コンタクトのコラム

シリコーンハイドロゲルのメリット・デメリットって?【目の負担を軽減】

1940年に開発された「ハードコンタクトレンズ」から、時代は「ソフトコンタクトレンズ」へと移行。現在はソフトタイプの2Weekタイプや1日使い捨てタイプが主流となりました。コンタクトレンズは今もなお目に負担をかけないために、できるだけ薄く、乾きにくいように研究が進んでいます。

そんな中、新たに次世代のコンタクト素材と呼ばれる「シリコーンハイドロゲル」が登場しました。コンタクト愛用者はぜひ知っておきたい、シリコーンハイドロゲル素材について迫ります。

シリコーンハイドロゲルとは?

「そもそもシリコーンハイドロゲルってなに?」という人が大半ではないでしょうか。それもそのはず、コンタクトレンズの素材としてのシリコーンハイドロゲルの歴史はまだ浅く、今まで主に使用されてきた”HEMA(ヒドロキシエチルメタクリレート)”と呼ばれる素材よりも認知度が低いのです。

現在もHEMAは1日使い捨てタイプのコンタクトレンズ素材の大半を占めています。今になって、なぜシリコーンハイドロゲルが注目を浴びるようになったのでしょうか?

シリコーンハイドロゲルの特徴

酸素を通しやすいシリコーン素材と、水分を含みやすいハイドロゲルを混ぜ合わせた画期的な素材がシリコーンハイドロゲルです。コンタクトレンズ自体が水分を帯びた状態なので乾きにくく、度数が高くなり分厚くなったとしても酸素が行き届きやすい性質をもちます。

HEMA素材と比べた時の、それぞれのメリット・デメリットを比較してみましょう。

メリット「目への負担を軽減できる」

コンタクトでもっとも気をつけたいことは、目へのダメージです。長時間の着用による目への負担は、主に酸素不足による渇きや、角強膜への圧迫によるもの。

シリコーンハイドロゲルは水分の含有量が高く、水分を通して目に酸素を届けやすいため、長時間付けていても目の疲労感やダメージが少なくてすみます。

特に乱視が入っている人や、コンタクトレンズの度数が高い人はソフトタイプといえども厚みが増えてしまうため、シリコーンハイドロゲルタイプのコンタクトレンズを選ぶのがいいでしょう。

シリコーンハイドロゲル

デメリット「脂質汚れに弱く割高」

マスカラやアイシャドーなど、”ぱっちりアイメイク”をする人は、シリコーンハイドロゲルの脂質に弱い点に注意が必要です。メイクが簡単に付着するだけでなく、一度付いたら取れにくいため、メイクがしづらいデメリットがあります。

メイクもコンタクトも譲れない!というお洒落にこだわる女性は、メイクにも強いプラズマコーティング加工が施された商品を選ぶようにしましょう。

もうひとつのデメリットは、HEMAのコンタクトレンズと比べて割高な点です。短いスパンで考えると大差がないように感じますが、1年単位で見ると約5,000円程度のコストパフォーマンス差が発生します。

シリコーンハイドロゲルを使っているコンタクト

それでは実際に、シリコーンハイドロゲルを素材に採用しているコンタクト商品を見ていきましょう。中でもとくにおすすめできる商品を3つに厳選しました!

ワンデーアキュビュー トゥルーアイ

  • 商品名:ワンデーアキュビュートゥルーアイ
  • メーカー名:ジョンソン&ジョンソン
  • 価格:2,500円
  • 酸素透過率:118(Dk/L)
  • 特徴:長時間の着用でも違和感やストレスを感じにくい

口コミ

ドライアイなのでなかなかコンタクトが出来ないのですが、このコンタクトは着けていても目が辛くないです!

つけてる感じがしないくらい快適なつけ心地です。

夕方になると目が乾燥して痛い。まばたきするたびに違和感を感じる。そういったユーザーの負担を軽減するために開発されたワンデーアキュビューのトゥルーアイは、とにかく付け心地が快適と好評!

付けていない時とほぼ変わらない98%もの酸素透過率を実現し、潤いを逃がしません。コンタクトレンズデビューにもぴったりの商品です。

ワンデーアキュビュートゥルーアイの価格・値段や口コミを比較

ロート モイストアイ

  • 商品名:ロートモイストアイ
  • メーカー名:ROHTO
  • 価格:3,218円
  • 酸素透過率:160(Dk/L)
  • 特徴:厚みを抑えた独自のなめらかな形状

口コミ

とても潤いがあり、着けている感が全くなくそれでいて、破れにくく、耐久性も抜群です。

従来の素材だと、すぐにへたってしまいコンタクトが上手に装着できなかったことはありませんか?ROHTOのロートモイストアイは適度な形状保持性があるため、簡単に目に密着してくれます。

ロートモイストアイの価格・値段や口コミを比較

ワンデーアキュビュー オアシス

  • 商品名:ワンデーアキュビューオアシス
  • メーカー名:ジョンソン&ジョンソン
  • 価格:3,400円
  • 酸素透過率:121(Dk/L)
  • 特徴:光学性能を高めて視界をクリアに

口コミ

装着感は気に入っています。あけた時に裏返ってることが全然なく、しっかりと自立するところも良いです。

涙と一体化する独自の構造を採用することで、まるで何もつけていないかのような軽やかさを実現。シリコーンハイドロゲルだからこその形状保持力で、付けやすいとの声も多く見られました。

ワンデーアキュビュー オアシスの価格・値段や口コミを比較

まとめ

いつも使っているコンタクトで目の乾燥が気になったら、「シリコーンハイドロゲル」を使用している商品への切り替えをおすすめします。忙しい毎日から大切な目を守るために、新時代のコンタクト素材をチェックしてみてくださいね。