目のコラム

監視カメラ・防犯カメラについて知っておきたいアレコレ

一昔前まで、防犯カメラ・監視カメラといえば、「お店の中に設置されているもの」というイメージがありました。しかし今や一般家庭の玄関先などにはもちろん、街中のいたるところにカメラを見るようになりましたね。

そのおかげで、空き巣やひき逃げなどの犯罪者の特定がしやすくなり、犯罪の抑止にも繋がっています。そんな防犯・監視カメラに関すること、また「おすすめ防犯カメラ」についてまとめてみました。

防犯カメラと監視カメラの違い

「防犯カメラ」と「監視カメラ」、この2つが別物であることをご存知でしたか?実はそれぞれ、役割が異なります。「防犯」と「監視」の言葉の違いについて考えてみると、それぞれのカメラの目的が違うことに気づくでしょう。

防犯カメラは「犯罪を防ぐ」ためにある

「防犯」は、犯罪を”防ぐ”、「監視」は現場を”見張る”という微妙な意味合いの違いがあります。

「防犯カメラ」によって犯罪を”防ぐ”ためには、犯罪者(不審者)がそのカメラに気づく必要があります。空き巣や万引き犯など、これから悪いことをしようとしている人がカメラに気づけば、怖気づいて犯罪を犯すことを抑止する効果が期待できるでしょう。

ですから、防犯カメラは比較的目立つ大きさである必要があります。また人が通るのを感知してライトを光らせ、威嚇する機能があるものが、より効果的と言えます。

つまり、犯罪を抑止するという意味では、ダミーでも効果があるということです。2個以上設置する場合、いくつかはダミーだとしても、犯罪者に対して効き目が得られます。

監視カメラは「現場を押さえる」ためにある

それに対し監視カメラはどうでしょうか。監視カメラは、犯罪や災害の”現場を押さえる”目的があります。

ですから犯罪者にカメラの存在を知られてはならず、「まさかカメラに映っているとは思わない状態」で真実を撮影することができるのです。

監視カメラは隠して設置してあることが多いため、その大きさはできるだけ小さく作られています。それゆえに犯罪者も警戒心が薄くなり、顔がはっきり映っていることもよくありますね。

日本の監視カメラ設置状況

日本では、路上、商店街、マンション、店舗、工事現場など、あらゆるところに防犯・監視カメラが設置されるようになり、その数は300万台に上るとされています。

「犯罪が起きると防犯意識が高まり、防犯カメラを設置するようになる」傾向があることから、これからも設置台数はどんどん増えていくでしょう。

しかし、犯罪を抑止したり、災害の際の監視に利用できたりとメリットがある裏には、「防犯・監視カメラに関する明確なルールが、現段階で存在しない」という不安もあります。

「防犯のために」とむやみやたらにカメラを取り付けてしまえば、他人のプライバシーを脅かすことにもなりかねません。公共性の高い場所への設置が認められているとはいえ、特定の民家の敷地内が映りこんでしまうような設置の仕方では問題になるでしょう。

また街を歩いていても、「いつもカメラの目に監視されているような気がして落ち着かない…」なんて不快感を覚えている人も居るかもしれませんね。

そうして何かしらの問題が起きたとき、それを訴える総合機関が現段階では存在しません。これからの課題として、防犯・監視カメラ設置に関する明確な基準を定め、ルール化していく必要があります。

海外の設置状況は?

海外での設置状況はどうでしょうか?日本との差を比べてみましょう。

イギリスの場合

「監視カメラ大国」と比喩されるイギリス。

ロンドンでは、警視庁のカメラだけで6万台を超える数が設置されていると言われます。そして民間と合わせた総設置台数は600万台を超えるそう。

日本の面積377,914km²に対しカメラが300万台、ロンドンは1,572 km²のなかで600万台にも登ると言うのですから、その密度には驚きですね。

イギリスでは、民間がカメラを設置する際に国(内務省)が補助金を提供してくれますが、日本の場合は各自治体に任されています。その辺りも、設置台数の多さに繋がっているのでしょう。

中国の場合

イギリスが「監視カメラ大国」と呼ばれるのに対し、中国は「世界最大の監視カメラネットワーク」を構築しつつあります。国内全体で既に1億7000万台ものカメラが設置されており、この先3年間でプラス4億台の設置を目指しているとのこと!

