目と美容

原因から探る、まぶたのくすみを改善する方法と予防策【保存版】

目や目元は顔の印象を決める重要なパーツです。その目元に、ちょっとくすみがあるだけで疲れて見えたり、老けて見えたりするので、厄介ですよね。くすみがひどくなると、化粧で隠すのもなかなか難しくなります。

目元は皮膚が薄く、ちょっとしたことでダメージを受けやすいのでくすみやすい場所です。普段の何気ない行動がくすみの原因を作っているかもしれません。今回は、目元やまぶたのくすみの原因や改善方法を紹介します。くすみを予防したり、正しいケアをして、くすみのない健康的なまぶたを手に入れましょう。

まぶたのくすみの原因

「くすみ」とは、上まぶたと下まぶたの周辺部分が暗く見えている状態のことを言います。実際に肌の色が暗くなっていたり、影ができて暗く見えていたりと、くすんで見える原因はいくつかあります。くすみの原因の代表的なものを見てみましょう。

その1「血行不良」

下まぶたの青っぽいくすみは、血行不良が原因です。下まぶたはもともと皮膚の薄い場所なので、皮膚の下の血管が浮き出て見えますが、血行不良だと血の色が暗く、青ざめて見えます。

身体全体の血の巡りが悪いので目元がくすむケースもありますが、眼精疲労により目元の血流だけが悪くなっていることもあります。長時間パソコンなどを使用する方は、目が疲れやすく、このタイプのくすみができやすいので注意しましょう。

その2「乾燥によるダメージ」

目元の皮膚は薄いので、ただでさえ敏感です。それに加えて乾燥しているとバリア機能が弱くなり、ちょっとした刺激でダメージを受けてしまいます。ダメージを受けた肌は、シワやしみができやすくなり、くすみを悪化させます。

また、乾燥していること自体がくすみのように見えていることもあります。水分がなく乾燥している肌はハリがないので影ができやすく、くすんで見えます。

その3「肌への刺激や摩擦」

目元の皮膚はとても敏感なので、ちょっとした刺激や摩擦が、くすみの原因になっていることがあります。目がかゆくて擦ってしまったり、洗顔やクレンジングで強く肌を擦ると、皮膚に細かい内出血が起こり、くすんで見えることがあります。

肌への刺激や摩擦が多いと、肌のバリア機能が失われ、乾燥の原因にもなります。乾燥がさらにくすみを悪化させるので負のループに陥ってしまいます。

その4「メラニンによる色素沈着」

茶色のくすみの場合は、色素沈着が考えられます。紫外線によりメラニンが発生することが主な原因ですが、化粧品の成分によって目元が刺激され、色素沈着していることもあります。丁寧にクレンジングをしても目元がうっすら暗いという方は、化粧が落ちていないのではなく、色素沈着を起こしている可能性が高いです。

メラニンによる色素沈着は、通常であれば、皮膚のターンオーバーにより徐々に薄くなります。しかし、不規則な生活や、加齢による細胞の老化でターンオーバーが滞ると、なかなか改善しないことがあります。

その5「瞼の皮膚が伸びている」

上まぶたのくすみや窪みは、アイプチや付けまつ毛の糊で、まぶたが引っ張られて皮膚が伸びていることが原因である場合があります。特に、二重の癖付けをするために寝るときもアイプチをしているという方は要注意です。

一度皮膚が伸びてしまうと、なかなか元の状態に戻すのが難しくなります。頻繁にアイプチしている方は、綺麗な二重ができにくくなったり、くすみの原因になるので使用の頻度を抑えた方が良いでしょう。

その6「たるみによる影」

肌色が暗くなっているのではなく、皮膚がたるんで影ができて、くすみのように見えていることがあります。たるみは主に加齢によるものが大きく、肌の水分やコラーゲンが失われて弾力を失っていたり、表情筋の衰えにより皮膚を支えきれないことが原因として考えられます。

肌の色が暗くなっているのではなく、影や肌の質感によりくすんで見えているので、メイクでカバーするのが難しいタイプのくすみです。

まぶたのくすみを改善する方法

まぶたのくすみはなかなか消えないので厄介ですよね。すぐにくすみを消すのは難しいですが、日々のケアによって少しずつ改善していきましょう。まぶたのくすみを改善する方法をいくつか紹介します。

