目のコラム

一重と二重の違いとは?それぞれの魅力を比較【写真あり】

クールで爽やかな印象の一重。”アジアンビューティ”とも言われ、なにより自然な美しさを演出できる目の形です。対し二重は、ノーメイクでも”濃い顔”に映り、柔らかで愛嬌のある印象を与えます。

そんな一重と二重ですが、そもそもどんな違いがあるのでしょうか。それぞれの魅力とともにお伝えします!

日本と世界で異なる、一重と二重の割合

日本人といえば純粋な一重のほうが多いイメージがあります。しかし昔と比べ、最近では生まれつき二重という人も増えたように感じませんか?気軽に海外へ行き来できるようになり国際結婚も珍しくないため、生まれつき二重だという人も多くなっているのかもしれません。

実際のところ、日本人と世界における一重・二重の割合はどれくらいなのでしょうか。

日本人では、純粋な一重の人は7割も占めるそうです。目元を意識して見てみても、会う人会う人自然な二重のようにも見えますが…。二重コスメの進化や短時間で行えるプチ整形が浸透してきたことも影響して、日本の二重人口が増えているように感じるのでしょう。

二重コスメを長年使用してきた結果、自前の二重になれた!と言う人もいるので、二重の人が多く感じるのかもしれません。

日本だけでなく、アジアの一重率は非常に高いものです。中国人や韓国人は、ほとんどが一重ですね。とはいえアジアの中でも、インドや東南アジア、中東の人などはくっきりとした二重となります。

アジア以外の地域ではどうでしょうか。やはり白人や黒人では二重がほとんどで、一重であることの方が極めて珍しいと言えます。一重に見えても、奥二重だったりします。日本や中国などの一重の方とヨーロッパの方とのハーフには、一重もいないことはないのですが、それでも珍しいでしょう。

日本、韓国、中国などに一重まぶたが多い理由

なぜ世界でも、日本、韓国、中国などのごく限られた地域で一重が多いのでしょうか?

まず、二重は優性遺伝、一重は劣性遺伝だからという理由が挙げられます。優性遺伝は形質が現れやすい遺伝、劣性はその逆です。つまり両親のどちらかが二重であった場合、子は二重になる確率の方が高いということです。

もちろん両親のいずれも一重であった場合は一重で生まれる確率の方がずっと高いため、日本や中国のように純粋な一重が多い地域では、代々一重が生まれる確率が高くなります。また一重と二重の子が必ずしも二重になるとも限りません。

両親が二重でも、隔世遺伝というものがありますから、おじいちゃん・おばあちゃんや、限りなく近いご先祖様に一重がいた場合は一重の子が生まれてもおかしいことではありません。

一重と二重の違いはどこから来るのか

そもそも、なぜ一重と二重のまぶたが存在するのでしょうか?

大昔にさかのぼること、人類が誕生したとされる450万年前。ヒトの起源はアフリカとされています。一部の人間が食料を求めて、アジア、シベリア、そして日本へと、あらゆる土地へ広がっていきました。

更にその一部が日本に定住するようになりますが、この人たちが、後に言う”縄文人”とされています。この頃は皆顔の彫りが深く、まぶたも当然二重でした。そしてその後、地球が氷河期を迎えることになります。シベリアへと渡った人たちは、そのあまりの寒さにまぶたの脂肪が厚く進化していきました。このようにまぶたが厚くなることにより、もともとの二重が一重に変わっていったのです。

そして彼らはその後、もっと暖かく住みやすい地を求め移動していき、一部は中国、朝鮮、モンゴル、そして日本へやってきます。彼らが、今で言う弥生人です。こうして日本には、二重の人・一重の人が混在するようになりました。現代の日本人でも、日本人離れした濃い顔の人がいますよね。反対にあっさりとした爽やかな顔の人もいます。それぞれが縄文顔・弥生顔と言われ、ご先祖様から受け継いだ遺伝子を反映しているためとされています。

起源については以上の説が有力として挙げられていますが、まぶたの構造の面ではどのような違いがあるのでしょうか?それは、まぶたの中の筋肉の形です。この筋肉は”上眼瞼挙筋”といい、まぶたを開閉する働きをします。二重まぶたの場合、この上眼瞼挙筋の筋が枝分かれしていることによって、まぶたが二手に分かれ皮膚が折りたたまれるのです。

一重の場合はこの上眼瞼挙筋が枝分かれしていなかったり、多少分かれていても筋肉としての力が弱かったりするため、まぶたが折りたたまれることなく引き上げられます。一重でも、グッと目に力を入れると二重にすることが出来る場合がありますね。それが上眼瞼挙筋に力を入れている状態です。

目の筋トレ、つまり上眼瞼挙筋を鍛えることで、一重の人が二重になることもあります。生まれたときは一重の赤ちゃんが、すっきりと痩せてきて筋肉も発達してきたら二重になることがありますよね。この場合、上眼瞼挙筋がもともと枝分かれしていたということになります。

逆に二重の人は、上眼瞼挙筋が枝分かれしていることから、一重になることは難しいでしょう。しかし、太ってまぶたが厚くなると、奥二重のようになることがあります。

一重まぶたが魅力的な有名人

一重まぶたの人、特に重く厚いまぶたを持つ人は、くっきりとした二重に憧れを持つ場合が少なくありません。しかし、コンプレックスと感じているその一重まぶたを生かし、より魅力的に魅せている人はたくさんいます。

