目の病気

目の病気、翼状片とは?

目の病気には自覚症状が無いまま進行するものや、明確な原因が未だ分からない病気があります。普段から眼鏡、コンタクトをしてない方は眼科に行く機会も少ないと思いますが、自覚症状がないからと自己判断で放置していると視力に影響を及ぼすような病気が隠れている場合があります。このページでは、そのような病気の一つ「翼状片」について紹介します。

翼状片とは?

翼状片

翼状片は、白目を覆う透明の結膜組織が角膜の方へ三角状に侵入し伸びてくる病気です。

伸びてきた結膜部分は充血肥厚しているため、ゴロゴロした異物感があったり充血が目立ちます。通常鼻側からの進行がほとんどですが耳側から伸びてくることもあります。良性腫瘍なので視力に影響がなく見た目も気にならなければそのまま経過観察となりますが、進行すれば結膜組織が角膜を引っ張るため、乱視が生じ、瞳孔に被さることでさらに視力低下が起こります。明確な原因は不明ですが、紫外線や埃などの刺激により発症するのではないかと考えられています。

翼状片の治療方法

充血や異物感を軽減するための点眼薬はありますが、翼状片自体が治る訳ではなく根本的な治療方法は手術になります。

点眼麻酔や結膜下注射麻酔などを使用し、角膜まで伸びてきた病的な結膜組織を取り除きます。結膜組織を切り取るだけの単純切除では再発率が高いといわれているので、再発率が少ない手術として結膜弁移植という方法があり、「遊離結膜弁移植」は正常な結膜の一部を他の部分から取り切除した角膜に縫い付けます。もう一つの治療法である「有茎弁移植」は、翼状片を切除した後、その上に周囲の結膜を被せる方法です。

偽翼状片について

翼状片と似ていますが、偽翼状片は角膜周辺部に起きた外傷後の回復過程で、結膜組織が角膜内に侵入することで発症します。熱傷、化学眼外傷、角膜潰瘍などにより引き起こされることがあり、治療法は翼状片と同じです。

最後に

翼状片は、明確な原因はわかっていませんが、長時間外で作業をされる方により多く見られたことから、主な原因の第一に紫外線が考えられています。紫外線は翼状片だけでなく白内障の進行にも影響があるため、お肌と同じように帽子やサングラスで防ぐことも目の健康維持には大切と言えるでしょう。