その1「目元のマッサージ」

目元をマッサージしている女性

目元のマッサージは、血行不良が原因のくすみに効果的です。マッサージにより血流を良くして、暗く見えている目元を明るく健康的に見せましょう。

目元のマッサージは、人差し指と中指で行います。指を目頭の上の骨が出っ張っている部分にあて、そのまま目じりまで出っ張りをなぞっていくように指を動かします。下まぶたの方も、同じように目頭から目じりまで指を動かします。

この動きを何回か繰り返すことで、目元をリラックスさせ血流を良くさせます。なお、シワの原因になることがあるので、必ず目頭から目じりの方向のみに動かしましょう。

目元のマッサージをするときは、必ずクリームやオイルを塗って滑りを良くしておきましょう。乾燥した肌を無理やり引っ張ってしまうとシワの原因になったり、肌にダメージを与え、くすみを悪化させてしまうことがあります。

その2「正しい保湿をする」

乾燥した肌はダメージを受けやすく、さらに乾燥が悪化してしまいくすみを悪化させるので、くすみを改善するためには肌の保湿が不可欠です。また、くすみを予防するためにも、肌の潤いを維持することが重要です。

肌を保湿するには化粧水を使用しますが、肌に水分を与えるだけでは保湿ができません。しっかりと保湿をするには、保湿成分の入っている化粧水を選びましょう。

保湿成分として特に知られているのが「セラミド」です。セラミドは細胞間脂質の主成分であり、保湿効果が高いと言われています。その他にも「アミノ酸」や「PCA」も保湿成分として高い効果があるので、これらが入った化粧水を使うと保湿効果が得られます。

化粧水を使った後は、必ず乳液やクリームなどで油分を与えることもポイントです。乳液やクリームはクレンジングや洗顔で必要以上に失われた油分を補給します。油分で肌にふたをすることで、保湿された水分が蒸発するのを防止しましょう。

その3「ホットタオルで目元を温める」

ホットタオル

目が疲れているときや冷え気味のときは、目元を温めると血流が良くなり、くすみを改善したり目の疲れを緩和したりすることができます。目元を温めるには、ホットタオルを使う方法が手軽なのでおすすめです。

ホットタオルは、ハンドタオルを電子レンジで温めることで簡単に作ることができます。まずは、ハンドタオルを水で濡らし、水滴が落ちない程度にしぼります。そして、そのままレンジで1分ほど加熱します。ワット数や水の含み具合で適切な時間が異なるので、様子を見ながら時間を調節して加熱しましょう。

そして、温まったタオルを目の上に乗せて数分温めるだけです。ホットタオルは数分ですぐに冷めてしまうので、続けて使いたいときは再度レンジで加熱して使用しましょう。

長時間目元を温めたいときや、より簡単に使用したいときは、目元を温める専用のアイマスクやアイピローなどもあるので、購入を考えてみても良いかもしれません。

その4「目のエクササイズ」

目のエクササイズや表情筋を鍛える体操は、血行不良やたるみが原因のくすみに効果的です。目を動かすことで目元の血流を良くし、目元の筋肉を鍛えることでたるみの改善が期待できます。

目のエクササイズの方法ですが、まず、目をギュッと5秒間つぶります。その後、思い切り5秒間目を見開きます。これを数回繰り返します。そして、顔を動かさずに目だけを時計回り、反時計回りと順番にゆっくり動かします。目を閉じている状態、開いている状態でそれぞれ繰り返しましょう。

目の周辺には眼輪筋と呼ばれる表情筋があり、これを鍛えることで目をパッチリ見せたり、たるみを解消して若く見せたりすることができます。一度だけエクササイズをしてもあまり効果がないので、定期的に行うことがポイントです。

その5「有効な成分の美容液を使う」

美容液を使う方法は、乾燥や色素沈着が原因のくすみに効果的です。肌が乾燥するのは、コラーゲンや足りないことが原因なので、この成分を補う成分の入った美容液を使うことで肌の状態が改善します。色素沈着には、肌のターンオーバーを促す成分の美容液を使用しましょう。

肌の乾燥には、保湿成分であるセラミドが効果的ですが、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容成分も取り入れましょう。これらの成分は表皮の内側にある真皮に取り込むのは難しいですが、表皮の細胞と細胞の間を埋めるために有効です。

茶色のくすみやしみにはビタミンC誘導体などが効果的です。ビタミンC誘導体は、そのまま肌に付けてもあまり効果がないビタミンCの成分を人工的に安定化させたもので、肌のターンオーバー、つまり新しい皮膚ができるサイクルを速めることで、しみや色素沈着を薄くします。

