*

冬の星がきれいに明るく見えるのはなぜ?【徹底解説】

最終更新日:2018/06/28

吐く息も白くなってしまうほどに寒い冬の夜。ふと空を見上げると、目を疑うほど美しい星空が広がっていた経験がありませんか?

天体観測やキャンプなどは、なんとなく夜でも過ごしやすい「夏」のイメージが強いですが、実はもっとも星空がきれいに見えるのは冬の季節。寒い季節はつい足早に帰路についてしまいますが、少し立ち止まって夜空を見上げてみてください。

今回の記事では、本当に一年を通して冬の星が一番きれいなのかどうかの検証と併せて、なぜ寒い夜の星がきれいに見えるかの理由に迫ります。

冬の星はとてもきれい

冬の夜空といえば、代表的なのが「オリオン座」。あまり知識のない星座初心者でも比較的簡単に見つけることのできる、一際大きくきらめく三ツ星が特徴です。肉眼でもうっすらと星に色が付いているのがわかるほど強く輝いているので、星空が出ている夜であればすぐに見つけることができるでしょう。

音さえも飲み込んでしまうような静かな場所では、星の一粒一粒が宝石箱のように輝いて見えます。空全体がクリアに見通せるので、いつもは見逃してしまうような流れ星を発見しやすくなるのも、冬の夜空の素晴らしい特徴のひとつ。

特にゲレンデやキャンプ場など、視界を遮る高層建築物が建ち並んでいない場所での星空は絶景。つい寒さを忘れて魅入ってしまうほどの素晴らしい魅力的な星空が、一面に広がります。

天の川が織り成す夜空のコントラストが美しい一枚は、岡山県の井原市にある「美星町」で撮影された一枚。日本一美しい星空と名高い美星町の冬の夜空は、少し遠出をしてでも拝みにいきたい神秘的な美しさを誇ります。

街中で使われている街灯は星空の美しさを損なわない特殊な照明で統一し、午後10時以降は灯りの必要の無い場所を積極的に消灯する活動をおこなっているそう。これらの活動は、後述する冬の時期に星空の美しさが際立つことと関係しているんです。

冬の夜空がきれいに見える理由

実際に美しい冬の夜空の写真を見てきましたが、一体なぜ冬の星空は美しく映えるのでしょうか。どのような条件下でいつもの星空がより一層輝くのか、その理由をまとめました。

理由1「日が暮れるのが早いから」

一番に挙げられる理由が日暮れの違いです。夏と比べて冬はあっという間に日が落ちてしまうため、空に残照(ざんしょう)が残りづらく、暗い夜空になります。微妙に明るさの残った夏の夜空では、せっかくの光り輝く星達も見えにくくなってしまいます。

空気中には目に見えていない細かな塵が常に舞い上がっているので、残照が残っていると反射して明るい夜空を作り出してしまう要因に。

早い時間から日の暮れる冬の季節は残照が残りづらいので、冬場と夏場の同じ時間帯の星空に、大きな差がでる結果となるわけです。

理由2「乾燥が及ぼす影響のため」

ドアノブや机に触るたびにビリッとくる静電気。冬のいや~な風物詩である静電気は、空気が乾燥している証拠でもあります。夏場と比べて冬は大気中の保有量が大きく減ってしまうため、屋内も屋外も関係なしに乾燥している状態に。

霧が出ていると視界が極端に悪くなってしまいますが、実は普段でも水分量が多いほど視界が悪い状態になっています。乾燥している冬場は視界を遮る水分がないため、星空に関わらずさまざまなものがよりクリアに見えているはずです。

理由3「出歩く人が減るため」

人の多い都心などで氷点下の気温が続くと、夜間に出歩く人が少なくなります。普段は夜遅くまで営業している居酒屋や娯楽施設などが寒さの影響で早くに閉まってしまい、必然的に街全体が暗くなってしまいがち。

街中で見る冬の夜空がきれいな理由の一つは、活気に満ち溢れた夏よりも、人気のない冬のほうが星を邪魔する明かりが少ないため。元々明かりの少ない田舎ではさして変わりありませんが、都会では思っているよりも大きな差がでます。

理由4「大気が安定しているため」

冬は一年を通して最も昼と夜の温度差が少ない季節です。日中暖められた空気が上昇するといった大気の揺らぎがほとんどないため、突然の雨や雷、ゲリラ豪雨といった天気の乱れも見られません。

大気が乱れず安定していると、空気の密度も一定になり、光を通しやすい状況になります。同じ大きさの恒星を見ても、夏よりも冬の恒星が輝きが増して見えるのはこのためです。

まとめ

見上げようと思えばいつでも私達の上に星空はいてくれるのに、忙しい毎日が続くと気づけば足元ばかりを眺めてしまっていませんか。暖かい部屋にすぐに帰りたい気持ちもわかりますが、空気の澄んだ寒い日こそ美しい星空を眺めるチャンスです!

