目と美容

蒙古ひだは悪いことばかりじゃない?【メリット・デメリット比較】

テレビや雑誌で見る芸能人のような平行のくっきり二重ラインや、アーモンド型の目に憧れたことってありませんか?

憧れの目元になりたくても「蒙古ひだ」があると目が小さく見えてしまいます。このことから、蒙古ひだをなくしたいと思っている方も少なくありません。近年では、蒙古ひだをなくす「目頭切開」という美容整形なども有名ですが、実は蒙古ひだはマッサージでもなくすことができます。

しかし、蒙古ひだには「若く見える」などのメリットもたくさんあります。今回そんな「蒙古ひだ」についてと、蒙古ひだをなくすマッサージ法をご紹介します。

蒙古ひだとは?

蒙古ひだ

蒙古ひだとは目頭の部分にあるピンク色の肉、涙丘(るいきゅう)を隠すように覆っている「皮膚のひだ」のことです。専門的な用語では「内眼角贅皮 (ないがんかくぜいひ) 」と呼ばれています。機能的に大きな役割はないとされていますが、蒙古ひだができた理由として以下のようなことが言われています。

蒙古ひだができた理由

  • 寒い地域で眼を保護するためにできた
  • 砂漠などの砂から眼を保護するためにできた

このような理由から「目を守るため」に発達して蒙古ひだができたということが分かります。

蒙古ひだは日本人に多く、西洋人には少ない

蒙古ひだはモンゴロイドと呼ばれる人種に多くみられ、日本の人口の「約80%」に蒙古ひだがあると言われています。この数字は成人した日本人を対象としており、子供のころはほぼ全ての日本人に蒙古ひだがあります。蒙古ひだは加齢とともにだんだんなくなっていく傾向にあると言われています。

東洋人にはよくみられる蒙古ひだですが、実は西洋人にはほとんどみられません。蒙古ひだのない西洋人のようなくっきりとした目と比べると、蒙古ひだのある目はどうしても小さく見えてしまいます。

そのため、蒙古ひだのデメリットばかりが目立ってしまいがちですが、蒙古ひだにもメリットがたくさんあります。

こちらが蒙古ひだのメリットとデメリットをまとめた表になります。

蒙古ひだのメリット・デメリット

メリット デメリット
目を保護してくれる 目が離れて見える
目元がたるみにくい 目が小さく見える
目元がシワになりにくい 平行の二重になりにくい
クマができにくい 一重になりやすい

蒙古ひだには皮膚を引っ張ってくれる効果があるので、シワ、たるみ、クマができにくく「若く見える」というところが大きなメリットとなります。一方デメリットとしては、皮膚が覆っているせいで目が小さく見えたり、離れて見えたりしてしまうことがあげられます。

蒙古ひだの有無と顔の見え方

こちらの画像は、同一人物の目で「蒙古ひだがあるのがBEFORE」で「蒙古ひだが無いほうがAFTER」になります。画像を見てわかるように、蒙古ひだがあると皮膚が覆っている分、目が小さく離れているように見えます。AFTERと比べると幼い印象をうけます。

一方、蒙古ひだが無いほうは目の距離が近くなり、目の大きさも大きく見えます。華やかな大人っぽい印象になります。

画像は美容整形で蒙古ひだをなくしていますが、美容整形を受けずに蒙古ひだをなくす方法があります。

それは「蒙古ひだのマッサージ」です。マッサージは自宅で簡単に自分でできる方法で、効果も高く、蒙古ひだをお金をかけずに無くすことができるのでおすすめです。蒙古ひだをなくしたい方はぜひチェックてみてくださいね。

蒙古ひだをなくすマッサージ法

こちらが蒙古ひだをなくすマッサージの動画です。

  1. 頬骨下ラインを指圧:人差し指、中指、薬指を使って念入りに頬骨の下を指圧マッサージします。
  2. 目の下の骨を下に向かって指圧:目を傷つけないように優しく指圧していきます。人差し指、中指、薬指で行ってください。
  3. 目頭と鼻の間のツボ(目頭の横のツボ)を指圧します:こちらも人差し指で優しく指圧していきます。
  4. 鼻を前方に引き出すように人差し指で押し上げるように指圧:こちらも人差し指で優しく行ってください。
  5. 眉頭下のくぼみを上内方向に指圧:片方の手の親指で軽く眉頭を指圧し、もう片方は後頭部を優しく抑えてください。これを左右交互に行います。
  6. 眉頭にあるツボ指圧:前頭にあるツボを優しく円を描くように指圧していきます。人差し指でゆっくり行ってください。
  7. 眉毛の上を3点指圧:眉毛上部の「内側、真ん中、外側」を順番に人差し指と中指を使って指圧していきます。
  8. おでこ押し上げる:人差し指と中指を使って、おでこを上に向かって指圧していきます。これを額全体に行います。
  9. こめかみをやさしく指圧:強く指圧しないように注意しましょう。人差し指と中指を使って優しく円を描くようにして行ってください。
  10. 「ぐっ」とかみしめた時に浮き出る側頭筋を指圧:指全体を使って、側頭筋を大きく円を描くように指圧してください。
  11. 首を傾けて浮き出る「胸鎖乳突筋」と「鎖骨下」のラインを押し流す:人差し指と中指を使い、上から斜め下に向かって押し流して行きます。左側を押し流す場合は右手を使い、右側を押し流す場合は左手を使って行ってください。
  12. 首前後のストレッチをする:首をぐっと後ろに傾けて、両手を合わせ顎の下に指先を当てます。次は両手を後頭部に当て首を下に傾けます。その後、首を左右にストレッチします。

眉頭の骨の歪みや、眉毛付近の筋肉のコリが影響でまぶたに重さが生まれてきて「ひだ」ができやすいと言われています。蒙古ひだのマッサージ毎日続けることがポイントです。毎日行うことで、効果を感じやすくなります。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、蒙古ひだをなくして目元をはっきりさせたい方のためにマッサージ法をご紹介しましたが、蒙古ひだにはメリットもデメリットもあります。

実は蒙古ひだがない西洋人の中には、若く見えるという理由から「蒙古ひだが欲しい」と思っている方もいるようです。蒙古ひだのマッサージを始めつつ、東洋人ならではの「蒙古ひだがある目元」も楽しんでみるのもよいでしょう。