目と美容

整形なしで二重にする方法教えます【保存版】

日本人が性別を問わず憧れる顔のポイントで最も重要視されるのは、『二重』と断言しても過言ではありません!大きくパッチリとした目の象徴である二重は、整形をしてでも手に入れる人が続出するほど。

整形をしない人は、メイクで「二重風」に見せたり、一重でも目を大きく見せられるカラーコンタクトを利用したりと、涙ぐましい努力をするほかありません。でも整形はお金もかかるし、なんだか怖い……と、二の足を踏んでいる人も多いのではないでしょうか。

そんな悩める一重の人たちに、整形なしで二重にする秘伝のテクニックを教えます!今日から早速チャレンジして、憧れの手間要らずなナチュラル二重を手に入れちゃいましょう♪

二重の種類

早速二重を手に入れるトレーニング……を実行するまえに、まずは二重の種類についておさらいしておきましょう。二重と一口にいっても、二重は大きくわけて3種類にわけることができます。自身が目指したい二重をイメージしながら、それぞれの二重の特徴を見ていきましょう。

末広型二重

末広型二重

ナチュラルな印象の目元で、日本人に一番似合うとされているのが末広型です。芸能人のような派手さはないものの、年齢や性別を問わず愛される二重とされています。

目頭から二重の分岐が始まり、目じりに進むごとに二重の幅が少しずつ広がっていくような形をしているのが特徴です。アイメイクをばっちりしてしまう女性よりは、ナチュラルメイクを好む女性に人気があります。一重と比べると目元が優しくなり、第一印象で好印象をつかめるでしょう。

平行型二重

平行型二重

完全に二重の線が単体にわかれており、二重の中でももっとも華やかでパッチリとした目元を叶えてくれるのが平行型です。平行型はアイドルやモデルにも多いほか、海外の人に多いのもこの二重です。二重の幅が広ければ広いほど目を大きく見せられ、周囲にまるでハーフのような印象を与えられるでしょう。アイメイクを施せばさらに華やかになり、思うがままの大きな瞳を手に入れられます。

ただノーメイクのとき、見る人によっては眠たそうにしていたり、気だるそうな目にも見えてしまうようです。

奥二重

奥二重

パッと見だと一重にも見えてしまうのが奥二重です。ですが、一重のときと奥二重のときを比べると、目が大きく、丸く見えます。一重のときと比べて顔の印象が大きく変わらないため、周囲に気づかれにくい特徴をもっています。日本人に多いのはこの奥二重です。目元がすっきりとした印象になるのですが、あまり二重っぽくないというデメリットも。ですが、奥二重ならばメイクの仕方次第で末広型の二重に見せることも可能です。

また目元は加齢による老けを感じやすい箇所ですが、奥二重の人は年齢を感じさせにくいというメリットもあります。いつまでも若々しく見えるので、女性からの評価は高い種類の二重です。

二重にするためのマッサージ方法

お待たせしました!それでは、気になる二重にするための方法を教えます。整形なしで二重にする手段はさまざまですが、今回は効果の高い「マッサージ方法」で、ぱっちり二重を目指しましょう。

脂肪除去+血行促進マッサージ

まずは、2種類のマッサージを組み合わせて二重を目指す方法を、動画とあわせてチェックしてみましょう。マッサージを紹介している方自身も、この方法でキレイな末広型の二重を手に入れたようです!

まずは、血行を促進するマッサージから始めましょう。目元のマッサージをおこなうので、必ずコンタクトレンズをしている人ははずして、メイクも落とした状態でおこなってください。

親指と人差し指の腹を使い、眉毛を直接つまみます。眉毛の内側、中心、外側という順番で、力を入れる場所を移動させながらマッサージをおこないます。引っ張るイメージではなく、つまむことで肌に刺激を与えてください。つまんだ部分の脂肪をほぐすようなイメージで、順番に力を加えていきましょう。

力を入れすぎると目元周りの皮膚が傷ついてしまうので、ほどよい力加減でマッサージをしてください。片方の眉毛につき3分間継続し、終わったらもう片方の眉毛も同じく3分間マッサージしましょう。

メイクを落としたあと湯船につかった状態でマッサージすると、さらなる血行改善がのぞめます。血行をよくすると二重になりやすいだけでなく、目元のむくみ改善、起床直後でもパッチリ目になるといった効果も期待できるので、すでに二重になっている人にもおすすめです!