まぶたのくすみが消えたように見せるアイテム

くすみはすぐに改善するものではありませんが、メイクで隠すことで一時的にくすみが消えたように見せることもできます。

その1「コンシーラー」

シミや吹き出物を隠すのに有用なコンシーラーは、目元のくすみも上手く隠すことができます。コンシーラーは厚塗りすると不自然になってしまうので、くすみ全体に薄く塗り、その上から軽く乗せるようにファンデーションを塗りましょう。

その2「コントロールカラー」

青いくすみや茶色いくすみなど、くすみの色によってコントロールカラーや化粧下地の色を変えるとくすみの印象を和らげることができます。コントロールカラーはそれぞれの色により効果が異なり、例えば、赤ら顔の人はグリーンのコントロールカラーを使用すると肌がきれいに見えます。

青いくすみはピンク系、茶色いくすみはオレンジ系、黄色いくすみはブルー系、とくすみの色にあわせてコントロールカラーを使用しましょう。

その3「アイシャドウ」

アイシャドウのカラーにより目元のイメージが変わりますが、ブルー系のアイシャドウは肌を健康的に見せる効果があります。また、ラメやパール入りのもので光を反射させて、くすみを隠すというよりは分かりづらくすることもできます。

ブルーのアイシャドウを使うときは、濃すぎると違和感が出てしまうので、ほんのりと色づく程度に使用することがポイントです。わずかに肌に色がのるだけでも、肌や目元の印象が変わってきます。

その人の肌のベースカラーにもより、健康的にみえるアイシャドウのカラーも異なるので、いろいろと試してみましょう。

日ごろから気を付けたい!まぶたのくすみの予防策

できてしまったくすみは徐々に改善していくしかありませんが、くすみができないように予防することが、くすみのないまぶたを維持するためには不可欠です。日々の生活の中でくすみの原因を作っていないか振り返り、くすみができないように予防しましょう。

その1「紫外線を避ける」

紫外線はくすみの原因になるだけではなく、肌全体に悪影響を与えます。外出する際は、必ず日焼け止めを塗ったり、帽子を被ったりして、紫外線を浴びないようにしましょう。目元に日焼け止めを塗るのに抵抗がある方は、サングラスをかけることで紫外線を避けることができます。

サングラスを使用するときは、色の濃いものは避けましょう。グラスの色が濃いと、光を取り入れようと瞳孔が開くので、余計に紫外線を目の中に入れてしまいます。そのため、サングラスは薄い色のものがおすすめです。

その2「正しい洗顔方法を心がける」

メイクは女性にとって必須とも言えますが、メイクをすること自体よりも、メイクを落とす際のクレンジングや洗顔によって、肌にダメージを与えることが多いです。特に、目元のメイクは落ちづらいので肌を強く擦ってしまうことがあります。

ウォータープルーフなどの落ちにくいメイクをしたときは、アイメイク専用のクレンジングを使い、じんわりと溶かすようにメイクを落とすと肌への刺激を少なくすることができます。擦って落とすのではなく、汚れを浮かせるイメージで優しく洗顔しましょう。

頻繁に洗顔をすると肌の油分が失われてしまうので、メイクをしていないときは、洗顔料を使わないぬるま湯洗顔もおすすめです。ぬるま湯洗顔だけでも十分に汚れを洗い流すことができます。

その3「空気の乾燥を避ける」

肌の乾燥を避けるために、保湿は欠かせませんが、空気の乾燥にも注意しましょう。特に、意識しづらい睡眠時の乾燥には要注意です。加湿器があると便利ですが、就寝前に濡れたタオルを部屋に干しておだけでも、部屋の湿度を保つことができます。

加湿器

コンパクトタイプの加湿器を使用することもおすすめです。USB給電のものや充電形式のものなど、持ち運びに便利なタイプであれば、車の中やデスクに置いて使用することもできるので、どんな場所でも空気の乾燥を避けることができます。

まとめ

老けて見えたり、不健康に見えたりするので、厄介な目元のくすみ。疲れてくるとくすみが出てくるという方や、加齢によりくすみが強くなってきた方など、それぞれ悩んでいることでしょう。実はくすみの原因はさまざまなので、原因に合わせた適切なケアが必要です。

適切なケアをしていれば徐々にくすみは薄くなっていきます。くすみはなかなか改善しないタイプのものもありますが、メイクでくすみが消えたように見せることもできるので、メイクを工夫することもくすみを一時的に消えたように見えるには効果的です。

また、くすみを改善することと同じくらい、くすみができないように予防することも重要です。くすみの原因を避けたり改善して、くすみのない健康的なまぶたを維持しましょう。