*

目の病気、翼状片とは?

最終更新日:2018/06/28

目の病気には自覚症状が無いまま進行するものや、明確な原因が未だ分からない病気があります。普段から眼鏡、コンタクトをしてない方は眼科に行く機会も少ないと思いますが、自覚症状がないからと自己判断で放置していると視力に影響を及ぼすような病気が隠れている場合があります。このページでは、そのような病気の一つ「翼状片」について紹介します。

翼状片とは?

#目の違和感 #眼科 #診察結果 #翼状片 #ひどくなると #手術 2,3日前から白目と黒目の境が違和感有り、今日夕方眼科診察行くと、なんと聞いたことも無い、よくじょうへんと言う症状❗😨 南国に住んでる方やスポーツ選手、外仕事等日中、長年に渡り紫外線が目に影響を及ぼし白目の組織異常で増殖し、黒目に食い込んで起こる目の病気みたいです。 酷くなると、手術せなあかんみたい。😱 40過ぎると、何かと体の変化が多くなりますね。😫 イチロー選手も成ったみたいです。 皆さんも外での仕事、レジャー、スポーツされる際はサングラスかけて下さいね✨ なんか久しぶりにブルーに成りました。😢

Torazou Nishizakiさん(@torazounishizaki)がシェアした投稿 –

翼状片は、白目を覆う透明の結膜組織が角膜の方へ三角状に侵入し伸びてくる病気です。

伸びてきた結膜部分は充血肥厚しているため、ゴロゴロした異物感があったり充血が目立ちます。通常鼻側からの進行がほとんどですが耳側から伸びてくることもあります。良性腫瘍なので視力に影響がなく見た目も気にならなければそのまま経過観察となりますが、進行すれば結膜組織が角膜を引っ張るため、乱視が生じ、瞳孔に被さることでさらに視力低下が起こります。明確な原因は不明ですが、紫外線や埃などの刺激により発症するのではないかと考えられています。

翼状片の治療方法

充血や異物感を軽減するための点眼薬はありますが、翼状片自体が治る訳ではなく根本的な治療方法は手術になります。

点眼麻酔や結膜下注射麻酔などを使用し、角膜まで伸びてきた病的な結膜組織を取り除きます。結膜組織を切り取るだけの単純切除では再発率が高いといわれているので、再発率が少ない手術として結膜弁移植という方法があり、「遊離結膜弁移植」は正常な結膜の一部を他の部分から取り切除した角膜に縫い付けます。もう一つの治療法である「有茎弁移植」は、翼状片を切除した後、その上に周囲の結膜を被せる方法です。

偽翼状片について

翼状片と似ていますが、偽翼状片は角膜周辺部に起きた外傷後の回復過程で、結膜組織が角膜内に侵入することで発症します。熱傷、化学眼外傷、角膜潰瘍などにより引き起こされることがあり、治療法は翼状片と同じです。

最後に

翼状片は、明確な原因はわかっていませんが、長時間外で作業をされる方により多く見られたことから、主な原因の第一に紫外線が考えられています。紫外線は翼状片だけでなく白内障の進行にも影響があるため、お肌と同じように帽子やサングラスで防ぐことも目の健康維持には大切と言えるでしょう。

ライタープロフィール

freeと申します。これまでの経験を活かしたリアルさ・臨場感を大切にし、読者が他の記事を読んでみたいと思えるような記事を執筆して参ります。
   

この記事もよく読まれています

アトピー性皮膚炎の目への影響について

アトピーというと、全身の皮膚に湿疹ができ、痒みや痛みを伴う症状であることは知られていますよね。”アト

記事を読む

片頭痛ってどんな病気?目のチカチカはそのサイン?

ズキズキと頭が痛くなることが続く、いわゆる頭痛もちだと、仕事や勉強、家事などに支障が出るので本当に憂

記事を読む

【目に黄色いシミ】瞼裂斑(けんれつはん)の症状と予防法について

年を重ね、長期間同じ生活習慣や行動を続けると、体には様々な部分に変化が出てきます。季節にかかわらず外

記事を読む

【手軽に検査】加齢黄斑変性症をセルフチェックしよう

年をとると、身体のあちこちに調子の悪いところが出てくるものです。眼も例外ではありません。今回紹介する

記事を読む

緑内障の症状・原因・治療法・リスク因子に関するまとめ

日頃から目の健康をどのくらい気にしていらっしゃいますか? 毎日の生活で特に支障がなければ、取り

記事を読む

眼球が勝手に動く眼球振盪とは?

眼球が自分の意志とは関係なく動く「眼球振盪(眼振)」という症状をご存知でしょうか?「眼球が勝手に動く

記事を読む

網膜剥離とは?原因は格闘技以外のスポーツだけじゃない!

「目」は、ほとんどの時間身体の外にむき出しになっている、唯一の臓器。普段から特に気を配り労わっていな

記事を読む

眼窩脂肪ヘルニアの原因と治療法とは?人相が変わってしまうことも…

「眼窩脂肪ヘルニア」、普段の生活では、聞く機会が少ない病気ですが、決して珍しいものではありません。軽

記事を読む

スポーツマンは気を付けて!眼窩底骨折の恐ろしさ

時々、ニュースやスポーツ記事で見かけることのある「眼窩底骨折」。ボクサーや力士など、格闘技を行う人が

記事を読む

光や色に注意!視覚過敏とは?視覚過敏の症状・対処法について

「視覚過敏」という言葉を知っていますか? 視覚過敏は、脳の情報処理の問題で起こり、景色が明るく

記事を読む

   
目薬の歴史に迫る!~知られざる意外なルーツ~

目薬にはどんな歴史があるんだろう…?そんな風に思ったことはありませんか

目の健康にご利益のある神社とは?~パワースポットへ足を運ぼう~

あなたは目の健康にご利益のある神社があることを知っていますか?神社には

目に優しいモニターは?モニターの仕組みと光について

デスクワークを行ったり、DVDや動画を見たり、ゲームをしたり…PCやス

白目が濁る?濁りを解消する方法を紹介!

自分ではなかなか気がつきにくい部分ですが、眼球の白目の部分が濁っている

今日からできる、三重まぶたの解消法とは?【老化のサイン】

いつもは二重まぶたなのに、朝起きたら三重まぶたになっていた…な

→もっと見る

PAGE TOP ↑