目のコラム

vakタイプ診断とは?【自己分析診断ツール】

読書は苦手だけど人の話を聞くのは得意、あるいは、説明されるよりも身体を動かしたほうがよく分かる、など人によって得意な分野が異なりますよね。実は、こういった違いは、人によって優先する感覚が違うことから起こります。

優先する感覚を理解して、その人の生活や人間関係を良好にすることを目的とした「VAKモデル」という考え方を紹介します。

VAKモデルとは?

VAKとは、五感の中でも代表的な感覚である、視覚(Visual)・聴覚(Auditory)・触覚(Kinesthetic)の頭文字をとったものです。臭覚と味覚はKに統合され、「見る」「聞く」「感じる」の3つの感覚に分類されます。このVAKにより人間は物事を認識しますが、人によりどの感覚を優先するか異なります。

VAKモデルを理解し、どの感覚が優先されているのか知ることにより、学習方法を変えて効率を上げたり、優先感覚が異なる相手とのコミュニケーションがスムーズになることが期待できます。

VAKタイプ診断をやってみよう

では、実際にVAKタイプ別診断をして、自分のタイプを確認しましょう。

V(視覚)優先度チェック

A(聴覚)優先度チェック

K(触覚)優先度チェック

リンク先でそれぞれの優先度チェックができます。5つの質問それぞれの当てはまるところにチェックを入れてから「チェックする!」のボタンを押しましょう。パーセント表示で優先度が出てきますが、VAKのそれぞれの優先度を比べることで、最も優先度の高い感覚を判断します。

V(視覚)タイプ

Vタイプの人は「目で見たもの」を優先します。

「暗い話」「ピカッ」「~のように見える」などの言語表現を用いる傾向があります。イメージを思い浮かべながら話すので、上を見ながら話すことが多くなります。話して説明することが苦手で、集中するほど早口になり言い間違いが多くなります。

目で見て覚えるタイプなので、説明を図にしてみたり、聞いた話を文字に起こしたりすることで、学習効率が上がります。

A(聴覚)タイプ

Aタイプの人は「耳で聞こえたもの」を優先します。

「リズムが合う」「ガヤガヤ」「~のように聞こえる」などの言語表現を用いる傾向があります。耳で話を聞き取ろうとするので、会話しているときに目線は左右に動くことが多くなります。おしゃべりすることが好きで話も上手いことが多いです。

耳で聞いて覚えるタイプなので、他人の話を聞いたり、文章を声に出して耳で確認することで、学習効率が上がります。

K(触覚)タイプ

Kタイプの人は「体で感じたもの」を優先します。

「心が痛む」「ホカホカ」「~のように感じる」などの言語表現を用いる傾向があります。手をはじめとする体感覚から情報を得ようとするので、話しているときに視線が下を向くことが多くなります。ゆっくりと話し、言葉数は少ないですが、説得力のある話ができます。

手や身体を動かしながら覚えたり、説明を聞くよりも実際に身体を動かしてみることで学習効率が上がります。

まとめ

あなたはどのタイプの優先度が強かったでしょうか?自分のタイプを知ることにより、自分の癖や、効率の良い学習方法を知ることができます。

また、VAKモデルが有効に働くのは、他人のVAKタイプを知ることによって、その人との適切なコミュニケーションがとれることです。例えば、Vタイプの人に物事を伝えたいときは、図やイメージにすると、スムーズに物事を伝えることができるでしょう。優先感覚の違いによって起こる話のすれ違いや、「何度も説明しているのに何で分からないのだろう」という行き違いを避けることができます。

優先感覚を知ることにより、今まで苦労していた問題がすっと解決するかもしれません。VAKモデルを意識して、生活の中に活用していきましょう。