まぶたが重たく、腫れぼったいという人であれば、血行改善マッサージだけでなく、以下の脂肪除去マッサージも併せておこなうとさらに二重に近づきます。

さきほど眉毛をつまんだのと同じように、まぶたを親指と人差し指を使って軽く引っ張った状態で、ぐりぐりと揉みほぐします。マッサージする箇所を、内側から外側へ徐々に移動させていくのがコツです。脂肪除去マッサージについてはとくに時間に決まりはないので、無理のない程度に繰り返してください。

マッサージ+まばたき法

次はちょっとユニークな、まばたきとマッサージを組み合わせた方法を紹介します。先ほどの二重マッサージと比べると時間と労力がかかるので、早急に二重にしたい!という人におすすめの方法です。

まずは、化粧水を使ってマッサージするための下準備をおこないます。手持ちにある化粧水で構わないので、適量を手に取り、まぶたやフェイスラインに満遍なく伸ばすように塗ってください。量が多すぎると目に入ってしまうので、化粧水はほんの少しでOKです。

人差し指の腹をまぶたの目頭側につけ、目じりに向かってぐるぐると円を描くように伸ばしていきます。まぶたにある脂肪を、外側に追い出すようなイメージで力を入れてください。

その次に、両手の親指を目頭付近に添えるようにあて、自分自身で仮の二重の線をつくってください。目の上にある骨を押し上げるイメージで、目じり側までしっかりと線をつくりましょう。二重のラインをつくったあとは、人差し指の腹をまぶたの目頭側につけて、目じりに向けてまぶたをひっぱるように伸ばします。人差し指はそのままの位置で固定し、同じことを中指で繰り返します。

こうすることで、まぶたの皮膚が目じりへと強く引っ張られる形になるはずです。そのまま指を目元からこめかみへ移動させ、首、鎖骨へ順番に馴染ませるように手を降ろしていきます。

以上の流れを1セットとし、5セット繰り返せばマッサージ部門は完了です。

続いて、小指を目頭に当てて、再度二重の線を自力で作ります。二重のラインがくっきり出ている状態を小指でキープしつつ、上目遣いでまばたきを100回繰り返します。小指を目頭から目じりへ移動させ、同じく小指で二重の線をキープしたまま、上目遣いでまばたきを100回繰り返します。

次は、先ほどと同じことを親指に変えてやりましょう。目頭でまばたき100回、目じりでまばたき100回繰り返してください。親指にすることで、二重の線の幅を大きくとることができ、クセがつきやすくなります。

最後に両手でピースの形をつくり、頬と眉毛を引っ張って二重のラインをつくります。その状態のまま、上目遣いで今度は200回まばたきをしてください。これで、全ての手順は終了となります。

まばたきの回数が多くて大変ですが、このマッサージを朝と晩にわけて1日に2回おこないましょう。動画を見たユーザーから、一週間や三日で二重になった!と複数のコメントを寄せられるほど効果絶大なマッサージです。即効性を望む人は、ぜひ試してみてくださいね。

パッチリ二重マッサージ

最後に教えるのは、美容整体師が教える1日5分でできるトレーニング方法です。本物の美容整体師が動画つきで教えてくれるので、ぜひ動画とあわせてチェックしてみてください。

眉頭に親指の腹をあてて、骨を上にあげるようなイメージで上にあげていきます。1~2分続けて、ぐっぐっと軽く力を入れながら押してください。

次に前髪の生え際よりも1~2cm上を、両手の5本指を使って掴み、後頭部に向かって上げていきます。頭皮を上に押し上げていくイメージで、揉みほぐしてください。こちらも同じように1~2分続けましょう。眉頭と生え際のマッサージが終わったら、眉を上に上げたまま、人差し指、中指、薬指の3本を使って眉毛を下から持ち上げるように触ってください。目を大きく見開いた状態にすると、眉を上げやすいです。3本指で眉毛を上に押し上げつつ、左右に動かして揉みほぐすようにマッサージしていきます。気持ち良いと感じる程度に力を加えるのがポイントです。

以上の手順を1日に2回を目安に1週間程度続けると、二重のラインがくっきりしたり、二重幅が広くなるといった効果が期待できます。

こちらのマッサージ方法は、一重の人の中でもわずかに二重ラインがある人へおすすめのマッサージのようです。該当しない一重の人は、先ほど紹介した2種類の動画を試してみてくださいね。

マッサージする際の注意点

動画を交えながらマッサージ方法を記述してきましたが、注意してもらいたいポイントが3点あります。美しい二重を手に入れることも大切ですが、必ず以下の点を守ってマッサージをしてください。

丁寧に行う

何はともあれ、丁寧におこなってください。というのも、まぶただけでなく、目元周りの皮膚はとってもデリケートです。なぜなら、目元周りの皮膚は体の中で最も皮膚の厚みが薄いためです。

強い力でこする、1日の目安以上におこなうなどして負担をかけると、赤みや腫れ、肌荒れを引き起こしてしまいかねません。必ず適度な力で、丁寧におこなうことを心がけてください。

継続すること

次に大切なことは、継続しておこなうことです。動画のコメントなどを見ると、「一発ですぐ二重になった!」という声も聞かれますが、もちろん全員が全員、すぐに二重になれるわけではありません。

