目のコラム

【乱視とは?】乱視の原因と治し方、セルフチェック方法まで

皆さんは「乱視」というものをご存知でしょうか?

乱視を簡単に言うならば、遠近関係なくものがぼやけて見えることです。目の病気は「近視」や「遠視」が一般的ですが、眼科で計測してみると実は乱視だった…なんてこともあります。

裸眼視力がいい人でも乱視になっている可能性があります。そのため、普段目の検査をしない人でも乱視を疑って見ることが必要です。

ここでは乱視の原因や治療方法について詳しくご紹介していきます。乱視のセルフチェック方法も記載していますので、ぜひ一度試してみてください。

乱視とは何か?

乱視とは網膜にピントが合わず、ものがぼやけて見えてしまうことです。

乱視を説明する前に、どうやって目でものを見ているのか知っておく必要があります。ものを見るためには、目の中に光が入ってくる必要があります。その光とは物体から反射された光を指します。

眼球内部の表面には、「網膜」というものを映す部分があります。虫眼鏡のように光が集まることで、網膜に像を映すことができるのです。

遠くのものが見えなくなる「近視」は光が集まるのが網膜よりも手前になってしまう状態です。「遠視」はその反対です。
では乱視はどうなるかというと、光の集まり方がバラバラになってしまう状態です。網膜上に光が一点に集まりませんので、像(物体)がぼやけて見えることがあるのです。

原因は様々ですが、光の屈折する場所である角膜が変形していたり、眼球そのものの形が変化してしまった際に、網膜上で光がまとまらずに乱視になってしまうと考えられています。

正乱視と不正乱視

乱視を分類すると、「正乱視」と「不正乱視」の2つがあります。

正乱視はレンズが一定方向に歪んでいる状態です。一般的な乱視はこちらに分類され、乱視用のコンタクトレンズやメガネによって乱視を和らげることができます。

不正乱視は様々な方向にレンズが歪んでいる状態です。ケガなどが原因で生じることが多く乱視の方向が一定ではないため、メガネで治療することができません。

直乱視・倒乱視・斜乱視

また、乱視の「見え方」によっても3つに分類することができます。

縦方向に乱視が起きている状態を「直乱視」と呼び、横方向に生じると「倒乱視」と呼びます。斜め方向に乱視が起きた場合には「斜乱視」と呼ばれます。

乱視で一番多いのは「直乱視」であるといわれています。治療に関してはどの乱視であっても変わりません。

乱視をセルフチェックする方法

正確に乱視のチェックをする際には眼科にある「ケラトメーター」で計測することが多いです。ただし、あくまで乱視を疑った際に行う検査ですので、普段の生活の中では乱視であると確認するのは難しいでしょう。

では乱視を疑う際にはどのようなことに注意すればいいか、セルフチェック方法をご紹介していきます。

1.度が合っているのになんとなくぼんやり見える

気をつけてほしいのが近視や遠視のために眼鏡やコンタクトレンズによって矯正している方たちです。ものがぼんやり見えるのは近視、遠視のせいと考えやすく、自分の乱視に気づかないことがあります。

視力が保たれているのにぼんやり見える際には乱視を疑ってみましょう。

2.明るいところよりも暗いところの方がぼんやり見える

乱視の方に多い特徴です。明るいところは光がたくさん入ってくるので、乱視があったとしても症状が出にくいのです。

しかし、暗いところでは目に入る光が減少するため網膜上で像を作りにくくなります。そのため、暗いところの方が乱視の症状が悪化しやすいのです。

3.「ね」や「ぬ」などの文字が判別しにくい

乱視になってもある程度大きな文字なら認識することができます。しかし「ね」と「わ」や「ぬ」と「め」など似た文字の場合は判断に困ることがあるので注意が必要です。

以前に比べてこれらの文字が判断しにくくなった際には乱視を疑ってみましょう。

乱視になる原因

乱視になる原因は様々です。というのも、実はほとんどの人は乱視なのです。治療するほどにひどい乱視かどうかというのが重要になります。

ここでは乱視になる原因をご紹介します。

原因1「生まれつき」

眼球の生まれ持った形によって、乱視が生じることがあります。

乱視の遺伝性に関してははっきりしていませんが、幼少期から乱視の方は生まれつきの可能性が挙げられます。

原因2「加齢」

生まれつきと同じくらい多い原因に「加齢」があります。年齢を経るごとに身長が伸びるように、加齢によって眼球も成長していきます。

ただし、成長によって眼球の形が変化すると乱視を生じてしまう可能性があります。子供に多い原因でもありますので、親御さんは十分注意してください。

原因3「ケガ」

上記で説明した「不正乱視」に多い原因です。

転倒やボールなどが顔に当たることで、眼球の形が変わってしまうことがあります。生まれつきや加齢と異なり、様々な方向に力が加わってしまいやすいので眼球がボコボコになってしまうことも。これが不正乱視の原因になってしまうのです。

原因4「角膜の疾患」

角膜とは黒目の部分のことであり、ここから光を取り入れることができます。

乱視の治し方

乱視の治療方法は基本的に「メガネ」と「コンタクトレンズ」によって行います。

正乱視の場合、メガネ、コンタクトレンズの両方で治療することが可能です。正乱視は一定方向にものが曲がっているはずなので、その曲がりを打ち消す方向の円柱レンズを用いて治療します。

不正乱視は歪みが一定方向でないためメガネによる治療はできません。不正乱視の原因が角膜にある場合はコンタクトによる治療を行うことがあります。

それでもダメな際には角膜移植や屈折矯正の手術を行うことがあります。

まとめ

近視や遠視に比べると乱視は認知度が低く、自分が乱視になっていることに気づかずに生活している人もいます。乱視はメガネやコンタクトなどですぐに治療できるので、できるだけ治療しておきたい病気でもあります。

自分が乱視かも?と思った際にはここで挙げたセルフチェックに当てはまらないか確かめてみましょう。もし複数当てはまるようなら乱視になっている可能性がありますので、お近くの眼科を受診してみましょう。