*

眠くないのに「眠そう」と言われる…まぶたダイエットで卒業しよう

最終更新日:2018/08/15

眠そうだね!と周囲の人に言われて、がっかりしてしまった経験はありませんか?起きてしっかり目を開いているつもりなのに、眠そうだねと言われると、自分の目が細いのかなと不安になってしまいますよね。

しかし、周囲に眠そうと思われるのは生まれ持った目の細さではなく、まぶたに厚みがあることが原因かもしれません。今回の記事では、眠そうと言われてしまう原因と、眠そうな目元から卒業する方法を紹介します。

眠くないのに眠そう、と言われてしまう…

どうして眠そうと言われてしまうのか?

人とコミュニケーションを取るとき、多くの人が目を注視します。ですから、何らかの原因でまぶたに厚みがあると、周囲には眠そうという印象を与えてしまいます。まぶたに厚みが出てしまう原因は様々ですが、次の原因が主なものと言われています。

原因1「まぶたに脂肪がついている」

最近太ってしまった、という人は、まぶたにも脂肪がついてしまっている可能性があります。身体の中でも、顔は脂肪がつきやすい場所。まぶたは脂肪がつくことで厚みを増すため、腫れぼったい印象になってしまいます。

原因2「まぶたがむくんでいる」

起きたらまぶたがパンパンになっている、という経験、誰でも一度はあるのではないでしょうか。まぶたは塩分のとりすぎや血行不良でむくみを引き起こします。また、まぶたのへの摩擦もむくみの原因の一つ。泣きはらした翌朝にまぶたがむくむのは、目に強い刺激を与えるからなのです。

原因3「まぶたがたるんでいる」

まぶたは年齢とともに弾力を失います。皮膚の弾力が失われるとまぶたは重力に逆らうことができなくなり、まぶたが目に重なってしまうのです。また、年齢とともに目の周辺の筋肉が衰え、十分に目を開くことができなくなることもあります。

まぶたダイエットの方法

方法1「脂肪燃焼を促す!血行促進マッサージ」

まぶたのマッサージを行うことで血行が促進され、脂肪燃焼が期待できます。また、老廃物を流すことでまぶたがスッキリとし、きれいな二重に近づきます。

  1. 親指を上に向け、眉の下のくぼみにいれます
  2. 目頭から目尻に向かって、親指の腹で丁寧にマッサージ

眉毛の方向に向かって頭蓋骨を押し上げるイメージで行ってください。

方法2「まぶたの脂肪を落とす!まぶたエクササイズ」

エクササイズでまぶたの筋肉を集中的に動かして、まぶたを引き締めます。

  1. 本格的なエクササイズの前に、目の周りを温めて血行を促進します。市販のホットアイマスクや、温めたタオルを使うことで手軽に温めることができます。
  2. 眉や額の筋肉が動かないように、両手の人差し指で眉毛を押さえます。目を大きく開いて上目使いをし、まばたきを30回行います。
  3. 最後に目をぎゅっと閉じて5秒、大きく見開いて5秒キープ。

これを5回繰り返します。

方法3「目の周りの筋肉を鍛える!眼輪筋エクササイズ」

まぶたの周辺には、眼輪筋(がんりんきん)と呼ばれる筋肉があります。この眼輪筋はまぶたの開閉のときに使われる筋肉。この眼輪筋を鍛えれば、まぶたの脂肪が落ちるだけでなく、加齢によるたるみの解消も期待できます。

  1. 両手の人差し指を両眉の間に当てて、おでこの方へ引っ張ります。この時、おでこにシワができるほど強く引っ張りすぎないよう注意してください
  2. 親指を目尻に軽く当てます
  3. 目線をやや上に上げます
  4. 下まぶたを持ち上げるイメージで下まぶたに力を入れます。これを10回繰り返します
  5. 下まぶたに力を入れながら、40秒間強く目を閉じます

