目のコラム

目力のある男はモテる!目力をアップさせる方法

男性でも女性でも目に力がある人は魅力的に移ります。「目は口ほどに物を言う」といいますが、目力とはまさに目で何かを訴えかけられたような感覚がしてきますよね。

目力をつけたいけど、あれって生まれつきのものでしょ?と諦めている人も多いでしょう。ですが、ちょっとしたことをするだけであなたも目力をつけられるのです。

目力をアップさせることで、魅力的な男性になれるかもしれません。

目力のある男は魅力的

目力とは目の表情や視線を相手に印象強く見せる力のことをいいます。ただ大きい目の人が目力あるというわけではありません。その人の自信や内に秘めた強い意志が、目力として映し出されるのです。

目だけで相手に印象を与えることが出来るので、魅力的な男性として見られることも少なくありません。

実際に2017年7月に行った『マイナビウーマン』の「目力がすごい男性芸能人ランキング」では以下のようになっています。

  • 1位:松本潤……30.8%
  • 2位:岡田准一……15.1%
  • 3位:木村拓哉……13.5%
  • 同率:堺雅人……13.5%
  • 5位:阿部寛……11.9%

引用:3位キムタク、2位岡田くん! 女目線で「目力がすごい」男性芸能人の1位は……

確かに強い目力が印象的な面々ですね。
このように目力がある男性を魅力的だと感じる女性も多いようです。

5位にランクインしていた阿部寛さんです。
もともと彫りが深く目が大きいだけあって、強い目力を感じます。

https://www.instagram.com/p/BgI2-4vnyYn/

伊勢谷友介さんは同ランキングで9位にランクインしていました。映画『るろうに剣心』に出演した際の伊勢谷さんですが、目に力がこもっていますね。

目力が印象的な俳優では成宮寛貴さんがよくあげられています。同ランキングでも10位に入っており、芸能界を引退した後も目力が強い俳優として記憶に残っているようです。

目力をアップさせる方法

目力が強い男性は魅力的であることが分かりましたが、そんな目力なんて持っていない!と嘆く男性も多いのではないでしょうか。

目力は生まれつき持っている人だけのものではありません。自分で目力をアップさせることも出来るのです。

ここでは自力で目力をアップさせる方法をいくつかご紹介していきます。

方法1「顔の筋肉を鍛える」

目の周りにある筋肉を鍛えることで目力をアップさせる方法です。顔にはいくつもの筋肉がありますが、普段この筋肉をきちんと動かすことが無いため、衰えてしまっている人がほとんどです。

こういった顔の筋肉を日常的に鍛えることは、目力をアップにつながります。

目力を鍛えるためには、「眼輪筋」と呼ばれる目の周りの筋肉を使います。ここで眼輪筋を鍛えるエクササイズを紹介します。

上まぶたを鍛えるエクササイズ

  1. 人差し指を眉頭に、中指を眉尻にあて、目の上でVサインをするような形をつくる。
  2. 2本の指で眉を押し上げて3秒間保つ。
  3. 両手の指を離してリラックスする。
  4. 1~3を3セット行う。

まぶたのふちを鍛えるエクササイズ

  1. 眼を閉じる
  2. 上まぶたのフチに力を入れるようにして、3秒間保つ。
  3. まぶたの力を抜いて、リラックスする。
  4. 1~3を3セット行う。

下まぶたを鍛えるエクササイズ

  1. 人差し指を目尻に、中指を目頭にあて、目の下でVサインをするような形をつくる。
  2. 中指を外側へ引き延ばすようにして3秒間保つ。
  3. 両手の指を離してリラックスする。
  4. 1~3を3セット行う。

参考:眼輪筋を鍛えて、目ヂカラをアップ

ツボを押す

目の周りの筋肉を鍛えるだけでなく、目の周りのツボを押すことも目力アップの秘訣です。

目の周りにはツボが集中しているため、ここを押すことで目元を印象的に見せることが出来るのです。ただ目の周りは非常にデリケートな部分なので、ツボ押しする際はあまり強く押しすぎないようにしてください。

こちらが目の周りのツボです。合計6箇所あるので、それぞれ優しく押してあげるといいでしょう。

眉毛とこめかみの間

親指で眉毛とこめかみの間にある「太陽」というツボを刺激します。

  • 物を噛むように口を動かしてみて、筋肉が動いた箇所に親指をあてます。
  • 他の指で頭を支えるようにし、痛気持ちいい程度の強さで左右同時に30回ほど揉む。

眉頭と目頭との間のくぼみ

次に眉頭と目頭の間にある「攅竹」というツボを押していきます。

  • 眉の下を触ってみると、目頭付近に大きくへこんでいるのが分かると思います。
  • その部分に両手の親指をあて、目を閉じて軽く1~3秒押しては離す、を繰り返します。
  • 2を5~6回繰り返し行ってください。

目頭のやや上

鼻の根元にある「清明」と呼ばれるツボを押します。

  • 鼻の根元の少し上を親指と人差し指で挟み込みます。
  • ゆっくり5秒押し、3〜5回に分けて行います。

瞳の中心の下、骨の縁にあるくぼみ

最後に瞳の中心の下にある「承泣(しょうきゅう)」というツボを押します。

  • 承泣に指の腹をあてます。
  • 目を閉じ、ゆっくりと5秒押していき、これを3〜5回繰り返します。

あまり力を入れすぎると目を痛めてしまうので注意してください。

まとめ

目力を鍛える方法について紹介してきました。

目力はとは生まれつき持っている人だけではなく、努力次第で鍛えることが出来ます。目力を鍛えて自信がつくことで、内側から”目力”がある男性になれるかもしれません。