*

日常生活でも大活躍!ブラックライトの仕組みと肌への影響とは?

最終更新日:2018/06/27

主に科学捜査などの産業用として開発されたブラックライトですが、最近は低価格の商品が増えてきたこともあって、ホームセンターや雑貨店などの店頭で見かけるようになってきました。とはいえ、ブラックライトがどんな場面で使えるのかについてはよく知らないという人も多いでしょう。

そこで今回は、ブラックライトのしくみや私たちが使う際の用途、そして肌への影響についてお伝えしていきます。

ブラックライトとは何か?

ブラックライトとは、紫外線の中でも波長が長い紫外線を放射するライトのことです。紫外線と呼ばれる光線は、100~400nmの範囲の波長の光をさします。単位として用いられているnm(ナノメートル)とは、1mの10億分の1の長さです。

ブラックライトは、波長の長さによって3つに分けられる紫外線のうち、もっとも波長が長い315~400nmの範囲の波長をもつUV-A領域の紫外線を放射します。

人間の目で認識できる光の波長は380~780nm。ブラックライトで放射する紫外線は、人間が認識できる範囲の波長の下限に近い波長なので、見えるとしてもわずかです。

ブラックライト

ブラックライトの仕組み

ブラックライトの光は人間の目では認識することが難しいということは分かりました。ではなぜブラックライトが光って見えるのでしょうか。

その仕組みは、ブラックライトの光を受けた物体に蛍光物質が含まれていて、その物質が光っているからです。ここで言う蛍光物質とは、ある波長の光を受けるとそれとは違う波長の光を出す性質をもった物質をさします。

蛍光物質に含まれている原子は、ブラックライトの光を受けた際にそのエネルギーを吸収し、不安定な状態になります。そして一部が熱や振動に変換されると同時に、残りは発光することでエネルギーを放出するのです。

また、蛍光物質に吸収された光のエネルギーは放出する光のエネルギーよりも大きいです。そのため、蛍光物質が放出する光の波長は、吸収した光よりも長くなります。つまり、ブラックライトが発光した光の波長よりも長い波長の光が見えることになります。

光の波長は青色が最も短く、青から緑、そして赤に変わるにつれて長くなります。この性質に従って、物体に当てたブラックライトの波長の長さによって、見える光の色を変えることができます。

ブラックライトの使用用途

私たちが日常生活の中でブラックライトに接する機会が多いのはレジャー施設でしょう。一般的な照明とはまったく違う謎めいた雰囲気を演出することができるため、遊戯スペースや通路などの空間演出のツールとしてよく使われています。

ボーリング場

https://www.instagram.com/p/Bg1H5jRB_YA/?hl=ja&tagged=%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88

喫茶店のトイレ

マリンワールド海の中道

https://www.instagram.com/p/Bg34embBGUM/?taken-by=b.e.n.i

三笠館

展示会やイベント会場でもブラックライトが活躍

展示会やイベント関連の会場でも同じく空間の演出法のひとつとして使われることが多くなってきています。

佐賀県立宇宙科学館

昨日から始まりました佐賀県立宇宙科学館での「ビーコロ展」! 約1ヶ月半の開催期間中、5万人以上もの来場が見込まれる大人気イベントです。 アイデア盛り沢山のピタゴラスイッチの楽しさに、Have Some Fun!のSlowPも加わり、会場もかなり盛り上がっています。 5/6まで実施してますが、さらに、3/17、18、24、25の4日間限定で「光るビー玉転がし」を行なっています。ブラックライトにより宇宙科学館さんならではの面白い宇宙空間に仕上がってますので、ぜひ遊びにいらしてください☆ 10mのLong SlowPや新作SlowP、身長計me- moriも展示しております。 #ビーコロ展 #ビーコロ #宇宙科学館 #havesomefun #slowp #memori #光るビー玉 #ブラックライト #楽しい空間 #身長計 #イベント #gw #春休み

A post shared by Have some fun! (@havesomefun.jp) on

ライブハウス

品川アクアパーク

イベント会場においては、入場や再入場といった入退園管理の方法として使われることもあります。紙のチケットのように紛失する恐れがなく、洗えば簡単に落ちるスタンプ式で使われています。

東京ディズニーリゾート

パーティーなどでの食事の演出としてもブラックライトを使う場合があります。ブラックライトに反射する食材を使っています。

ケーキのデコレーション

ファッションアイテムとしても

ファッションの一部として、ブラックライトの光を受けると出てくる模様を顔や爪に描いて楽しむという使い方もあります。

ネイル

https://www.instagram.com/p/BSSiGOIBL32/?hl=ja&tagged=%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%83%AB

フェイスペインティング

ブラックライトの肌への影響は?

