目の病気

【手軽に検査】加齢黄斑変性症をセルフチェックしよう

年をとると、身体のあちこちに調子の悪いところが出てくるものです。眼も例外ではありません。今回紹介する「加齢黄斑変性症」という病気は、加齢によって生じることのある目の病気です。そして、欧米では失明原因の第1位となっている病気です。

日本では近年まで患者は少ないと考えられていたのですが、急激に進んだ高齢化や生活の欧米化の影響で患者数が急増しており、50歳以上では約1%の人が加齢黄斑変性症であるといわれています。そして、失明原因の第4位となっています。

ここでは、加齢黄斑変性症の概要と、簡単にできるセルフチェックテスト方法を紹介します。眼の見え方に不安がある方は、参考にしてみてください。

加齢黄斑変性とは?

加齢黄斑変性とは、加齢により網膜の中心部にある「黄斑」に異常があらわれる病気です。黄斑は、ものをみるために最も重要な部分です。視神経が集中しており、対象物の大きさ・形・色などを認識する役割を担います。

黄斑

黄斑に異常をきたす加齢黄斑変性は、視力が悪くなったり、対象物の色や形なども認識しづらくなったりします。

具体的には、

  • 視力が低下して見たいものがはっきり見えない
  • 色の区別が上手にできない
  • ものがゆがんで見える
  • 見ているものの中心が暗かったり、欠けて見えなかったりする

といった症状があらわれます。

加齢黄斑変性セルフチェックテスト

加齢黄斑変性か否かは、セルフチェックテストで手軽に確認することができます。セルフチェックには、格子状の図が書かれていて中心部分に少し大きめの黒い点がある「アムスラーチャート」とよばれる図を使います。

チェックは、下記の3ステップで終了です。

  1. 眼鏡やコンタクトレンズをした状態で、アムスラーチャートを目から30cmはなす。
  2. 片目ずつ、図の中央の黒い点を見る。
  3. ゆがんで見えるところや、見えないところがないか調べる。

線がぼやけて薄暗く見えたり、中心がゆがんで見えたり、部分的に欠けて見える場合には黄斑に異常がある可能性があります。

まとめ

以上、加齢黄斑変性症の概要と簡単にできるセルフチェックテスト方法を紹介してきました。

セルフチェックテストで見え方に異常があった場合には、必ず医療機関を受診して診察をうけるようにしてください。また、たとえ見え方に異常がなくても、異常の早期発見・早期治療のため、定期的に眼科を受診するようにしてください。