目のコラム

だてマスクって知ってる?効果的な付け方、ポイントとは?【目力アップ】

だてマスクの効果的な付け方

「だてマスク」をしている人が近年急増していることを知っていますか?

風邪でもないのにマスク??と思う人もいるかもしれませんね。

しかし今ファッションとしてマスクが流行しているのです。マスクをつけることで目元が強調できる、顔の印象が変わる…、といった効果があるのだとか。

若い女性を中心流行している話題のだてマスク。今回はそんな「だてマスク」の効果的な付け方やコツを紹介していきます!

だてマスクって知ってる?

#マスク #詐欺写 #自撮り マスクすると盛れる説はすごい お久しぶりです☺️

=ヒナ100mさん(@hhhhhnno)がシェアした投稿 –

おすすめマスク♡ 暇だね~入院6日目。 自撮りしかやることないのかっ😂 けど大丈夫。#魅せるマスク だからww ピンクのマスクが好きだけども、女性用で『小さめ』なわけですよ。私、小さめ求めてません。顔はデカすぎず小さすぎず  THE普通です(^_^;)そうなるとピンクの小さめだと耳が痛いし横からはみ出るホッペのせいで逆に顔デカク見えてるんじゃないか?と思うわけです。そんな時に出会ったのがコレ#美フィットマスク 私の求めているピンクで普通サイズ。四角の下の部分の角がカットされてて着用時ふくらまない。←説明伝わるかな?だからめっちゃスッキリで小顔効果なわけです。 耳ヒモもコットンでめっちゃやわらかい!!入院でずっとしててもストレスフリーなマスクだわ♡ #マスク#ピンク#美人マスク#正面#横顔#スッキリ #小顔#アイリスオーヤマ#抗菌加工#花粉 99%カットだし買いだめして良かった!!

(๓´˘`๓)♡Licca (๓´˘`๓)♡さん(@liccajasmine)がシェアした投稿 –

本来のマスクの使用目的と異なる目的でマスクを装用している状態を、「だてマスク」と呼びます。

本来のマスクの使用目的は、風邪予防や花粉症対策が一般的だと思われますが、だてマスクとしてマスクを使用する人は、これらの使用用途とは異なります。「顔を隠す」という意図でマスクを使用しているのです。

すっぴんだから、保湿効果があるからといった理由から、なかには安心するから、といった理由でマスクをつけている人もいます。

たしかにマスクは顔の2/3ほど覆い隠ししまうので、マスクをしているのとしていないのでは顔の印象にも差が出ます。

では、なぜマスクをしていると顔の印象が変わって見えるのでしょうか?

なぜマスクで印象が変わるのか?

目力がアップするから

マスクをすると鼻や口といった顔の大きなパーツが隠れるので、大きく露出している部分が目元だけになります。

マスクをするとこの目元部分だけしか見えていないため、他の顔のパーツと比較することが出来ません。そのため口元や鼻が大きいことがコンプレックスである人は、マスクをつけることで、特徴的なパーツを隠すことが出来ます。

また目元だけを強調できるので、目が小さめな人でも普段より大きく感じられるのです。

補正効果が働いているから

マスクをつけると、いつもよりかわいく感じる、という経験をしたことはありませんか?

実はマスクをつけることで、かわいく感じるのはちゃんとした理由が存在します。人は隠れている部分や、足りない部分を自動的に補完しようとする「空間補完」機能を持っています。

そのためマスクで顔全体が覆われていると、マスクで隠れた部分を補完しようと無意識に想像を働かせます。マスクの下はかわいいであろうと、勝手に美化してしまうのです。

マスクをすることで印象が変わるのは、この補正効果も要因と考えられるでしょう。

レフ板効果によるもの

女優やモデルの人が撮影に使う白い板をレフ板と呼びます。

レフ板は光を反射させることでくすみやクマを飛ばし、顔色を明るくさせる効果があります。このレフ板の代役をマスクが果たしてくれるのです。

白いマスクをつけることでレフ板効果を果たし、顔色を明るく見せることができます。また肌をほとんど覆い隠してしまうので、くすみやシワといった肌の不調も物理的に隠せます。

だてマスクの選び方

女性専用のマスクを使う

女性用のマスクは女性の骨格に合わせて作られているので、顔にフィットしやすく、フェイスラインをすっきり見せる効果があります。

大きめサイズのマスクで補正効果をプラス

「なぜマスクで印象が変わるのか?」で紹介したように、マスクによって顔が隠れると人は補完機能を働かせます。

大きめサイズのマスクを使用することで、隠れる部分が大きくなり補完される部分も増えるのでより大きく印象を変えることが出来ます。

小顔用のマスクを使用する

顔のラインを綺麗に見せるマスクがアイリスオーヤマから販売されています。サイドと正面とふくらみを抑え、小顔効果が期待できるマスクで、小顔に見えるVラインや横顔を綺麗に魅せるEライン構造となっています。

だてマスクが引き立つメイク方法

アイメイクに力をいれる

マスクをつけて露出する部分は、目元です。

すっぴん隠しのためにだてマスクを使用する女性も多いですが、マスクによってより目元を強調したいのであれば、アイメイクには力をいれるといいですね。

アイブロウも気を抜かない

だてマスクをしているとアイメイクばかりに目が行きがちですが、意外と大切なのがアイブロウです。

目元はきちんとメイクしているのに、眉毛はボサボサ…なんてことになってしまったらせっかくのメイクも魅力が半減してしまいます。

またアイメイクがしていなくても、眉毛をきちんと整えてあげるだけできちんとした印象に。アイメイクだけでなくアイブロウにも気を抜かないようにしましょう。

魅力を上げる!だてマスクのコーディネート

マスクをファッションとして取り入れてコーディネートをしてみるのも最新のおしゃれを感じさせますね。

だてマスクと合わせることで、顔の印象を変えられるアイテムをご紹介します。

メガネと合わせる

マスクと合わせるのにおすすめなのがメガネです。
大きめのフレームを選ぶことで小顔効果が得られますし、普段なら選ばないようなカラーのメガネに挑戦してみるのもいいかもしれません。

髪型を変える

髪を下ろしたままでも良いのですが、マスクで顔周りが覆われているのでポニーテールやハーフアップ、三つ編みなど顔周りがすっきりとする髪型に挑戦してみると、また印象が変わって見えます。

フェイスラインやたるみ、二重あごが気になって顔周りを出すことに躊躇している人であれば、だてマスクの力を借りてみてはいかがでしょうか?

ピアス(イヤリング)をつける

マスクの紐を耳にかけることで、自然と耳が露出します。耳元に存在感を足してあげれば、一気に華やかな印象に変わります。

小ぶりのものでも、大きめのものでも良いので、マスクを装用する日につけてみてください。

まとめ

ファッションとして流行しているだてマスク。顔を見せたくない心理が働いていると非難されることもありますが、
一度使ってみると案外やみつきになってしまう優れ物に間違いありません。

だてマスクとして割り切り、ファッションやおしゃれのアイテムとして捉えてみるのも一つの手です。

自分を可愛く魅せるとっておきのだてマスクを探してみてはいかがでしょうか?