*

水中で視界がぼやけてしまうのはなぜ?

最終更新日:2018/06/28

普段の生活では問題なく物が見えているのに、水中に入るととたんに視界がぼやけるというのは誰もが経験していることではないでしょうか。眼自体は変わらないのですから、水中と眼との関係にどうも理由がありそうですよね。今回は、なぜ水中に入ると視界がぼやけるのかという理由や、水中でも視界がぼやけないと言われる部族の眼の秘密、さらに水中でコンタクトレンズを使うとどうなるのかなど水中と視界の関係についてまとめてみました。

なぜ水中では物がはっきり見えないの?

水中で視界が悪くなるのは、人間の眼の構造が影響しています。人間の眼は水晶体と角膜という部位によって眼に入ってくる光を屈折させます。水晶体と角膜はいわばレンズの役割を果たしています。光を屈折させると眼の裏側にある網膜に像が映されます。その像を認識することで見えたと感じているのです。

しかしこの方法は空気という条件下で有効なもので、水中では同じようにはいきません。水中では空気中とは光の屈折率が違うため、ピントが合わなくなります。その結果、いわゆる遠視のような状態になって視界がぼやけると言われています。

この現象を解消するには空気の層を眼の前につくる方法が有効です。水中でゴーグルを使用すると視界がクリアになりますが、これは水と眼との間に空気層を挟むことで光の屈折率を調整しているからです。

なぜ魚など水中生物は水中で目が見えるのか?

魚や水生のほ乳類は、人間とは眼の構造が違います。人間の水晶体は凸型ですが、魚などの水中生物の水晶体は球体です。水晶体が球体になっていると入ってくる光は大きく屈折するため、水中でも網膜に像を結ぶことができます。

その代わり、水中生物の眼には水晶体の厚さを調整する機能がありません。水晶体を前後に動かすことでピントを合わせていると考えられています。ただし光の屈折が大きいので、水中生物はかなり強い近視の状態で物を見ていると言われています。

水中でもはっきり見えるモーケン族

* * モーケン族☆☆ ・ ・ 2004年スマトラ沖地震で起きた津波、プーケットで唯一死者が出なかった場所と言われているモーケン族の村。 その何故に迫りインタビュー。 ・ ・ ・ 彼らは海の中ですら視力が7.0あるらしい(◍ ´꒳` ◍)b イルカの目を持つといわれている**その為津波の普段と違う事に早く気付いて山に避難していたとか。 ・ ・ ・ 海のジプシーとも呼ばれる、国籍をも持って無かったというプーケットに住むモーケン族に会いに行ってきた♪♪ 地元の人や観光のタクシードライバーさえも場所を知らなかった! ・ ・ ・ 観光地とは思えないくらい田舎な感じは出ているが皆のんびり暮らしている☆☆ NHKの取材を断わりモーケン族の村で過ごすのであった。 #モーケン族 #morken #phuket #olympus #kurumimoyo #プーケット #最終日 #nicotan #traveler

福田 知世さん(@kurumimoyo)がシェアした投稿 –

タイ西部地域に定住しているモーケン族という部族は、水中でもはっきりと物を見ているのだとか。特に子どもはその傾向が強いと言われています。モーケン族はもともと船上生活を行う部族でしたが、タイ政府の定住政策によって現在は海岸に高床式住居を建てて生活しています。

同じ人間として眼の構造も同じはずなのに、なぜモーケン族は水中でもクリアな視界を持つことができるのでしょうか。ある研究結果によると、モーケン族は水中では瞳孔を狭くして光の屈折を調整しているからだとされています。水晶体の屈折力がとても高いということのようですね。

モーケン族の視力は地上だと3.6~9.0という驚異的な数字で、水中でも1.0程度は十分あると言われています。並外れた光の屈折能力を持っていることが分かります。水中ですごす時間が長い生活を送っていることが、水晶体の光の屈折能力を高めたと言えるでしょう。

水中でコンタクトレンズは使える?

