目と美容

目元のしわを改善するには?【タイプ別に解説します】

最近の目元のシワが気になる…

そんな悩みを抱えている人はいませんか?年齢とともに増えていくシワはいつだって女性の敵ですよね。目の周りの皮膚は特に顔面の中でも薄くデリケートな部分です。そのためシワも寄りやすく、目の周りのシワは特に厄介だと言えるでしょう。

そこで本記事では目元のシワに着目し、目元にシワができる原因や目元のしわの種類とケア方法、日頃からできるシワ対策をまとめてお伝えします。寄りやすい目元のしわも今すぐ対策を始めれば予防も解消も可能です。本記事を参考に目元のしわ対策をはじめ、若々しいあなたを維持しましょう!

目元にしわができる原因

まずは目元になぜシワができてしまうのか、その原因を探りましょう。目元にシワができる要因を知ることで、日頃の生活から目元のシワを予防することができます。

原因1「加齢」

目元のシワの原因として避けられないのが加齢です。老化による皮膚や筋肉の衰え、皮下脂肪が原因となって目のたるみを招き、目元のしわを引き起こすことがあります。また歳を重ねるごとに目の下の乾燥も進み、シワが目立ちやすくなります。皮膚の衰えには個人差がありますが、加齢によるシワは避けられないものとして普段の生活習慣に気を配っていくことが重要です。

原因2「乾燥や紫外線」

次に上げられるのが、乾燥や紫外線です。はじめに述べた通り、目元の皮膚は薄いため特に乾燥しやすく、外界の刺激の影響を受けやすい部分でもあります。普段から目元の乾燥に注意しないと他の部分よりも早く疲れや衰えが現れることも。紫外線は特に日焼けやシミの原因になるため日頃から防ぐ工夫をするのが賢明です。

原因3「摩擦や刺激」

アイメイクを落とすときや目のかゆみを感じたときなど、目をゴシゴシこすってしまってはいませんか?その摩擦や強い刺激は目元のシワの原因にもなるのです。花粉症の時期は特に目をこすってしまいたくなりますが、目の皮膚は非常に薄くダメージを受けやすいです。したがってアイメイクはアイメイク専用のメイク落としで優しく落とす、目のかゆみはこする以外の方法でケアするなど、特別な対処が必要です。

原因4「血行不良」

目の酷使による目周りの血行不良も目元のシワの原因になります。長時間パソコンやスマートフォンを眺めるなど目を酷使する生活習慣を続けると目に大きな負担がかかってしまいます。結果血行不良を引き起こし、肌への負担もかかって小じわの原因になってしまいます。忙しい生活の中でもできるだけ目を休ませる工夫をすることが大事ですね。

目元のシワの種類

目元のシワの原因を確認したところで、次に目元のシワの種類について見ていきましょう。

シワの種類

ちりめんジワ

ちりめんジワは目もとのシワの代表格とも言えるシワです。ちりめんジワは皮膚の一番上の層に当たる表皮にできる小さく細かいシワのことです。和装によく使用されるちりめんという布地に似ていることからちりめんジワと呼ばれています。

表情ジワ

表情ジワとは笑ったときに目尻によるシワなど普段の表情の癖によってできたシワのことです。多くの場合、皮膚の弾力によってシワが残ることは少ないのですが、加齢や乾燥、紫外線によって肌の弾力が低下すると、シワが刻まれたままになってしまうことがあります。

真皮ジワ

真皮ジワはちりめんジワを放置するとできるシワです。表皮よりも深い真皮にまでシワが達して太くクッキリとしたシワができてしまいます。また紫外線や加齢も真皮ジワの原因になることがあります。

シワ別ケア方法

一口に目元のシワといってもその種類や対処方法は様々です。目元のシワを細かく分類することで、あなたにあったケア方法を見つけてくださいね。

真皮ジワのケア方法

真皮ジワをケアするのに最も大切なのが紫外線予防です。外出時に日焼け止めを塗ったり、帽子で光が当たるのを防いだり、日頃から紫外線対策を徹底するのがオススメです。またスキンケアの際には皮膚の奥から働きかけるようなリフトアップ効果のあるあいくりーむなども活用すると良いでしょう。

ちりめんジワのケア方法

ちりめんジワは表皮の乾燥が主な原因です。そのためちりめんジワのケアには丁寧な保湿が欠かせません。まずは化粧水で目元の肌に水分を含ませ、その上からクリームや乳液で油分を与え乾燥を防ぎましょう。

表情ジワのケア方法

表情ジワをケアするには表情の草をなくすのが一番です。眉間によるシワなどは特に人に与える印象にも影響を与えるので、日頃から意識してみると良いでしょう。またクリームなどで保湿重視のスキンケアを行うのも効果的です。

日ごろからできるしわ対策

シワの種類ごとにケア方法を紹介してきましたが、そもそもシワを防ぐには日頃からどのようなシワ対策に取り組めば良いのでしょうか。次は今すぐできるシワ対策をご紹介します。

目元用の保湿ケア用品を使う

前の章でどのタイプのシワにも乾燥が大敵だということがよくわかったと思います。したがって、目元の保湿には特に力を入れましょう。目の周りの皮膚のデリケートさを考慮して、目元専用の保湿美容液やクリームを使用するのがオススメです。

アイメイクのメイク落としに注意する

メイク落としは毎日行うものなのでその分目にかかる負担も大きくなります。他の顔の部分と同じように扱うのではなく、目元用のメイク落としを用意し、やさしく洗い落としましょう。毎日意識することでシワができる確率が格段に下がります。

目元の血行をよくする

目にかかる負担を和らげるために、目元の血行を良くすることを心がけましょう。蒸しタオルやツボ押しなどによって筋肉の疲れを和らげることで、目のリフレッシュとシワ対策につながります。

まとめ

ここまで目元のシワの原因から目元のシワの種類とそれぞれのシワへの対処法、普段から取り組めるシワ対策についてお伝えしてきました。年齢とともに増えるシワは仕方がないこととはいってもできるだけ対策したいですよね。目周りのシワの原因をきちんと把握し、適切な対処と予防を実践することで、目元のシワは改善できます。本記事を参考に、あなたも今すぐ目元のシワ対策を始め、いつまでもハリのある目元を目指しましょう!