*

天体観測に適した季節って?観測できる星座や流星群、おすすめスポットも

最終更新日:2018/06/28

天体観測の醍醐味は、夜空に浮かぶ星をゆったりと眺める非日常の経験をできるという点です。綺麗な星を見ることで日頃の疲れを取ったり気分転換の効果にも期待できます。

しかし、ひとことで天体観測と言っても、季節によって観測できる星座や流星群が異なるということはご存知でしょうか?

あたたかい夏頃が天体観測に最適と思われる方も多いのですが、ズバリ、天体観測に最も適している季節は冬です。春夏秋冬の中で最も星が綺麗に見えると言われています。

今回は、冬の夜空は綺麗に見える理由と、なぜ天体観測に適した季節なのかという点にスポットを当てて紹介していきますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

天体観測に適した季節はいつ?

なぜ天体観測の時期は、冬が適しているのかという点について説明していきたいと思います。

冬場は空気が乾燥しているため、空気中の水蒸気が少ない状態です。水蒸気は大気を霞ませてしまい、どんよりとした夜空となってしまうことがありますが、最も水蒸気が少ない冬場においては、透き通った空気が澄んでいて透明度が高い日が多いです。

空気中の水分量が多いと肉眼では、空が白っぽく見えてしまうのですが、冬場はこの白い状態ではなく透明度の高い空を直接見ることができるので、天体観測に向いていると言われます。

観測できる代表的な星座や流星群

冬の天体観測で最も有名と言われるのが「冬の大三角形」です。
オリオン座のベテルギウス、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオンで成り立つ三角形が綺麗に浮かび上がることからその名がつけられました。

その他にも、ふたご座のポルックスやぎゃしゃ座のカペラなども有名です。

他の季節では見つけづらい星座も冬の透き通った夜空だからこそ、発見しやすいという利点もあります。

また、透明度が夜空で見逃せないのが流星群です。12月半ばには「ふたご座流星群」、1月のはじめには「しぶんぎ座流星群」と年間通して流星群の代表格2つが集中しています。

単純に綺麗な星が見られるというだけではなく、年間通しても星座、流星群をもっとも発見しやすいので、冬はとてもオススメです。

天体観測時の必須アイテム

夜空を眺める天体観測の特徴は、お金をかけなくても肉眼で星座や流星群を確認できて、気軽に楽しめるという点です。ただ、天体観測をより深く楽しむためには用意したほうがいいアイテムがありますので、3つ紹介していきます。

双眼鏡

観測する地域によっては、地上から星までの距離が遠くハッキリと夜空にある星を見ることができないこともあります。

肉眼では確認しずらいという状況において双眼鏡は必要です。一般的な双眼鏡で7倍~10倍ズームできれば十分ですので、高価な物でなくとも家電量販店で販売されている1万円前後の双眼鏡でも問題ありませんので1つ準備しておくと天体観測の幅が広がります。

方位磁石

天体観測では方角を把握して星を探す作業が必要になりますので、方位磁石は重要なアイテムと言ってもいいでしょう。
ホームセンターやアウトドア用品店で3000円~5000円程度で購入できますので、「コンパスまたは方位磁石」と記載にあるものであれば、なんでも構いませんので、天体観測用に1つ持っておくと便利です。
天体観測も数を重ねるごとに知識が付いていくと星座を探すために方角を正確に把握しておく必要があります。

カメラ

天体観測では屋外で長時間カメラを露出することからデジタル一眼レフカメラが主流です。

バッテリーの消耗が少なく、タイマーリモートコントローラーやインターバル撮影を使用すれば自在に夜空の星を観測しながら撮影が可能です。

価格は高価なものになると数十万~とピンからキリまでありますが、5万円前後でもデジタル一眼レフカメラを購入できますので、これも1つ持っておくと天体観測の幅が広がりますね。

おすすめ天体観測スポット

然別湖(北海道河東郡)

大雪山国立公園の中にある湖から眺める星空は圧巻です。
白雲山など小さな山々に囲まれている地域で、ナナカマドやタケカンバ、エゾマツが広がる自然に囲まれた空間と言えるでしょう。全体的に静まった神秘的な空気もあるので、ゆっくりと星空を眺める天体観測にはピッタリの場所です。

兵庫県立大学西はりま天文台(兵庫県佐用郡)

日本最大級の展望鏡と言われている天文台で有名な場所です。
天文台には宿泊施設やデイキャンプ、野外活動をするための空間など自然を楽しむことができる最高の環境が整っています。
事前準備がなくても使用できる望遠鏡もありますので、気軽に足を運ぶことができる点も人気の理由です。