このエクササイズは、上まぶたではなく下まぶたに力をいれるというところがポイント。指で押さえたおでこや目尻にしわができないように気をつけながら実践してください。

方法4「まぶたのツボ押しマッサージ」

血行促進とエクササイズができたら、最後の仕上げのツボ押しマッサージを行いましょう。

  1. 目頭に人差し指の腹を当てます。
  2. 目尻に向かって軽く下まぶたを押していきます。これを5回繰り返します。
  3. 目の真下の骨の上のやわらかい部分を、人差し指の腹で軽く5回押します。
  4. 親指の腹を眉と上まぶたの間のくぼみに入れ、20回押し上げます。
  5. 目尻の1cm外側を人差し指の腹で10回押します。

このツボ押しマッサージで脂肪を落とす効果が期待できることはもちろん、目の疲れを取り除く効果もあります。目の疲れがまぶたのむくみにつながっていることも考えられます。脂肪燃焼とむくみ解消ができるこのマッサージは、一石二鳥ですね。

まとめ

眠そうな目元の原因は、まぶたの脂肪、まぶたのむくみ、まぶたのたるみが主な原因です。これらは、目の周辺のマッサージやエクササイズで解消することができます。

マッサージやエクササイズのポイントは、毎日欠かさず続けること。慣れないうちは時間がかかる作業かもしれませんが、面倒くさがらずに取り組むことで理想のパッチリまぶたに近づきますよ。がんばってくださいね。

ライタープロフィール

桐生と申します。難しいことを丁寧に説明することを心がけます。
   

この記事もよく読まれています

目元をマッサージしている女性

これでOK!目をきれいに見せるテクニック

ふと目が合ったときに、キラキラと輝くような瞳だと思わずドキリとしてしまいますよね。輝くようなきれいな

記事を読む

まぶたのたるみが起きる原因と解消法【保存版】

昔は気にならなかった、まぶたのたるみ―。 まぶたがたるむと、実年齢より老けて見られたり、眠たげ

記事を読む

しわを消せるボトックス注射!意外と知らないメリット・デメリットを紹介

「ボトックス注射」といえば、しわ取りや痩身効果が期待できるプチ整形として注目されており、テレビや雑誌

記事を読む

目を温めれば冷え性に効果がある?冷え性と目の意外な関係とは

手足の先が冷たく感じる 足全体が冷える 腰やお腹に触れると冷たくなっている そんな

記事を読む

男の眉毛のお手入れ・整え方について【メンズ要チェック】

突然ですが、眉毛のお手入れは定期的にしていますか? 最近では、美容室で眉毛カットのメニューが出

記事を読む

白目の小さなシミ「結膜母斑」とは?

目にできる茶色いシミのようなものを「結膜母斑」と呼ぶことをご存知ですか?このページでは、結膜母斑の基

記事を読む

メリット・デメリット徹底比較【つけまつ毛VS まつ毛エクステ】

「目元の印象はまつ毛で決まる」と言われるほど、女性にとってまつ毛は大切なポイント。そんななか、まつ毛

記事を読む

【白目を白く】真っ白な白目になる3つの方法

真っ白な白目って憧れますよね。白目が綺麗だと清潔感があって、澄んだ印象を受けます。また、真っ白な白目

記事を読む

原因から探る、まぶたのくすみを改善する方法と予防策【保存版】

目や目元は顔の印象を決める重要なパーツです。その目元に、ちょっとくすみがあるだけで疲れて見えたり、老

記事を読む

不快な逆さまつ毛、どうすればいい?放っておくと重い病気になることも…

自分のまつ毛で目が痛い!……それは「逆さまつ毛」の可能性あり 強い風が吹いているわけではない。

記事を読む

   
目薬の歴史に迫る!~知られざる意外なルーツ~

目薬にはどんな歴史があるんだろう…?そんな風に思ったことはありませんか

目の健康にご利益のある神社とは?~パワースポットへ足を運ぼう~

あなたは目の健康にご利益のある神社があることを知っていますか?神社には

目に優しいモニターは?モニターの仕組みと光について

デスクワークを行ったり、DVDや動画を見たり、ゲームをしたり…PCやス

白目が濁る?濁りを解消する方法を紹介!

自分ではなかなか気がつきにくい部分ですが、眼球の白目の部分が濁っている

今日からできる、三重まぶたの解消法とは?【老化のサイン】

いつもは二重まぶたなのに、朝起きたら三重まぶたになっていた…な

→もっと見る

PAGE TOP ↑