紫外線と聞くと、夏場の日焼けでシミや肌荒れといった肌へのダメージが大きい印象がありますね。そのせいか「ブラックライトから放射されるのは紫外線」と聞くと肌に対して悪い影響があるのではないかと不安に感じる人も多いでしょう。

結論から言うと、ブラックライトから放射されている光は肌にほとんど悪影響を与えないとされています。その理由は、紫外線の中でももっとも害が少ないUV-Aの波長の光を発しているためです。

紫外線は波長によってUV-A、UV-B、UV-Cという3種類に分かれています。波長が長いほど日焼けしやすく、肌へのダメージが大きいと言われています。

ブラックライトに用いられている光はUV-Aなので、他の2種類の紫外線よりも害が少ないのです。

ただし紫外線であることには変わりありませんから、大量に、また長時間浴びれば日焼けします。またできるだけ光源を直視しないほうがいいでしょう。

まとめ

光を当てた物体の蛍光物質が光るという少し特殊な性質を持つブラックライト。非日常的な雰囲気がほしい場所やタイミングなど、特別なシーンで使うと楽しめそうですね。

ライタープロフィール

ことばスタイルと申します。難しいことを丁寧に説明することを心がけます。
   

この記事もよく読まれています

【3つの目とは?】物事を見るときは鳥・虫・魚の視点を意識してみよう

さまざまなことが早いスピードで、しかも複雑に絡み合いながら動いていく現代社会を生き残るには、専門的な

記事を読む

no image

あなたは何個知ってる?『目』に関することわざ・慣用句26選

私達は「目」から入って来る情報を頼りに生活していると言っても過言ではありません。TVや本、インターネ

記事を読む

抑えておきたい!視覚障がい者の正しい手助け方

点字ブロックの付近を杖で確かめるように歩いていたり、盲導犬を連れている視覚障がい者の人を見かけたこと

記事を読む

遠視と近視の違いとは?

みなさん、遠視と近視の違い、理解できていますか? 眼科で「あなたは近視です。」「あなたは遠視で

記事を読む

【かすみ目とは?】目がかすむ原因と対策を解説

スマホやパソコンが広く普及した現代は、目の疾患も増加しています。目のかすみは大したことが無いと放置し

記事を読む

衝撃!「遠くの緑」で目は良くならない!? 視力回復にまつわるウワサのウソ・ホント大検証!

「視力を良くしたい!」「メガネ・コンタクトを使わずに、肉眼で生活できるようになりたい」といった願いを

記事を読む

義眼はコンタクトのように装用するもの!?意外と知らない義眼の基礎知識

義眼がどのようなものかあなたは知っていますか? 目を失った人が従来の見た目を保つのに重大な役割

記事を読む

no image

目に突然の痛みが出た時に考えられる原因と、注意が必要な病気とは?

突然目が痛くなった… こんな症状に襲われたことありませんか?眼が痛むといっても、目の表面の痛み

記事を読む

【席選び】映画館でおすすめの席はどこ?選ぶコツを紹介

映画館で席選びに失敗したことはありませんか?映画館は席によって見やすさが異なり、席選びを誤ってしまう

記事を読む

【肌を守ろう】UVカットガラスとは?

日焼けなど、日差しの強さとともに気になるのが「紫外線」ですよね。紫外線を避けるには、頭には帽子、目に

記事を読む

   
目薬の歴史に迫る!~知られざる意外なルーツ~

目薬にはどんな歴史があるんだろう…?そんな風に思ったことはありませんか

目の健康にご利益のある神社とは?~パワースポットへ足を運ぼう~

あなたは目の健康にご利益のある神社があることを知っていますか?神社には

目に優しいモニターは?モニターの仕組みと光について

デスクワークを行ったり、DVDや動画を見たり、ゲームをしたり…PCやス

白目が濁る?濁りを解消する方法を紹介!

自分ではなかなか気がつきにくい部分ですが、眼球の白目の部分が濁っている

今日からできる、三重まぶたの解消法とは?【老化のサイン】

いつもは二重まぶたなのに、朝起きたら三重まぶたになっていた…な

→もっと見る

PAGE TOP ↑