*

バイオニックレンズとは?次世代の視力回復法!?

最終更新日:2018/06/27

バイオニックレンズという次世代のレンズについてあなたはどれくらい知っていますか?

バイオニックレンズは近年注目を集める画期的な視力回復法です。日本ではまだ知名度の低いレンズですが、バイオニックレンズはコンタクトレンズやメガネ、レーシック手術といった従来の視力矯正法を大きく超えるような最新の技術なのです。

そこで本記事では、バイオニックレンズの概要とそのメリット・デメリットについて詳しく見ていきます。最後には気になるバイオニックレンズの費用と実用化の時期を予測しています。本記事を読んで最先端の視力回復技術をいち早くチェックし、視力回復の未来像を思い描きましょう。

バイオニックレンズとは?

バイオニックレンズとは、現在開発中の新たな視力矯正法です。バイオニックレンズはポリマー素材でできた特殊なレンズで、最大で標準視力(1.0)の3倍もの視力を手に入れられるほど高い矯正力を持つとされています。

バイオニックレンズは手術によって眼球に直接装着する仕組みになっています。手術時間は約8分間という短さで、手軽さが魅力です。バイオニックレンズの装着には、専用の注射器のような器具を使用します。

まず、器具の中に折りたたまれたバイオニックレンズを生理食塩水とともに眼球に注射します。するとレンズが眼球の中で展開し、固定されます。このようにバイオニックレンズの装着手術はは白内障に似た手術内容になっています。痛みを感じることもありません。

またバイオニックレンズは、手術後効果が弱まるレーシック手術とは異なり、一度埋め込めば劣化することもありません。そのため、永久に視力を回復させることが可能です。

バイオニックレンズのメリット

バイオニックレンズの大きなメリットは、人体への影響の少ないポリマー素材が使われ、比較的安全性が高いながら飛躍的な視力回復を見込めるという点です。

レーシック手術は一度の手術で視力を回復させる方法として注目を集めましたが、一方で後遺症が残るなどその安全性には課題が残りました。バイオニックレンズは手術時間が短く、入院の必要もないほど簡単な手術で設置が可能なので、安全性は高いと言えるでしょう。

また、従来のコンタクトレンズやメガネと比べるとつけ外しの手間がないのもメリットの一つと言えます。

さらに、バイオニックレンズは一度埋め込むと目のレンズ機能が衰えないため、手術後視力が低下することがなく、さらに白内障や緑内障の心配がなくなります。視力回復と同時に、目の疾患も防げるというのは非常に大きなメリットですね。

バイオニックレンズのデメリット

画期的で夢のようなバイオニックレンズですが、デメリットもあります。

まず、挙げられるのは実績の少なさです。まだ実用化されていない技術なので、後遺症や副作用の予測がつきません。手術自体はシンプルで問題がなさそうに思えますが、先ほど触れたレーシック手術も実用後に問題が発覚したので、バイオニックレンズも実用化後に予期せぬ後遺症が発覚するかもしれません。

また、全ての人が使えるわけではないというのもデメリットの一つです。基本的にバイオニックレンズは目を構成する組織が完全に成長しきった25歳以上の使用を想定しています。子供の近視矯正には有効ではないようです。

バイオニックレンズの手術費用

気になるバイオニックレンズの手術費用は、日本円で約38万円ほどだとされています。開発元では手術費用を強制しないとしているため、施術する病院によって価格の差が出てきそうです。また実用化され、広く普及すれば価格競争により値段も下がることが予想されます。

医療保険が適用されるかどうかはわかりませんが、レーシック手術などが対象外であることを考えると対象外になる可能性が高そうですね。

実用化のめどは?日本では?

バイオニックレンズは新たな視力矯正法として現在開発中ですが、詳しい仕組みについては未だ公表されていません。あくまで、まだ開発段階で、完成には至っていないということですね。

カナダで2017年の実用化を目指すとしていましたが、2018年現在も認可は降りていません。開発元のカナダ本国での承認が遅れているという状況なので、日本での実用化にはまだまだ時間がかかりそうです。日本でのバイオニックレンズの実用化には、早くともあと数年はかかる見込みです。

まとめ

ここまでバイオニックレンズの概要からメリット・デメリット、そして予測費用と開発のめどについて見てきました。バイオニックレンズはまだまだ開発中ながらも、完成すれば私たちの生活を大きく変える画期的なレンズだということがよくわかりましたね。魅力的な新しい技術であるぶん後遺症などのリスクに十分注意することも必要です。

本記事を読んでバイオニックレンズについての関心を高め、バイオニックレンズが実用化されたときにどうするかを今のうちから考えておくと、いざ発売されたときに判断に迷いませんよ。

ライタープロフィール

hatakeです。難しいことを丁寧に説明することを心がけます。
   

この記事もよく読まれています

no image

1day・2week・1monthの違いは?それぞれのオススメも紹介!

使い捨てコンタクトレンズには、1day・2week・1monthの3種類があります。このページでは、

記事を読む

no image

コンタクトレンズのごろごろ・違和感の対処法まとめ

コンタクトレンズを使用している人なら、一度や二度は必ず経験したことがある「目の違和感」。よく「目がゴ

記事を読む

no image

加入度数とは?調整の仕方も紹介

老眼で近くのものが見えづらい。 40代以降の方ならば、そんな症状に経験をした人が多いのではない

記事を読む

コンタクト曇ってない?解消方法を紹介します

「なんだかコンタクトがぼやけて見えづらい…。」 ハードレンズを使用する人もソフトレンズを使用す

記事を読む

コンタクトレンズの正しい使用期限とは?きちんと守って使ってる?

コンタクトレンズにトラブル急増。背景にあったのは「使用期間」 視力が悪くても眼鏡をかけずに、動

記事を読む

目の負担を軽減!シリコーンハイドロゲルのメリット・デメリットをご紹介

1940年に開発された「ハードコンタクトレンズ」から、時代は「ソフトコンタクトレンズ」へと移行。現在

記事を読む

コンタクトを通販で買うのは危険?実際あったトラブルは?

コンタクトは視力を矯正するだけでなく、カラコンなどのようにファッションの一部として使われることもあり

記事を読む

【BCとは?】コンタクトがあっていないと感じるのはBCのせいかも

コンタクトをつけていると目がゴロゴロする、痛みを感じる、充血する…といった不快感を感じたことはありま

記事を読む

コンタクトレンズが外れない時の正しい対処法【慌てないで!】

「あれ?コンタクトが見つからない…」「目にくっついて離れない…」こんな経験はありませんか?

記事を読む

no image

コンタクト中の昼寝は危険?目に優しいコンタクトも紹介!

コンタクト中の昼寝は危険? 結論から申し上げると、コンタクト中は、基本的には外して昼寝をするよ

記事を読む

   
目薬の歴史に迫る!~知られざる意外なルーツ~

目薬にはどんな歴史があるんだろう…?そんな風に思ったことはありませんか

目の健康にご利益のある神社とは?~パワースポットへ足を運ぼう~

あなたは目の健康にご利益のある神社があることを知っていますか?神社には

目に優しいモニターは?モニターの仕組みと光について

デスクワークを行ったり、DVDや動画を見たり、ゲームをしたり…PCやス

白目が濁る?濁りを解消する方法を紹介!

自分ではなかなか気がつきにくい部分ですが、眼球の白目の部分が濁っている

今日からできる、三重まぶたの解消法とは?【老化のサイン】

いつもは二重まぶたなのに、朝起きたら三重まぶたになっていた…な

→もっと見る

PAGE TOP ↑