい部分ですが、眼球の白目の部分が濁っている

今日からできる、三重まぶたの解消法とは?【老化のサイン】

いつもは二重まぶたなのに、朝起きたら三重まぶたになっていた…な

→もっと見る

PAGE TOP ↑