有名人の中から、魅力的な一重まぶたの方を一部ご紹介しましょう。

黒木 華さん

一重といえば”クールでミステリアスな印象”…といったイメージがありますが、彼女はキュートでフレッシュなイメージがありますよね。一言に”一重”と言っても、こんなに愛らしく見えるんですね。

また、髪型や服装などの見せ方によって、幼くも大人にも見せることができる…。これは一重を持つ人ならではの「年齢不詳」マジックです。

Numéro TOKYOさん(@numerotokyo)がシェアした投稿

mappy(マッピー)さん

世界が注目するファッションブロガーのmappyさん。あどけなさが残るティーンですが、一重のおかげでクールなファッションも思いのままに着こなすことができています。

大人っぽさも子どもっぽさも表現できるというのは、ファッションモデルの世界では強い武器になりそう。

lu Yan(ルー・ヤン)さん

中国初のスーパーモデル。スタイルも抜群ですが、デザイナーとしての才能も持つ彼女の着こなしもカッコイイ!『一重だからこそ表現できる世界観』のようなものが表れています。

Lu Yanさん(@luyan60)がシェアした投稿

Yoon Young Baeさん

こちらは韓国の新生モデル。PRADAやDiorなどのスーパーブランドからZARAの公式モデルなどで活躍しています。
一重のナチュラルな顔立ちは、若々しく見えるというメリットがあることを体現しています!切れ長の目のスーパーモデルは、浮世離れした雰囲気がかっこよくて憧れますね。

Liu Wen(リウ・ウェン)さん

中国のファッションモデルです。

まぶたが薄いタイプの大きな瞳で、笑顔がキュート・かつ大人っぽさも兼ね備えた美しさですね。切れ長というより、柔らかな印象のまぶたです。

Liu Wen (刘雯)さん(@liuwenlw)がシェアした投稿

Xiao Wen Ju(シャオ・ウェン ジュ)さん

中国人モデル。すっぴんのナチュラルなショットを見ると、あどけなさや無垢な印象を受けます。しかしひとたびモデルの顔になるとそのギャップに驚くはず。

平面的で小さな目を、こんなにも活かせるのか!と感動。

AMI SUZUKI(鈴木亜美)さん

日本のモデル。中国・韓国に比べ日本は二重率が少し上がりますが、やはり世界的に見るとアジアンの一重の美しさは重宝されるんですね。

意外にもすっぴんは幼く見え、とっても可愛らしい印象。しかしお仕事でスタイリングした姿は、まさにスーパーモデル。

一重美人は、変幻自在なのです。

Ami Suzukiさん(@amyszk)がシェアした投稿

二重まぶたが魅力的な有名人

平行型、末広がり、奥二重などなど、人それぞれに種類のある個性的な二重まぶた。一重の人なら憧れる人も多くいますね。

柔らかい印象を与えたり、また二重の線までが”目”と認識されるため目が大きく見えるのもメリットです。奥二重をコンプレックスに思う人もいるようですが、実際のところ男ウケがけっこう良く、ミステリアスでセクシーというイメージがあるんですよ。

そんなさまざまなタイプの、魅力的な二重まぶたをご紹介しましょう。

綺麗な平行二重のローラさん

ハーフなので、もともとの大きな目も特徴的です。蒙古ひだが無いので、綺麗な平行二重になっていますね。
ちなみに蒙古ひだがあっても、ひだの上から二重の線が出来ている場合は平行二重といい、わずかながら存在するようですよ。

ROLAさん(@rolaofficial)がシェアした投稿

小動物のような末広型二重、芦田愛菜さん

もうずいぶんと大きくなられましたが、子役のイメージが強い芦田愛菜さんは、わかりやすい末広型の二重の持ち主。末広型は愛嬌がありますね。

幅の広い平行二重の場合、すっぴんだと眠たげに見える人もいるようですが、末広型はノーメイクでもあまり大きさの印象が変わりません。

芦田愛菜さん(@ashidamana_m)がシェアした投稿

大人っぽいのにあどけない、末広がり二重の石原さとみさん

大人の女性なのに可愛らしさが魅力の石原さとみさんですが、その理由のひとつは末広がりな二重なのかもしれません。セクシーな大人の雰囲気もありながら、どこか”隙”があるように見えるのは、この目の形のおかげなのかも。

ちなみに、ハーフ風メイクをしやすいのも末広がりの二重。黒目がちに見え、メイク次第で印象を変えやすいまぶたです。

よく見ると奥二重、吉高由里子さん

一見重めの一重に見えることもありますが、奥二重の吉高さん。まぶたが比較的厚く、涙袋も大きくないのですが、笑顔が素敵な親しみやすい目元です。奥二重のまぶたは、笑うと「弧」の形がはっきり出るので、何とも愛嬌のある可愛らしい印象を与えますね。

男性の二重も魅力的!女性も憧れる?hydeさん

趣味でコスプレ、女装も行うhydeさんですが、くっきり二重の大きな目が武器となりとっても似合いますよね。堀が深く日本人離れした目元が印象的です。

Hydeさん(@hydeofficial)がシェアした投稿

オネエタレントゆしんさんの、整形二重

整形をカミングアウトしたオネエタレントのゆしんさん。生まれつきの重い奥二重のせいで、周りの人にあまりいい印象をもたれなかったことから整形を決意したそう。

整形とは思えないほど綺麗に仕上がっていますよね!

ゆしん/YUSHINさん(@avex_yushin)がシェアした投稿

まとめ

ここまで、一重・二重それぞれの魅力をお伝えしてきましたが、どんなカタチであってもそれを生かして輝いている人たちは素敵でした!

わたしたちも、世界に一つの自分の目のカタチを大切にしていきたいですね。