目のコラム

【まぶたの痙攣】眼瞼ミオミキアとは?

ふとした時に、まぶたがピクピクするなと感じたことはありませんか?まぶたがピクピクすると、なんだか気になるし落ち着かないですよね。なぜまぶたが痙攣するんでしょうか?その原因と、治療法などについて説明していきます。

眼瞼ミオミキアとは

目の周りには眼輪筋という筋肉があり、眼を閉じたりする役割をもっています。眼瞼ミオミキアはその眼輪筋が不随意に動くことでおこるものです。上瞼や下瞼がピクピクと動き、片側のまぶたにおこることが多いです。

自分の意思とは関係なく、まぶたがずっとピクピクと動いてしまうので、不快な症状であります。しかしこの痙攣は眼輪筋に限ったものなので、他の筋肉で伝染するようなことはありません。多くは症状が出てから、数日か数週間で消失することが多いです。

眼瞼ミオミキアの原因

眼瞼ミオミキアの原因は、ストレスや目の酷使などがあります。

新しい職場に入った時や、何か新しいものにチャレンジしたとき、仕事面でのストレスを感じた時に、眼がぴくぴくと痙攣してしまうことがあります。大体は数週間で治まるものですが、ストレスがずっと続いている状態だと、眼瞼ミオミキアも長く続く場合もあります。

パソコンやスマホの使い過ぎで目を酷使していると、目の周りの筋肉が痙攣して、眼瞼ミオミキアをおこします。またカフェインをたくさん飲むと眼瞼ミオミキアの症状が現れることがあります。カフェインが眼輪筋の神経を興奮させてしまう作用があるようです。

眼瞼ミオミキアの治療法

眼瞼ミオミキアは、不快な症状ではあるものの、日常生活に支障が出ていない場合はそのまま経過観察の場合があります。しかし、症状が不快な場合は漢方薬を処方されることがあります。

目の酷使が原因の場合は、眼を休ませるようにしましょう。スマホやパソコンを使う時間を減らしたり、眼をホットタオルで温める、眼輪筋周りを指で軽くマッサージするなどをすることで症状が緩和する可能性があります。
またコーヒーなどのカフェインも、目の周りの筋肉を興奮させる作用があるので、コーヒーの量を控えるようにしましょう。また眼瞼ミオミキアはドライアイや白内障が原因の場合もあるので、症状が続くようなら眼科で診察をしてもらうことをお勧めします。

まとめ

いかがでしたか?不快な目のピクピクはもしかしたら眼瞼ミオミキアかもしれません。

もしその症状がでていたら、ストレスの多い生活をしていたり、眼を酷使する生活をしているかもしれません。何か気になる症状があれば、一度眼科に相談をしにいくことをお勧めします。