マッサージによって目指すのは、目元に関する部位の血行を促進することで、目元の腫れぼったさをなくしたり、不要な脂肪を徐々に減らしていくことです。

1日で5キロのダイエットはほぼ不可能なように、一重から二重になるのは時間がかかるものだと思ってください。二重までの道のりには大きな個人差がありますが、効果が出ないからと途中で諦めてしまっては勿体ありません。

目に違和感があるときはやらない

目がかすむなどの違和感があるときは、マッサージはお休みして、目にも休息を与えてください。もちろん、ものもらいや結膜炎など、目の病気にかかってしまっているときも悪化させる原因となってしまいますので、マッサージはしないでください。

花粉症やアレルギーなどで、目元周りの皮膚がかぶれてしまっているときも、かゆみを促進させてしまうので控えましょう。あくまでも二重マッサージは、体や目元のコンディションが整っているときに限定しておこなってくださいね。

二重にするためのグッズ・アイテム

マッサージは一重から二重になるだけでなく、むくみの解消や血行促進などの効果も期待できるのでぜひ続けたいですね。ですが、「今日すぐにでも二重になりたい!」という人には向いていないのも事実です。今はあっという間に二重になれるグッズやアイテムも多々販売されているので、自分にぴったりの商品がないか見てみましょう。その中でもとくにおすすめのものを特徴と一緒に紹介します。

アイプチ

二重グッズの先駆けといえばアイプチ。一重の人は、一度は使ったことがある人も多いのではないでしょうか?

アイプチの容器には、糊になっている液体が入っています。アイプチは二重にしたい箇所に適量塗って皮膚同士がくっつく状態を作り、まぶたの皮膚と皮膚を接着させることで二重のラインを生み出すという、画期的な二重グッズです。乾燥までの時間や、二重のラインを作るのが難しいのですが、一度コツさえ掴んでしまえば誰でもキレイな二重ができる、いわずと知れた人気商品です。

最近では強力タイプやウォータープルーフタイプなど、どんどん新しい種類が発売されているので選ぶのに迷ってしまうかもしれません。豊富な種類の中から最もおすすめしたいのは、イミュから発売されているナチュラルな仕上がりのアイプチです。

アイプチ リキッドテープN

糊状の液剤を塗ると、テープのように変化する新しい形のアイプチです。まばたきをしても、メイクをしても、アイプチとばれにくいのでデート時でも安心!どの角度から見ても不自然に光ってしまうということもない透明な仕上がりで、使い心地抜群です。

日中に二重に見せたいだけでなく、寝てる時間も有効活用して自然な二重を目指したい!という人は、夜用のアイプチを使ってみましょう。

メジカライナー ナイト&ハード

今までのアイプチをくつがえす、まさかの夜用アイプチ。寝ている間に二重ラインを形成しておくことで、二重のクセをつけることを狙った商品です。もちろん、昼間の利用も可能です。

アイテープ

名前の通り、シールのようにまぶたに貼って二重のラインを作れるのがアイテープです。アイプチと違って乾かす時間が必要ないため、朝の忙しい時間にもサッと理想の二重を作ることができるという特徴があります。

とくにおすすめしたいのは、まぶたの皮が薄いのに一重で悩んでいるケース。皮膚が薄いことを生かして、テープの力でしっかりと二重ラインが作れます。

ミラクルチェンジアイテープⅡ

テープタイプは幅が広いとばれやすい、つっぱりやすいというデメリットがありますが、スリムタイプを使えばそういったデメリットを気にせず使うことができます。もちろんアイシャドーなどのアイメイクをプラスしても、違和感がありません。

二重スタンプ

直感的にスタンプのように押し当てていくだけで、簡単に二重が作れるということで話題になったのが二重スタンプ。二重にしたい場所にシャチハタハンコのようにポン!と押すだけで、あっという間に二重が完成します。

アイプチは自分で二重のラインを決めないといけませんが、二重スタンプは形が出来ているというのも助かりますね。

ふたえスタンプ

ふたえスタンプは、二重スタンプとしても使えるほか、アイプチのように通常の糊状タイプとしても使える優れものです。接着力が強力なので、一日中二重をキープできるというのも魅力的ですね。

メザイク

メザイクは、細いファイバーをまぶたに食い込ませて二重の線を作る一風変わったアイテムです。アイテープと違って引っ張れば横に伸びるので、二重の自由度がぐっと上がります。ただ生まれて初めての二重グッズとしては難易度が高めなので、元々アイプチやアイテープを使ったことがある!という人におすすめしたいグッズです。

mezaik String fiver

ふせ目のことまで考えて開発されたメザイクです。医療用に開発された素材を使っているので、デリケートなまぶたに繰り返し使っても安心できますね。糊を使っていないので、夏場の汗対策としても。

まとめ

アイプチなどを利用して一時的に手に入れられる二重より、自然な二重に憧れるのは当たり前のこと。今回の記事で紹介した二重マッサージを続けて、理想的なぱっちり二重を整形やアイテムなしで手に入ましょう!