今回紹介した冬の星がきれいに見える理由4つの条件が揃う日に、ぜひ少し立ち止まって夜空を見上げてみてください。きっと冬の絶景の星空が、毎日のストレスをちょっぴり忘れさせてくれるはずです。

星に興味がある方はこちらもおすすめです!

晴れた夜には夜空を見よう!天体観測のススメ

【色でわかる星の年齢と寿命】星に寿命があるって知ってた?

天体観測に適した季節って?観測できる星座や流星群、おすすめスポットも

ライタープロフィール

askと申します。昨年まで、2年半ほどコンタクトレンズメーカーの営業・事務をしていました。代理店としての役割も果たしていたので、他社のレンズに関する知識もあります。
   

この記事もよく読まれています

【ウインク、シミ…】縄文顔と弥生顔の見分け方とは?

あなたの顔は「縄文顔」ですか?「弥生顔」ですか?そう聞かれても何のことかわからない人がほとんどでしょ

記事を読む

【視力検査の基礎】Cチャート、Eチャート、スネレン指標って?

視力検査は、眼科検査の中でも基本となり、医師が診察する際の重要なデータになります。一般に言われる視力

記事を読む

no image

老眼治療(レーシック)とは?【治療内容、価格、メリット・デメリット】

誰にでも起こる老化現象のひとつに「老眼」があります。一般的には40代から症状が出始め、年齢と共に進行

記事を読む

VFXって何?CGとはどう違うの?

VFXという言葉を耳にしたことがありますか?まだまだ耳馴染みのない言葉ですが、VFXは私たちが見る映

記事を読む

意外と知らない義眼の基礎知識!義眼はコンタクトのように付けられる?

さまざまな原因で、残念ながら眼球が失われるという事態が起きることがあります。手や足が失われた際には義

記事を読む

眼科の「気球」は何のため?気になる機器の名前と役割とは?

眼科でコンタクトやメガネをつくるとき、目の検査をしますよね。そのときに使われている「気球」の画像って

記事を読む

おすすめ視力回復アプリ5選!いまはアプリで目を鍛える時代

遠くの山を見続けると視力が回復すると昔はよく言われたものですが、最近ではその説は科学的根拠がなく、効

記事を読む

瞳の黄金比率

美しい「瞳の黄金比」って知ってた?【実例つき】

最近では豊富な種類なカラーコンタクトが発売され、黒目を大きくするのが当たり前になってきました。「黒目

記事を読む

まぶたの厚みの原因は脂肪だけじゃない!脂肪吸引で効果ある人、ない人の違いとは?

まぶたの厚みには個人差がありますが、厚いまぶたは薄いまぶたと比べると重たい印象を与えるというのが一般

記事を読む

no image

生まれつき色素が少ないアルビノって?瞳の色や視力についての影響は?

「アルビノ」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。生まれつき、真っ白な髪や肌を持つ人のことを、アル

記事を読む

   
目薬の歴史に迫る!~知られざる意外なルーツ~

目薬にはどんな歴史があるんだろう…?そんな風に思ったことはありませんか

目の健康にご利益のある神社とは?~パワースポットへ足を運ぼう~

あなたは目の健康にご利益のある神社があることを知っていますか?神社には

目に優しいモニターは?モニターの仕組みと光について

デスクワークを行ったり、DVDや動画を見たり、ゲームをしたり…PCやス

白目が濁る?濁りを解消する方法を紹介!

自分ではなかなか気がつきにくい部分ですが、眼球の白目の部分が濁っている

今日からできる、三重まぶたの解消法とは?【老化のサイン】

いつもは二重まぶたなのに、朝起きたら三重まぶたになっていた…な

→もっと見る

PAGE TOP ↑