視力が悪い人にとっては、海水浴やプールなどのレジャーの機会でもはっきりと物が見える状態で過ごしたいもの。メガネよりはコンタクトレンズをつけて楽しみたいと思いますよね。

しかし、コンタクトレンズをつけたまま水中に入ると、ハードコンタクトレンズでもソフトコンタクトレンズでも簡単に浮いて角膜から外れてしまいます。水中で外れてしまうとそのまま流されていきますから、紛失する可能性はかなり高いでしょう。

また、コンタクトレンズに海水の塩分やプール水の塩素が付着して眼のトラブルを起こすことも少なくありません。水中でコンタクトレンズをつけるのは避けた方がいいでしょう。

まとめ

水中で視界がぼやけるのは、人間の眼の構造による自然な現象です。不安にならず、ゴーグル等を上手に活用して海水浴やダイビングなどを楽しみたいですね。

ライタープロフィール

ことばスタイルと申します。難しいことを丁寧に説明することを心がけます。
   

この記事もよく読まれています

【キラキラ目になる秘訣】目を輝かせて好感度を上げよう!

可愛い女の子って目がキラキラしてる…そんな風に感じたことはありませんか?瞳が輝いている女性って人生を

記事を読む

目に異物が入った時のケース別対処法まとめ

風の強い日の外出中や、ほこりっぽい部屋で掃除をしているときなど、思わぬタイミングで眼に何かが入り込ん

記事を読む

<追記あり>近視の進行を抑制するMCレンズとは?親御さん必見!

小学校などの視力検査でお子さんの近視を指摘され、ショックを受けた経験のある保護者の方も多いのではない

記事を読む

泣きたくない時に涙を止める方法【保存版】

家族とドラマを見ているとき、 映画館で感動のシーンが流れたとき、 仕事中に悲しい出来事を思い出し

記事を読む

「サッカード抑制」の不思議に迫る!視線を急に移しても景色がブレないのは脳の働きにあった!?

人間の眼球運動のほとんどが、サッカード(衝動性眼球運動)と呼ばれていることをご存知でしょうか?

記事を読む

【席選び】映画館でおすすめの席はどこ?選ぶコツを紹介

映画館で席選びに失敗したことはありませんか?映画館は席によって見やすさが異なり、席選びを誤ってしまう

記事を読む

運転免許の更新時に一定の視力が必要ってホント?

自動車の運転免許を更新する時は、視力や聴力の検査は必要不可欠です。 視力の場合、もし裸眼の視力

記事を読む

絵も3Dで表現!?次世代のアート『VRアート』に迫る!

『VRアート』という言葉を耳にしたことはありますか? ”VR”といえば、頭に機械をつけて、立体

記事を読む

知られざる、あくびの意外な原因と効果とは?

あくびってどうして出るんだろう…そんな疑問を抱いたことがありませんか?眠くなるとどうしても出てしまう

記事を読む

利き目の調べ方と性格診断!あなたはどのタイプ?

目にも「右利き・左利き」があることをご存知ですか?これを「利き目」と言います。利き目は、スポーツをす

記事を読む

   
目薬の歴史に迫る!~知られざる意外なルーツ~

目薬にはどんな歴史があるんだろう…?そんな風に思ったことはありませんか

目の健康にご利益のある神社とは?~パワースポットへ足を運ぼう~

あなたは目の健康にご利益のある神社があることを知っていますか?神社には

目に優しいモニターは?モニターの仕組みと光について

デスクワークを行ったり、DVDや動画を見たり、ゲームをしたり…PCやス

白目が濁る?濁りを解消する方法を紹介!

自分ではなかなか気がつきにくい部分ですが、眼球の白目の部分が濁っている

今日からできる、三重まぶたの解消法とは?【老化のサイン】

いつもは二重まぶたなのに、朝起きたら三重まぶたになっていた…な

→もっと見る

PAGE TOP ↑