南阿蘇ルナ天文台・オーベルジュ「森のアトリエ」(熊本県阿蘇郡)

南阿蘇にある大自然の中で天体観測を楽しめる場所です。

天文台に加え、プラネタリウムも用意がありますので、本格的な天体観測から、初心者まで。更にはお子様でも楽しめる施設となっています。

プラネタリウムは最新の4Kで作られているので、かなり神秘的な空間となっています。自然の星空を見上げる感覚とは異なる、宇宙空間を感じさせるワクワクできるプラネタリウムです。

一人でも家族連れでも気軽に入れる館内はリピーターも多いです。

まとめ

天体観測に適した季節、おすすめスポットを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

春夏秋冬の中で一番大気中が澄んでいる「冬」が天体観測に適している時期です。夜空に浮かぶ星をハッキリと観測できる可能性が高く、星座や流星群を見つけやすいというメリットがあります。

ただし、冬場の夜空を観測するには国内どの場所でも氷点下を観測しますので、暖かい服装でしっかり防寒対策をとったうえで、天体観測を楽しみましょう。

また、少しでも綺麗な夜空を眺めるためには「晴れの日」を選択することも大切です。スケジュールを組む際には当日の天気予報にも気を遣うようにしましょう。

天体観測に興味がある方はこちらもおすすめです!

晴れた夜には夜空を見よう!天体観測のススメ

【色でわかる星の年齢と寿命】星に寿命があるって知ってた?

冬の星がきれいに明るく見えるのはなぜ?【徹底解説】

ライタープロフィール

yutaと申します。難しいことを丁寧に説明することを心がけます。
   

この記事もよく読まれています

【栄養満点】魚の目玉は栄養の豊富!好き嫌いせず残さず食べよう

みなさんは魚をいただくとき、目玉はどうしていますか? 「気持ち悪いからと残している」という人も

記事を読む

目の健康祈願!目にまつわる神様まとめ【九州地方編】

目は替えがきかない一生のもの。ちょっとした目の病気や視力低下、眼精疲労を患ってしまえば途端に生活しづ

記事を読む

森林浴、知られざる目への効果とは?【連休のお出かけに】

健康に良い手軽なアクティビティとして、いま大人気の森林浴。 森林浴はもともと、日本で生まれた慣

記事を読む

目の健康にご利益のある神社とは?~パワースポットへ足を運ぼう~

あなたは目の健康にご利益のある神社があることを知っていますか?神社には初詣や合格祈願などでお世話にな

記事を読む

目にご利益があるお寺・神社【首都圏編】仕事帰りや週末におすすめ!

なんだか目の調子が悪い いつまで建っても眼病が治らない 診察に行ったり、治療を行なっ

記事を読む

猪目とは?猪目の意味から猪目窓、猪目が見られる神社をご紹介【写真あり】

愛情や好意のシンボルでもあるハートマーク。トランプのマークやメールなどで使う絵文字でもよく見かけるマ

記事を読む

【おすすめ8選】目の疲れや病気に効くおすすめの温泉

この記事を開いてくださった読者の皆さんは、きっと温泉好きなことでしょう。筆者も、”全市町村に必ず温泉

記事を読む

晴れた夜には夜空を見よう!天体観測のススメ

夜空に広がる満面の星は、その美しさから見る人を惹きつけてやみません。ひとつひとつの星が輝く様は、まさ

記事を読む

【保存版】万華鏡の歴史と仕組みとは?美しい万華鏡の世界に触れてみよう

小さな穴を覗くとキラキラ光る世界が広がり、回すと次々に変わる柄を見せる万華鏡。子どものころ夢中になっ

記事を読む

実は慈悲深い?閻魔様と眼病の意外な事実について

目の病気でお困りの方、こんにゃくを持って、源覚寺の閻魔様を訪ねてみてはいかがでしょうか? 「悪

記事を読む

   
目薬の歴史に迫る!~知られざる意外なルーツ~

目薬にはどんな歴史があるんだろう…?そんな風に思ったことはありませんか

目の健康にご利益のある神社とは?~パワースポットへ足を運ぼう~

あなたは目の健康にご利益のある神社があることを知っていますか?神社には

目に優しいモニターは?モニターの仕組みと光について

デスクワークを行ったり、DVDや動画を見たり、ゲームをしたり…PCやス

白目が濁る?濁りを解消する方法を紹介!

自分ではなかなか気がつきにくい部分ですが、眼球の白目の部分が濁っている

今日からできる、三重まぶたの解消法とは?【老化のサイン】

いつもは二重まぶたなのに、朝起きたら三重まぶたになっていた…な

→もっと見る

PAGE TOP ↑