確かに、中国広いですからね…。

しかも、この監視カメラにAI(人工知能)を搭載し、顔認証技術も用いているため、その性能は高いと言えます。犯罪者や不正な侵入者の特定はもちろん、さまざまな用途に使われそうですね。

フランスの場合

フランスでは、監視カメラに対する法律がかなり厳密なところまで定められています。

例えば、職場にカメラを設置する際、監視されていることを従業員全員に知らせておかなくてはなりません。さらに、「監視カメラ作動中」という旨を、その場所に明記しておく必要があります。

この規則を守らずに設置された場合、そのカメラによって録画された映像は、証拠として使うことが出来ません。

例えば社内で不祥事や不正があったり、お客さんによる万引きがあったとき。その現場をカメラが押さえていたとしても、カメラの設置方法に於いて規則が守られていなかった場合は、その映像は証拠として使うことが出来ないのです。訴えたければ、他の証拠を提出するしかありません。

また、別の例として、自宅でベビーシッターに子どもを見させて外出した人が、「心配だから」と”自宅の中”でウェブカメラを作動させていました。

それが「ベビーシッターのプライバシーの侵害」とみなされ、執行猶予付きの罰金刑になってしまったという事例もあります。

犯罪を抑止したり犯人を特定するためのカメラなのに、証拠に使えない場合があるのは本末転倒な気もしますが…。フランスでのプライバシー管理には鬼気迫るものがありますね。

自宅に防犯カメラを設置する際の注意点

これまで挙げてきたカメラの特徴を踏まえ、自宅に設置する際の注意点を考えていきましょう。

まず、防犯カメラは「犯罪を防ぐもの」であるとお伝えしました。そのため、家の玄関や勝手口など、侵入経路や庭などに”堂々と設置する”ことは大切です。

「映っていますよ!」ということを知らせなければ、未然に防ぐ効果はありません。

また、出来れば1台でなく、数台のカメラを設置する方がよいでしょう。空き巣などの犯罪者は、思っても居ないところから侵入してくるもの。

カメラは玄関先に取り付けるのが一般的ではありますが、玄関から堂々と入ってくる泥棒はまずいないですよね。厳密に言えば、裏口や、浴室、寝室の窓など、侵入される恐れのある場所分のカメラが必要になります

しかし防犯カメラは決して安いものではありません。財産を守るための投資とはいえ、10台近くも購入して設置している一般家庭はほとんどないでしょう。しかも設置には屋外コンセントが必要なので、それだけの数の電源を確保できるかといえば厳しいでしょう。

このようなとき、ダミーカメラを同時に設置するのが効果的です。

ただし安易に手の届く高さにあると、ダミーとバレてしまう商品もあるので注意です。ダミーは手の届かない高さに、それでいて目立つように設置しましょう。

でも、肝心なときに犯人の顔が映らないとやはり後で困りますよね。

そこでおすすめなのは、屋内用で使われるウェブカメラです。一般的にネットワークカメラとも言われ、スマホでアクセスしていつでもチェックできるお手軽カメラのことです。通常の防犯カメラと比較して、価格もお手ごろ、設置方法も簡単です。

何かあれば音や動きに反応し、スマホにお知らせしてくれます。今は一般用の小型カメラも性能がよく、はっきりと顔も映るので、何かあったとき犯人特定に大いに役立ってくれるでしょう。

おすすめの防犯カメラ3選

では、防犯対策に人気のカメラ3種をご紹介します。それぞれ特色の違うものですので、好みや目的に合ったものを見つける参考にしてみてください。

ダミーでコスト削減しながらばっちり防犯「Gadgettown ダミーカメラ」

¥1,000を切る安さで防犯になるのであれば、いくつでも揃えたいですね!
間近で見るとフェイクバレする恐れがありますが、高いところに設置するのであれば問題なく、「ホンモノと区別が付かない」というレビューもたくさんあります。
赤外線LEDは充電式電池で作動し点滅、侵入者を威嚇します!

200万画素のワイヤレス・ネットワークカメラ「M.Way」

お部屋をぐるりと見渡せる、ワイドな動きのネットワークカメラ。

音声機能も付いており、室内の様子をスマホを通して見聞きできるのはもちろん、会話も可能です。

防犯目的以外でも、外出先でペットの様子を確認したり、子ども部屋に置いてベビーモニターとしても活用できます。警報機能、暗視撮影もできるスグレモノでこの価格はお値打ちですよね。

隠しカメラで確実に捉える「FREDI 超小型隠しカメラ」

「もしかして、留守中に侵入されているかも?」と、怖い思いをされている方、意外と少なくないんです。
コンセントや壁の中に、盗聴器を仕掛けられていた…ということが他人事ではない昨今、家の中に隠しカメラを仕掛ける場合が出てくるかもしれません。

例えば盗聴器センサーが反応した場合、盗聴器を自分で回収してしまっては犯人を確保できません。犯人が盗聴器を回収しに来るところを、カメラで捉える必要があります。

また、特定の知人が来るときだけ家のモノがなくなる…なんて悲しいトラブルも意外とあるようです。
そんなときに、この家庭用隠しカメラが重宝するんですね。

高画質・広角度140°で対応。Wi-Fiでスマホ操作できます。また4台のカメラを4分割でスマホ画面上に映し出すことができ、動作感知での警告、また暗視機能もばっちり!

まとめ

犯罪に巻き込まれ被害が出てからでないと、警察も動くことは出来ません。防犯は、それぞれが自身で対策するものです。
この記事でご紹介してきたダミー・防犯・監視・ネットワークカメラなどを、個々のニーズに合わせて上手に使い分けながら、しっかり防犯していきましょう!